FC2ブログ

Contents

エルメス……悲劇が付きまとうMA【ララァ・スン、クスコ・アル】(『機動戦士ガンダム』)


エルメス……悲劇、悲劇、悲劇

MAN-08 エルメスは、3機が試作されました。
エルメスは、一年戦争時代(U.C.0079)のニュータイプ専用MAです。

『機動戦士ガンダム 公式百科事典』(講談社、2001)からエルメスの項を抜粋してみます。


「なお、MAN-08は試作機が3機製作され、ララァ・スン少尉が搭乗したものは2号機であるという。
1号機は、パイロットが機体の要求するニュータイプ能力を有していなかったため、暴走したビットの攻撃で自爆したとされる(テスト中にも多数のビットが制御を失い、行方不明となったという)。
また、3号機はクスコ・アル少尉によって操縦され、実戦に投入されたというが、これは信憑性に欠けるといわざるを得ない。
この説によればクスコ・アル少尉はシャア・アズナブル大佐の指揮したニュータイプ部隊の一員であったことになっているが、その存在は確認されておらず、ララァ・スン少尉出撃前後の状況から見ても、実在は甚だ疑わしい」


クスコ・アル少尉は、小説版『機動戦士ガンダム』(著・富野喜幸(現在の富野由悠季))に登場したエルメスのパイロットです。
小説版設定ですので、アニメ作品を基準にする『ガンダム』の公式設定からは「信憑性に欠ける」とコメントされているわけです。

なお、クスコ・アルの搭乗したエルメスは、小説版だと2号機、MSV設定では3号機でした。
ララァの乗るエルメスが2号機というのはMSV設定です。
MSVでは1号機/ビットの攻撃で戦死したパイロット(名前不詳)、2号機/ララァ・スン、3号機/クスコ・アルということになります。

この3人、皆が皆、不幸な運命をたどることになります。




エルメス1号機のパイロット……不足していたニュータイプ能力

1号機のパイロットは、実戦でなく実験中に戦死しました。
ニュータイプ能力者ではありましたが、エルメスを制御できるほどの能力には恵まれず、本来なら自分の強力な武器になるはずのビットの攻撃を受けて亡くなりました。

なまじ、ニュータイプ能力があったがための悲劇と言えましょう。




ララァ・スン、クスコ・アル……エルメスでの戦死、性的な被害

ララァとクスコ・アルは、それぞれ、アニメ版と小説版を出自とするキャラクターですが、特徴的な共通点が2人にはあります。

まず一つ目、二人ともエルメスに搭乗して戦死しています。
相手は二人ともアムロ・レイ。
それぞれ、アニメ版のアムロと小説版のアムロに撃破されています。

二つ目。
ララァもクスコ・アルも、性的な被害者でした。
クスコ・アルは、連邦の兵士に性的暴行を受けた過去があるようです。

ララァは、インド地区の売春宿で生きるために身をひさいでいたといいます。
むろん、ララァが望んでの売春ではないでしょう。
孤児である貧しい少女のララァは、身をひさいで生計をたてなければならなかったのです。
ただ、ララァは売春宿にはいたものの、客を取る前にシャアによって救い出されたという説もあります。
また、公式であることを謳っている(とはいえ、本当に公式なのかは不明ですが)『GUNDAM FACT FILE No.1』(デアゴスティーニ、2004)では、「むやみやたらに客を取らされるようなことはなく、相応に自尊心を持てるような環境だったようだ」とのことです。
この文言はあいまいです。
「むやみやたらに」ではないものの「客を取らされ」てはいたとも読めますが、いかがでしょうか?
それとも、「むやみやたらに」客の相手をさせるようなひどい待遇は受けず、まったく「客を取らされるようなことはな」かったということなのでしょうか?
「相応に自尊心を持てるような環境」の「相応」の「自尊心」というのも、「相応」の程度があいまいで、まったく「客をとらされ」なかったので「自尊心を持て」たのか、「客を取らされ」たものの人数や性交の態様においてひどい条件ではなかったので「相応に自尊心を持て」たのか、いまひとつ不明です。

もし、「客を取らされ」ていたのであれば、そうひどい環境に置かれていなかったとはいえ、なにがしかの性的な被害は受けていると申してよろしいかもしれません。
そうであるなら、ララァとクスコ、二人のエルメスパイロットはその点でも共通点を有していることになります。

エルメスのパイロットには、深い悲劇の影がつきまとっています。




ゲームの中のエルメス……幻の4号機、幻のエルメスパイロット

エルメスは、アニメ作品、小説版のほかにもゲーム『SDガンダム GGENERATION』にも登場しています。
こちらではエルメスは4機。
1号機がララァ、2号機がクスコ・アル、3号機(白)がハマーン・カーン、4号機(赤)がセレイン・イクスペリ(ゲーム・オリジナルキャラクター)。
ただし、ゲーム作品ですので、公式の世界ではこの設定は「幻」ということになるでしょう。
「幻」の4号機。
「幻」のセレイン・イクスペリ。

ハマーンは、『ZZ』で第一次ネオ・ジオン抗争最終局面においてキュベレイを駆りジュドー・アーシタのZZガンダムと一騎打ち、その果てに戦死しました。
セレインは、ゲームの中で、グリプス戦役時、エゥーゴにMAテラ・スオーノを撃破されて戦死しています。
(ただし、セレインは選択によっては生還するシナリオの分岐あり)
やはり、エルメス搭乗経験者は、みな、最期は戦死する運命にあるのです。




エルメス

型式番号:MAN-08
タイプ :ニュータイプ専用試作型モビルアーマー
全長  :47.7m
全高  :85.4m
本体重量:163.7t
全備重量:291.8t
装甲材質:超硬スチール合金
開発基地:グラナダ
武装  :メガ粒子砲×2(防衛用)
     ビット×10(あるいは、×10前後、×12)(攻撃兵器)
異名  :ソロモンの亡霊
     チューリップ
     トンガリ帽子    



一年戦争 MS・MA開発拠点一覧 『機動戦士ガンダム』



■目次
地球連邦
1. RX-75 ガンタンク系
2. RX-77 ガンキャノン系
3. RX-78 ガンダム系
4. RGM-79 ジム系
5. ミドルMS
6. PB-79 ボール系

ジオン公国
7. MS-01MS-04
8. MS-05 ザクI系
9. MS-06 ザクII系
10. MS-07 グフ系
11. MS-09 ドム系
12. MS-10MS-13
13. MS-14 ゲルググ系
14. YMS-15YMS-17MS-18E
15. 水陸両用MS
16. MSN-02 ジオング
17. MA




地球連邦
MS


 RX-75(ガンタンク)……ジャブロー
 RMV-1(ガンタンクII)……ジャブロー


 RX-77-1(ガンキャノン初期試作型)……ジャブロー
 RX-77-2(ガンキャノン)……ジャブロー
 RX-77-3(ガンキャノン重装型)……ジャブロー
 RX-77-4(ガンキャノンII)……キャリフォルニア・ベース
 RX-77-D(ガンキャノン量産型)……ルナツー


 RX-78-1(プロトタイプ・ガンダム)……ジャブロー
 RX-78-2(ガンダム)……ジャブロー

 RX-78NT-1(アレックス)……オーガスタ

 RX-79[G]Ez-8(ガンダムEz8)……東南アジア(現地改修)


 RGM-79(ジム)……ジャブロー

 RGM-79(陸戦用ジム)……ヨーロッパ(現地改修)
 RGM-79(デザート・ジム)……アフリカ(現地改修)

 RGM-79SC(ジム・スナイパーカスタム)……ルナツーコンペイトウ(旧ソロモン)

 RGM-79L(ジム・ライトアーマー)……ルナツーコンペイトウ(旧ソロモン)

 RGM-79D(ジムD型[その寒冷地専用機がジム寒冷地仕様])……オーガスタ【ジム寒冷地仕様……ジャブロー説あり】

 RGM-79G(ジム・コマンド)……ルナツー
 RGM-79GS(ジム・コマンド 宇宙戦仕様)……ルナツー

 RGM-79SP(ジム・スナイパーII)……ルナツー

 RGM-79[E](初期型ジム(先行量産型ジム[宇宙戦装備])……ルナツー

 RGC-80-1(ジム・キャノン・テストタイプ)……ジャブロー
 RGC-80(ジム・キャノン)……ジャブロー


 RH-35E(ドラケンE)……サイド6



MA/モビルポッド


 RB-79(ボール)……ルナツー



ジオン公国
MS


 MS-01(クラブマン)……ズム・シティ
 MS-02……ズム・シティ
 MS-03……ズム・シティ
 MS-04(プロトタイプ・ザク)……ズム・シティ


 MS-05A(ザクI 初期先行試作量産型)……ズム・シティ
 MS-05B(ザクI 改良型)……ズム・シティ


 MS-06A(ザクII 先行量産型)……ズム・シティ
 MS-06C(ザクII 初期量産型)……ズム・シティ
 MS-06F(ザクII 量産型)……ズム・シティ
 MS-06F-2(ザクII 後期生産型)……グラナダ
 MS-06J(ザクII 陸戦型)……ズム・シティ
 MS-06FZ(ザクII改、ザクII最終生産型)……グラナダ

 MS-06D(ザク・デザートタイプ)……キャリフォルニア・ベース
 MS-06K(ザクキャノン)……キャリフォルニア・ベース
 MS-06V(ザクタンク)……北アフリカ(現地製作)
 MS-06V-6(ザクタンク[グリーンマカク])……ボルネオ(現地製作)
 MS-06W(一般作業用ザク)……中央アジア(現地製作)
 MS-06E(ザク強行偵察型)……ソロモンア・バオア・クー
 MS-06R-2(高機動型R2タイプ)……グラナダ
 MS-06R-3(ゲルググ先行試作型/ザクIII)……グラナダ


 YMS-07A(プロトタイプ・グフ)……キャリフォルニア・ベース
 MS-07A(グフA型)……キャリフォルニア・ベース
 YMS-07B(グフ先行量産型)……キャリフォルニア・ベース
 MS-07B(グフB型)……キャリフォルニア・ベース

 MS-07B-3(グフ・カスタム)……キャリフォルニア・ベース

 MS-07H(グフ飛行試験型)……サイド3
 MS-07H-8(グフ・フライトタイプ)……サイド3


 MS-09(ドム)……キャリフォルニア・ベース
 MS-09R(リック・ドム)……グラナダ
 MS-09R-2(リック・ドムII)……グラナダ

 YMS-09D(ドム・トロピカル・テストタイプ)……キャリフォルニア・ベース
 MS-09F/TROP(ドム・トローペン)……キャリフォルニア・ベース
 MS-09G(ドワッジ)……キャリフォルニア・ベース


 MS-10(ペズン・ドワッジ)……ペズン
 MS-11(アクトザク)……ペズン
 MS-12(ギガン)……ペズン
 MS-13(ガッシャ)……ペズン


 YMS-14(ゲルググ先行量産型)……グラナダ
 MS-14A(ゲルググ量産型)……グラナダ
 MS-14B(ゲルググ高機動型)……グラナダ
 MS-14C(ゲルググ・キャノン)……グラナダ

 MS-14F(ゲルググM[マリーネ])……ア・バオア・クー
 MS-14Fs(ゲルググM指揮官機)……ア・バオア・クー

 MS-14JG(ゲルググJ[イェーガー])……グラナダ


 YMS-15(ギャン)……グラナダ

 YMS-16M(ザメル)……キャリフォルニア・ベース

 MS-18E(ケンプファー)……グラナダ


 MSM-03(ゴッグ)……キャリフォルニア・ベース
 MSM-03C(ハイゴック)……キャリフォルニア・ベース

 MSM-04(アッガイ)……キャリフォルニア・ベース
 MSM-04N(アッグガイ)……キャリフォルニア・ベース

 MSM-07(ズゴック)……キャリフォルニア・ベース
 MSM-07S(ズゴックS型)……キャリフォルニア・ベース
 MSM-07E(ズゴックE)……キャリフォルニア・ベース

 MSM-08(ゾゴック)……キャリフォルニア・ベース

 MSM-10(ゾック)……キャリフォルニア・ベース


 MSN-02(ジオング)……ア・バオア・クー


・MA


 MAX-03(アッザム)……グラナダ

 MA-04X(ザクレロ)……キャリフォルニア・ベース

 MA-05(ビグロ)……キャリフォルニア・ベース
 MAM-07(グラブロ)……サンディエゴ(in キャリフォルニア)
 MA-06(ヴァル・ヴァロ)……グラナダ

 MA-08(ビグ・ザム)……ア・バオア・クー

 (アプサラス)……ラサ(in チベット)

 MAN-03(ブラウ・ブロ)……グラナダ
 MAN-08(エルメス)……グラナダ



(参考文献:『機動戦士ガンダム 公式百科事典』編著・皆川ゆか 講談社、『GUNDAM MECHANICS II』ホビージャパン、『機動戦士ガンダム 一年戦争外伝2 データコレクション9』メディアワークス、『MSV2ジオン軍MS・MA編』講談社、『GUNDAM MSV COLLECTION』講談社、『GUNDAM MECHANICS I』ホビージャパン、『機動戦士ガンダム モビルスーツ最強図鑑』双葉社、『マスターアーカイヴ モビルスーツ RGM-79 ジム』ソフトバンククリエイティブ、プラモデル解説書 バンダイ)