FC2ブログ

Contents

クロノクル・アシャーはマザコン? 母親代わりの「アマルテア」(&「アドラステア」)『機動戦士Vガンダム』



木星の衛星たち


ザンスカール帝国の艦艇は、木星の衛星の名をもつものが多い。

カリスト 木星の第4衛星
アマルテア 木星の第5衛星
シノーペ 木星の第9衛星
リシテア 木星の第10衛星
アドラステア 木星内部衛星群の衛星のなかで内側から2番目の軌道にある衛星



名前はギリシア神話由来です。
木星は、ローマの主神ユーピテル(英語名:ジュピター)をもとに命名されました。
ユーピテルはギリシア神話の主神ゼウスと同一視されていますので、木星の衛星はゼウスにちなんで名前がつけられています。

カリストー……ニンフ、ゼウスの愛人、ゼウスとのあいだにアルカスを産む
アマルテイア……幼子だったゼウスに乳をあたえて育てた山羊、あるいはニンフ
シノーペー……ゼウスに愛されたが、ゼウスに約束させて処女を守った
リシテア……ニンフ、ゼウスの愛人
アドラステイアー……ギリシア神話の女神、ゼウスとアナンケーの娘

ニンフとは、ギリシア神話の女神(精霊)のことです。




アマルテイア……ゼウスに母乳を与えた山羊(あるいは、ニンフ)


ザンスカール帝国の建国者であるフォンセ・カガチが「木星帰り」(木星船団公社に所属していた)であるため、木星の衛星から艦艇のネーミングを拝借したのかもしれません。



しかし、わたしは別の見方をしています。
クロノクルと姉マリアにちなんだものではないかと。

ゼウスの幼児のときの逸話があります。
全宇宙を統べる神々の初代の王は天空神ウラノス。
2代目の王は、ウラノスの末子クロノス。
3代目の王は、クロノスの末子ゼウス。

この後継はすんなりいったわけではありません。
むしろ、修羅の道でした。
ウラノスには醜さを嫌って自分の子供たち(クロノスの兄たち)を奈落の底に幽閉するなど横暴な振る舞いがあり、子供を幽閉されたウラノスの妻ガイア(クロノスや醜いため幽閉されたクロノスの兄たちの母)はウラノスを恨み、クロノスをけしかけました。
それに応じ、クロノスは父ウラノスの陽物を去勢し、王位を奪う。
王となったクロノスは、今度は自分が子供たちに王位を奪われるのではないかと疑心暗鬼になり、妻レアとのあいだに産まれる子供たち(ヘスティア、デメテル、ヘラ、ハデス、ポセイドン)をつぎつぎと丸呑みしていきました。
(のち、成人したゼウスによってゼウスの姉弟はクロノスから解放、クロノスは奈落の底に幽閉)
そこでレアは、ゼウスが産まれたとき策を講じ、赤子といつわって石を呑み込ませました。
そして、ひそかにクレタ島にゼウスを逃します。
このとき、母親の代わりになって自らの乳をあたえゼウスを養育したのが山羊(あるいは、ニンフ)のアマルテイアだったのです。




マリア……クロノクルにミルクを与えた母親代わりの姉


一方、マリアとクロノクルの姉弟。
マリアはザンスカール帝国の(名目的な)女王。
クロノクルは、女王の弟にして、ザンスカール帝国の艦隊司令の一人。

マリアとクロノクルの両親は離婚し、二人を引き取った親は育児放棄。
マリアは9歳年下のクロノクルを養育するため、15歳を過ぎたころにはみずからの身をひさぐようになりました。

クロノクルの糧は、マリアの肉体によってあがなわれていたのです。
下品な言い方をすれば、マリアの乳が男たちに吸われることにより、クロノクルは日々ミルクとパンを口にすることができたわけです。

自分の乳をあたえゼウスを養った山羊・精霊のアマルテイアに似てはいないでしょうか。

そのクロノクルが艦長となって乗艦していたのが、アマルテア級1番艦の「アマルテア」。
これは偶然?




姉さん、マリア姉さん、助けてよ、マリア姉さん……


自分を育ててくれた母親代わりの姉マリア。
クロノクルが亡くなる直前に心のうちで叫んだのは、恋人のカテジナの名でなく「マリア姉さん」でした。

姉さん、マリア姉さん、助けてよ、マリア姉さん……

わたしには、なにやら、マザコンめいたものをクロノクルの最期からは感じるのですが……。



ちなみに、女性から忌み嫌われるマザコンですが、最近では、マザコンを肯定する女性もちょっとずつ増えはじめているとか(本当かね?)。
過剰なものはともかく、軽度のマザコンならOKなんじゃないかと。
母親を大事にできない男が妻や恋人を大事にできるわけがない、と。
また、高齢化時代、母親を粗末にするのはなにかとよろしくない、と。




アドラステイアー……ゼウスを母親代わりとなって育てたニンフ


また、アドラステイアーもいわくつきなのです。
アドラステイアーは、上記のアナンケーとのあいだのゼウスの娘のほかにもう一人、ギリシア神話に登場します。
アマルテイアがゼウスに乳をあたえたのとは違うゼウス幼児期神話に出てきます。
その異伝では、クレタ島で赤子のゼウスを母親代わりとなって育てるのが、イーデーとアドラステイアーのニンフの姉妹なのです。




「アドラステア」と「アマルテア」


そして、クロノクルが艦隊司令として座乗した艦艇の名は二つ。
「アドラステア」と「アマルテア」。
そのもとになっているアドラステイアーとアマルテイアーは、二人ともゼウスの母親代わりの役割を担っているのです。

これは偶然なのでしょうか?
(こういうときって、往々にしてただの偶然ということがあるんだよなあ)




マリアの胎内


アドラステイアーとアマルテイアーを母親代わりという共通性からマリアに結び付け、それらにちなんだ艦艇にクロノクルを乗艦させたかった。
そこで、まずクロノクルが艦隊司令として座乗する艦艇を「アドラステア」と「アマルテア」と命名。
そして、それらと整合性をたもつためにザンスカール帝国のほかのいくつかの艦艇に同じ木星の衛星にちなんだ名前をつけたのではないか、などとわたしは愚考しています。

下衆の勘繰りかもしれませんが、アマルテア=マリア(アドラステア=マリア)のメタファー(隠喩)が隠れているような気がしないでもなく……。

もしかしたらクロノクルは、アマルテア(およびアドラステア)に寓意されるマリアの胎内で、戦争のあいまにひと時の安らぎを得ていたのかもしれません。




富野由悠季乱心!? 「コンティオ」と「コンマオ」は反対から読んではいけない『機動戦士Vガンダム』



クロノクル・アシャー


コンティオは、重要なMSです。
コンティオの発展機であるリグ・コンティオは、ウッソの最大のライバルであるクロノクル・アシャーの最後の乗機でした。



最大のライバルは、ウッソが最後に戦ったカテジナという意見もあります。
なにしろ、ラスト2番目に戦ったのがリグ・コンティオのクロノクル、ラストはゴトラタンのカテジナ
であり、そこから導かれる結論が、ウッソの最大の敵はカテジナだというのはうなずける話です。

ただ、富野由悠季監督も、ラストの敵をクロノクルにするか、カテジナにするか、終盤まで迷いに迷ったそうです。
意見を聞いたスタッフ全員が、ラスボス=カテジナであったため、クロノクルは『Vガンダム』の最後の敵にはなれませんでした。

ウッソの初恋の相手を最後の敵にするという、皮肉な運命の魅力に女王の弟クロノクルは敗れ去ったのかもしれません。

ただし、ラスボスでなかったとしても、MS操縦の技量や戦いのいきさつを勘案すると、わたしなどはクロノクルがウッソの最大の敵だったとも思えるのですが……。
(ただし、わたしがクロノクルびいきであることも、ここに記しておかねば卑怯者のそしりをまぬがれないでしょう。ガンダムシリーズ全体でも、『ポケットの中の戦争』のバーニィについで2番目に好きなキャラクターがクロノクルであり、『Vガンダム』においては圧倒的に1番好きなキャラクターなのです。ですから、公平な判断力が担保されているのかと問われれば、それには「疑問」と答えざるをえないでしょう)




コンマオ


いずれにしろ、『Vガンダム』において、きわめて重要なMSであることは確かでしょう。

このコンティオ、もともとは別の名が考えられていたといいます。

……コンマオ。
言いづらいのですが、逆さから読んでみてください。
ただし、女性は読まないほうがいいかも……。

つまりは、そういうわけです。

どうも、精神的に不安定だった富野監督が思いついたネーミングらしいのですが、その意図することに気づいたスタッフがなだめすかして監督の意思を翻意させたともいいます。
真実はわかりません。
ただの伝説かもしれません。
そうであるなら、救われるような、つまらないような。

ともかく、クロノクルの最後の愛機がリグ・コンマオになることはなかったのです。
危ないところでした。

ただ、姉であり母親代わりでもあるマリア・ピァ・アーモニアと恋人であるカテジナの女性2人にがっちりと運命を握られていたようなクロノクル最後の愛機に、リグ・コンマオの名はふさわしいのかもしれないなあ、とは冗談抜きで思わないでもありません。
もしかしたら富野監督も、酔狂からではなく、深い考えがあってコンマオの名をつけようとしたのかもしれません。




コンティオ


ただ、わたしには一つの疑念があります。
コンティオの名前です。

逆から読んでみてください。
ただ、こちらも、女性は読まないほうがいいかもしれません……。

そうです。
コンマオにくらべるとわかりづらいかもしれませんが、我々男子にはなじみのアレにわたしなどは読めてしまうのですが。



人生の最後に、恋人であるカテジナでなく、母親がわりの姉マリアを選んでしまうクロノクルですから、もしかしたらクロノクルには近親相姦の願望があったのかもしれない……その隠喩として、クロノクルの最後の愛機の名称にアレを暗示するコード(暗号)を埋め込んでおこうということでリグ・コンティオの名を冠した、そんな富野監督の秘められた意図があったのかもしれない、なんてことが?

まあ、それはないでしょうね。

ただ、富野監督の小説には、性的なものへのこだわりが散りばめられています。
執着といっていいくらいのこだわりが。
その富野監督ですから、もしかしたら……などと勘ぐってしまうのですが。



コンティオ。
……逆から読むのは考えすぎでしょうかね?