FC2ブログ

Contents

ララァ・スン 富野由悠季初期設定では【白人&金髪】だった『機動戦士ガンダム』



ララァ・スンは白人&金髪になるはずだった


ララァ・スンは、富野監督の初期構想のなかでは「白人&金髪」だったといいます。
しかし、脚本家の「ニュータイプが出てくるならばこういう人たちから」という意見により、インド系の少女として再構想されたのだそうです。
(なぜ、ニュータイプがインド系なのかはわたしにはわかりません。ヨガや瞑想などの影響でしょうかね? それとも仏教発祥の地だから?)

2000年代、ムックか雑誌で「ララァは富野監督の当初の案では金髪の白人だった」という記事を読みました。
誌名は忘れました。
ネットで調べてみると、脚本家(わたしの記憶では安彦良和だったのですが)の意見により、金髪の白人からインド系に変更されたのは間違いなさそうです。

富野監督の頭のなかでは、初め、ララァは金髪の白人だったのです。
セイラのような?
そして、おそらくは、シャアとセイラの母親のような?




マザコンのシャア……「ララァ・スンは、私の母になってくれるかもしれなかった女性だ!」


シャアは、『逆襲のシャア』(1987) でマザーコンプレックスであることが周知のものになりました。

アクシズの地球への落下により、シャアとアムロの生命が尽きようとしていたときのことです。
シャアはアムロに、

ララァ・スンは、私の母になってくれるかもしれなかった女性だ!

と絶叫するのです。
まるで、それが遺言であるかのように。
このセリフは、生前、最後のシャアの言葉です。
このあと、そのまま続けて「そのララァを殺したお前にいえたことか!」とアムロに言い放ち、シャアの姿は画面から永遠に消えてゆきます。

そのアムロが、

「お母さん? ララァが?」

と戸惑っていたのが印象的でした。
その戸惑いは、我々、視聴者のものでもあったでしょう。
(ちなみに、この言葉も生前のアムロ最後の言葉です。
このあとすぐ「うわ!」という絶叫とともに、アムロの姿も画面から永久に消えてゆきました)

いまでこそ、ファンのあいだでシャアがマザコンであることは知れ渡っており、それがシャアをからかう一つの定番にもなっていますが、公開時、これはけっこう衝撃的でした。
シャアの女性に対する姿勢は、成熟した大人の男のそれと思っていたところ、女性に(ララァに。もしかしたら、ナナイ・ミゲルにも)母親を求めていたのですから。

当時のアニメ雑誌『OUT』には、比較的長文の批評を掲載する読者投稿のコーナーがありました。 
そこに、シャアがマザーコンプレックスであったことへの非難といいましょうか、怒りといいましょうか(あるいは失望か)、読者からの詰問するような強い批判が寄せられていました。
それに賛同する人は、けっして少なくはなかったでしょう。

この『逆襲のシャア』から、シャアにはマザコン属性が抜きがたくついてまわるようになりました。




褐色の肌のララァ、白い肌のシャア


ただ、違和感はありました。
白い肌のシャアが、褐色の肌のララァに母親を求めていたことに。

そのころ、高校一年生であったわたしは、親子関係というものを血と遺伝で考えるようなところがありました。
単純に、肉体的な継承性を親子の基準にするような。
(いまでは、血のつながりや容姿などではなく、精神的なつながりが家族にとってはもっとも大事なものだとおもっていますが)
その基準からすると、白人の女性に母性を求めるのが自然の流れのように思えたのです。




ララァは、白人金髪のセイラ似の女性になるはずだった?


しかし、ララァが金髪の白人女性であったと想定するなら、違和感はすっきりします。
ララァの肌の色を褐色から白へ、髪の色を金へと置き換えてみてください。
なにやら、セイラに似た女性にならないでしょうか?
(なんとなくでも)
(ちょっと無理なこじつけでしょうかね?)

富野監督は、最初の『ガンダム』の時点で、シャアとララァとの関係はマザーコンプレックスを軸に考えていたのかもしれません。
富野監督の頭のなかでララァが金髪の白人だったのは、セイラを意識していたのかもしれません。
より正確にいえば、セイラが面影を受け継いでいる(かもしれない)母親を。
なにも、『逆襲のシャア』にいたってシャアがララァに母性を求めていたというような唐突なものではなかったのかもしれません。
富野由悠季の心のうちでは。

そんなふうにも思えるのです。
なんとなく。
ただ、なんとなく。
……やっぱり、違うか?



ギレン・ザビIQ240 240ってギャグですか? 『機動戦士ガンダム』



ギレン・ザビのIQは240!


ギレン・ザビの知能指数は240だそうです。
240!

いくらなんでも、ふっかけすぎでは?
(富野監督ですかね? この、無謀な設定をつくったのは)




知能指数の信憑性


IQは120以上で秀才。
140以上で天才です。

一説には、東大生の知能指数平均は120なのだそうです。
(ちなみに、IQ120は10人に1人、IQ130は50人に1人だそうです)

そして、ギレンは240。
国民平均のIQ100と東大IQの差は20。
国民平均のIQ100と天才IQ最小値140の差は40。
国民平均のIQ100とギレンのIQ240は、その差、140!

天才IQ最小値140と比較しても、100も上回っているのです。

リアリティーがなさすぎて、すごいことはわかるのですが、どうすごいのか実感が湧きません。



アインシュタインは、IQ172だそうです(ただし、IQテストを受けたことはなく、単なる推測とも)。
父デギンに「ヒトラーの尻尾」と言われたギレンですが、そのヒトラーはIQ150(こちらも信憑性は不明。単なる推測の可能性が高い)。
IQ130以上は人口の2.2%という研究結果もあります。
IQ125以上は6.7%という、上記とは別の学者の研究結果も。
IQ120以上だとおよそ10%。



もちろん、知能指数測定が本当に正確なIQを割り出しているのかは、古今東西で物議をかもしています。
一説には、問題に馴れるなど訓練すればIQの測定値は大幅に上がるともいいます。
さほど上がることはないという意見も。

ただ、だいたいの知能指数をあらわしているようではあります。
(ただし、正確なIQは測れないという意見も専門家のあいだではかなり根強い)

IQ測定を一応信頼できるものとここではしておきましょう。
だとすると、IQ240は驚異的でしょう。

実際に測定されたIQの最高値はいかほどなのでしょう?
もしかして、IQ240に満たなかったりして……。

(信頼できるIQ測定だと、160程度が上限だという説もあります。
かたや、ギネスに認定された世界最高のIQはアメリカ人女性マリリン・ボス・サバントのIQ228だそうです。ただし、正確なIQ測定が可能なのかには論争あり。ギネスも、世界一IQの高い人物を認定するのは無意味で信憑性がないということから、世界一のIQ認定をいまはしていません)

信憑性がないかもか……ギレンのIQ240は自己申告だったりして。




ア・バオア・クーの名称の由来である幻獣ア・バオ・ア・クゥーはけっこう哲学的『機動戦士ガンダム』



ア・バオア・クー


『機動戦士ガンダム』最終決戦の地である宇宙要塞ア・バオア・クーの名は、インドの幻獣である『ア・バオ・ア・クゥー(A Bao A Q)』がもとになっています。




ア・バオ・ア・クゥー


このア・バオ・ア・クゥー、けっこう哲学的な幻の生き物なのです。

ア・バオ・ア・クゥーは、インドのチトールにある「勝利の塔」に棲息しています。
チトールがどこかについては諸説ありますが、そのなかでも有力なのがジャイナ教の「勝利の塔」があるチトール。

ジャイナ教は、仏教とほぼ同時代の紀元前6~紀元前5世紀に創始された宗教です。
当初、ジャイナ教は仏教と同様に人々の「平等」を口説いて信仰が盛んでした(当時のインドの支配的宗教であるバラモン教は、神々につかえる聖職者を頂点とする「不平等」を旨とする宗教でした)が、歳月とともに衰え、現在ではおよそ信徒数450万人(インド全人口の0.5%未満)。

ジャイナ教は、厳しい修行、厳格な禁欲と同時に、徹底した不殺生主義で知られています。
ジャイナ教徒は、ほうきを手にし、口をマスクで覆ったかっこうを普段からしていますが、ほうきは虫を踏みつぶさないようによけるため、マスクは虫を吸い込まないためなのです。
暗くなってからは、虫が口にはいらないよう夕食は摂らない。
ジャイナ教にとっては、虫すらも「不殺生」の対象なのです。
そのジャイナ教の「勝利の塔」(異説はありますが)に住む幻獣の名前を踏まえたア・バオア・クー要塞で、人は一年戦争でも屈指の殺し合いをしたのですから皮肉なものです。




報われない幻獣ア・バオ・ア・クゥー


さて、ア・バオ・ア・クゥーです。
ア・バオ・ア・クゥーは透明で不定形、桃の皮のような感触のする肌をもった生き物。

棲息する「勝利の塔」は、屋上へとつづく螺旋階段を登りきると、その人は涅槃(ねはん)に達することができます。
ア・バオ・ア・クゥーは、最下層……螺旋階段の初めの段でいつもは眠っています。

涅槃を目指した挑戦者があらわれると、ア・バオ・ア・クゥーは目を覚ます。
ア・バオ・ア・クゥーは人間の影に敏感に反応し、人間の踵をとらえ、その人間に付き添い、「勝利の塔」を登っていきます。

この透明な幻獣は、一段登るごとに青味をおびた輝きを増していく。
屋上に達すると、完全な姿をあらわします。

しかし、涅槃に達した人間は影を失います。
人間の影をとらえることができなくなったア・バオ・ア・クゥーは、屋上に到達することができない。
あとわずかのところで、無情にも寄る辺であった人間の影に見放されてしまいます。
哀れにも、もう一歩のところで完全な姿になる願いをかなえられなかったア・バオ・ア・クゥーは、輝きを失い、苦痛にさいなまれ、苦痛から絹のすりきれるような微かなうめき声を発しながら、最下層まで転がり落ちてしまいます。
もとの透明になった「勝利の塔」の幻獣は、そこで次の登段者がおとずれるのをまた待つことになります。




幻獣のかなわぬ夢


どうでしょう?
挫折。
目前でついえる願い。
かなわぬ夢に焦がれる気持ち。

身につまされる人もいらっしゃるのではないでしょうか?
(わたしは、つまされまくり)

夢の成就を他人頼みでただ待つしかないというのもよくありそうです。
運頼みであるなら、わたしもしょっちゅうです。

アムロは、モビルスーツに乗り英雄になりました。
「ロボットを手にいれることができれば自分だって……」という願望を、ロボットアニメに投影している人もいらっしゃるでしょう。
『シンデレラ』のように王子様を、『聖闘士星矢』のようにコスモを、『ドラえもん』のようにドラえもんを、「あんなこといいな、できたらいいな」と求めてやまない人はけっして少なくないでしょう。
ア・バオ・ア・クゥーにとってそれは、涅槃を目指し「勝利の塔」を登りきる人間でした。



自分の能力や魅力では夢をかなえられない人間(わたしもその一人)の寓意が、ア・バオ・ア・クゥーなのかもしれません。
螺旋階段を転げ落ちるときの苦痛のうめき声は、夢をかなえられない我々人間の悔しさや絶望の慟哭と同じものなのかもしれません。
夢がかなう直前にそれがついえたときの我々の挫折感を、ア・バオ・ア・クゥーなら理解してくれるかもしれません。




人間のかなわぬ夢


思えば、宇宙要塞ア・バオア・クーの主であるギレンも、連邦への勝利を確信しながら妹のキシリアに背後から頭を撃ち抜かれて死んでいきました。

ニュータイプによる世界の変革を夢見た人たちは、それが達成されない現実に後々直面します。

シャアは、母親になってもらいたかったララァを自分のせいで戦死させてしまいました。

ハヤトは憧れのフラウ・ボゥと結婚しました……。



ちなみに、ア・バオ・ア・クゥーが「勝利の塔」螺旋階段の最上段に到達したのは、たった一度きりだといいます。


「セブンスターEX(Seven Stars EX)」CM (BGM:イーディー・ゴーメ『ギフト』)



セブンスターEX(Seven Stars EX)のCM


子供のころにはひたすら憧れの対象でしたが、大人になってみると「カッコよすぎだろ」とつっこみをいれたくなるものがあります。



たとえば、CM。
1986年ごろ。
セブンスターEX(Seven Stars EX)のCM。

わたしは、そのころ中学3年生。
テレビ東京系で水曜の22:00~22:30まで放送していた『ヒッチコック劇場』(1986.10.1~1986.12.24、1987.1.7~1987.3.25)のなかで、よく目にしていたタバコのCMです。

商品のイメージ向上をはかるため、現実から遊離した「カッコよすぎる」要素がつぎつぎにぶち込まれてくる。



出演する男女は5人の白人。
みな、絶世の美男・美女ばかり。
世界的に通用しそうなモデルばかり。

そんな5人が、ニューヨークのインテリアデザイン会社に勤めている。
ニューヨークという場所もインテリアデザイナーという職業もすかした設定ですが、会社に勤めている5人全員が自分の恋人には紹介したくないような美男・美女ばかりという現実感のなさ。

苦みばしった渋すぎる中年の美男子。
自信に満ちた、さわやかな笑顔がまぶしい好青年風の美男子。
ひげを豊かにたくわえ、恰幅もよい、貫禄のある初老?の美男子。
眼鏡をかけて真面目そうだが、眼鏡外すとシャレにならなそうな青年の美男子。
美女とはいえないかもしれないが、きりっとして凛々しい面立ちをしたハンサムな女性。

……リアリティーまったくなし。
ここに、女性ボーカルのかっこいいジャズ(イーディー・ゴーメ『ギフト』)がBGMとして流れるわけです。

やりすぎでしょ。

主役の渋い中年美男子などは、デスクに向かい右手でペンを走らせながら、左手の中指・人差指・親指にタバコを手挟みつつ、ときにタバコを口に運び、喫う。
仕事を一休みして、高層ビルにあるオフィスの窓からニューヨーク・マンハッタン(たぶん)を漫然と見下ろし、やはりタバコを一服。

そこには、自分への自信からくる余裕がみなぎっていた。

かっこいい。
中学生のときは、こういうふうな大人になってみたいとおもった。
……もちろん、なれなかったですけどね。



それにしても、CMに出演した美男子たちはその後もずっと美男子だったのでしょうか?
中学3年生から40代後半になるあいだに、急激に容色のおとろえる事例を男女問わずいくらでも見てきています。
3年後には冴えない中年白人になっていた、なんてこともありえます。
しかし、CMのなかでは、いつまでもCMを撮影したときのまま彼らは生きつづけるのです。
やりすぎなくらい、かっこいいまま……。


一年戦争 MS・MA開発拠点一覧 『機動戦士ガンダム』



■目次
地球連邦
1. RX-75 ガンタンク系
2. RX-77 ガンキャノン系
3. RX-78 ガンダム系
4. RGM-79 ジム系
5. ミドルMS
6. PB-79 ボール系

ジオン公国
7. MS-01MS-04
8. MS-05 ザクI系
9. MS-06 ザクII系
10. MS-07 グフ系
11. MS-09 ドム系
12. MS-10MS-13
13. MS-14 ゲルググ系
14. YMS-15YMS-17MS-18E
15. 水陸両用MS
16. MSN-02 ジオング
17. MA




地球連邦
MS


 RX-75(ガンタンク)……ジャブロー
 RMV-1(ガンタンクII)……ジャブロー


 RX-77-1(ガンキャノン初期試作型)……ジャブロー
 RX-77-2(ガンキャノン)……ジャブロー
 RX-77-3(ガンキャノン重装型)……ジャブロー
 RX-77-4(ガンキャノンII)……キャリフォルニア・ベース
 RX-77-D(ガンキャノン量産型)……ルナツー


 RX-78-1(プロトタイプ・ガンダム)……ジャブロー
 RX-78-2(ガンダム)……ジャブロー

 RX-78NT-1(アレックス)……オーガスタ

 RX-79[G]Ez-8(ガンダムEz8)……東南アジア(現地改修)


 RGM-79(ジム)……ジャブロー

 RGM-79(陸戦用ジム)……ヨーロッパ(現地改修)
 RGM-79(デザート・ジム)……アフリカ(現地改修)

 RGM-79SC(ジム・スナイパーカスタム)……ルナツーコンペイトウ(旧ソロモン)

 RGM-79L(ジム・ライトアーマー)……ルナツーコンペイトウ(旧ソロモン)

 RGM-79D(ジムD型[その寒冷地専用機がジム寒冷地仕様])……オーガスタ【ジム寒冷地仕様……ジャブロー説あり】

 RGM-79G(ジム・コマンド)……ルナツー
 RGM-79GS(ジム・コマンド 宇宙戦仕様)……ルナツー

 RGM-79SP(ジム・スナイパーII)……ルナツー

 RGM-79[E](初期型ジム(先行量産型ジム[宇宙戦装備])……ルナツー

 RGC-80-1(ジム・キャノン・テストタイプ)……ジャブロー
 RGC-80(ジム・キャノン)……ジャブロー


 RH-35E(ドラケンE)……サイド6



MA/モビルポッド


 RB-79(ボール)……ルナツー



ジオン公国
MS


 MS-01(クラブマン)……ズム・シティ
 MS-02……ズム・シティ
 MS-03……ズム・シティ
 MS-04(プロトタイプ・ザク)……ズム・シティ


 MS-05A(ザクI 初期先行試作量産型)……ズム・シティ
 MS-05B(ザクI 改良型)……ズム・シティ


 MS-06A(ザクII 先行量産型)……ズム・シティ
 MS-06C(ザクII 初期量産型)……ズム・シティ
 MS-06F(ザクII 量産型)……ズム・シティ
 MS-06F-2(ザクII 後期生産型)……グラナダ
 MS-06J(ザクII 陸戦型)……ズム・シティ
 MS-06FZ(ザクII改、ザクII最終生産型)……グラナダ

 MS-06D(ザク・デザートタイプ)……キャリフォルニア・ベース
 MS-06K(ザクキャノン)……キャリフォルニア・ベース
 MS-06V(ザクタンク)……北アフリカ(現地製作)
 MS-06V-6(ザクタンク[グリーンマカク])……ボルネオ(現地製作)
 MS-06W(一般作業用ザク)……中央アジア(現地製作)
 MS-06E(ザク強行偵察型)……ソロモンア・バオア・クー
 MS-06R-2(高機動型R2タイプ)……グラナダ
 MS-06R-3(ゲルググ先行試作型/ザクIII)……グラナダ


 YMS-07A(プロトタイプ・グフ)……キャリフォルニア・ベース
 MS-07A(グフA型)……キャリフォルニア・ベース
 YMS-07B(グフ先行量産型)……キャリフォルニア・ベース
 MS-07B(グフB型)……キャリフォルニア・ベース

 MS-07B-3(グフ・カスタム)……キャリフォルニア・ベース

 MS-07H(グフ飛行試験型)……サイド3
 MS-07H-8(グフ・フライトタイプ)……サイド3


 MS-09(ドム)……キャリフォルニア・ベース
 MS-09R(リック・ドム)……グラナダ
 MS-09R-2(リック・ドムII)……グラナダ

 YMS-09D(ドム・トロピカル・テストタイプ)……キャリフォルニア・ベース
 MS-09F/TROP(ドム・トローペン)……キャリフォルニア・ベース
 MS-09G(ドワッジ)……キャリフォルニア・ベース


 MS-10(ペズン・ドワッジ)……ペズン
 MS-11(アクトザク)……ペズン
 MS-12(ギガン)……ペズン
 MS-13(ガッシャ)……ペズン


 YMS-14(ゲルググ先行量産型)……グラナダ
 MS-14A(ゲルググ量産型)……グラナダ
 MS-14B(ゲルググ高機動型)……グラナダ
 MS-14C(ゲルググ・キャノン)……グラナダ

 MS-14F(ゲルググM[マリーネ])……ア・バオア・クー
 MS-14Fs(ゲルググM指揮官機)……ア・バオア・クー

 MS-14JG(ゲルググJ[イェーガー])……グラナダ


 YMS-15(ギャン)……グラナダ

 YMS-16M(ザメル)……キャリフォルニア・ベース

 MS-18E(ケンプファー)……グラナダ


 MSM-03(ゴッグ)……キャリフォルニア・ベース
 MSM-03C(ハイゴック)……キャリフォルニア・ベース

 MSM-04(アッガイ)……キャリフォルニア・ベース
 MSM-04N(アッグガイ)……キャリフォルニア・ベース

 MSM-07(ズゴック)……キャリフォルニア・ベース
 MSM-07S(ズゴックS型)……キャリフォルニア・ベース
 MSM-07E(ズゴックE)……キャリフォルニア・ベース

 MSM-08(ゾゴック)……キャリフォルニア・ベース

 MSM-10(ゾック)……キャリフォルニア・ベース


 MSN-02(ジオング)……ア・バオア・クー


・MA


 MAX-03(アッザム)……グラナダ

 MA-04X(ザクレロ)……キャリフォルニア・ベース

 MA-05(ビグロ)……キャリフォルニア・ベース
 MAM-07(グラブロ)……サンディエゴ(in キャリフォルニア)
 MA-06(ヴァル・ヴァロ)……グラナダ

 MA-08(ビグ・ザム)……ア・バオア・クー

 (アプサラス)……ラサ(in チベット)

 MAN-03(ブラウ・ブロ)……グラナダ
 MAN-08(エルメス)……グラナダ



(参考文献:『機動戦士ガンダム 公式百科事典』編著・皆川ゆか 講談社、『GUNDAM MECHANICS II』ホビージャパン、『機動戦士ガンダム 一年戦争外伝2 データコレクション9』メディアワークス、『MSV2ジオン軍MS・MA編』講談社、『GUNDAM MSV COLLECTION』講談社、『GUNDAM MECHANICS I』ホビージャパン、『機動戦士ガンダム モビルスーツ最強図鑑』双葉社、『マスターアーカイヴ モビルスーツ RGM-79 ジム』ソフトバンククリエイティブ、プラモデル解説書 バンダイ)