FC2ブログ

Contents

シャア・アズナブル……言われているほど「赤」ではない「赤い彗星」(『機動戦士ガンダム』)



赤い彗星のMS……赤、赤、赤、青、赤、金、赤

シャア・アズナブルのMSが赤い色(あるいはピンク)に塗装されている理由に定説はありません。
さまざまな推測がなされています。

比較的優勢な説は、私見によれば二つ。
一つは、国威発揚のためにシャアのMSを(ザビ家の誰かが)目立つカラーである赤に塗装させたというものです。
ルウム戦役の英雄を士気高揚に利用しようという意図のもと、シャアのザクが赤く塗装されたというもの。
もう一つは、シャアのMSでの戦功、あるいは公国をしょってたつ将来性が高く評価されてパーソナルカラーを認められ、シャア個人の趣味として赤(とピンク)を選択したというものです。
派手なカラーリングは被発見率が高く、標的になりやすいという弱点があります。
ただ、敵味方に著名な凄腕のパイロットの機体であるなら、その派手さゆえに、敵に精神的なプレッシャーをあたえ、かたや味方を安心させ、その士気を鼓舞することができます。
そのような効果を狙って公国はパーソナルカラーの赤をシャアに認めたのではないかという説です。

なかには、異説(奇説?)もあります。
シミュレーションゲーム『ギレンの野望 ジオンの系譜』(1998年発売)では、あの赤は下地塗装のサビ止め塗料の赤だとの説が開陳されています。
士官学校を首席卒業したエリートのシャアに嫉妬した機材担当者が、サビ予防の下地塗装しか施していない機体を渡したというものです。

もしかしたら、これは、ゲームブック『最期の赤い彗星』(1986年発売)の影響かもしれません。
この作品は、ア・バオア・クー陥落直後、数人の部下たちとともにマ・クベの旗艦グワジン級宇宙戦艦「アサルム」を奪ってア・バオア・クーを脱出、シャアがアクシズへ向かう物語です。
この作品でシャアが搭乗するMSの一つが、MS-06R-2 高機動型ザクII(R-2型)の5号機(実際は、R-2型は4号機までしか存在しません)です。
この機体は赤色ですが、シャア専用のMSではありません。
サビ防止塗料を塗ったため赤色に見えるだけ。
シャアが脱出の途中発見して乗り込んだMSが、偶然赤だったという設定です。
それによって、シャアのMS=赤というお約束を守りつつ、「ジオン敗戦の混乱した脱出時になぜシャアが都合良く赤いMSに乗ることができたのか、それは単にサビ止めの下地塗装をしただけのMSだから赤かったのだ」と合理的に説明するための苦肉の設定だったのかもしれません。

どちらにしろ、ゲーム設定は公式ではないので、依然謎のままです。

シャアの愛機(一時的に搭乗したルッグンやガンダムMk-IIなどはのぞきます)のなかにも、赤く塗装されていないMSはあります。
ジオングと百式です。

ジオングは、ゲルググを中破させて戦闘不能になったため、急きょ乗り込むことになった機体であるためダークブルーとブルーの機体であることはやむをえないでしょう。
(左右の角と耳下?だけ、赤だったりしますが)

『Z』の百式は、塗り替える時間も機会あったはずですが最後まで金色で通しました。
シャアのMSなのに赤じゃない?と疑問に思った方も多いことでしょう。
これは、富野由悠季監督が「シャアの赤色というのはもう古いんじゃないか、黄金のシャアにしよう」(抜粋:「別冊アニメディア 機動戦士Zガンダム 完全収録版」学研、1986)ということから金色の塗装にされたとのこと。
あとで、百式の命名は設計者M・ナガノ博士が「百年後も通用する設計」と高言したことに由来し、そのため機体色も永遠を意味する金が採用されたという設定が生まれたようです(『THE OFFICIAL GUNDAM FACT FILE No.8』ディアゴスティーニ)。
もう一つ後付けで、金色塗装の合理的説明として優秀な耐ビームコーティングを施してあるからという設定もつくられたようです。

しかし、その「古い」はずの赤いシャア専用MSが『逆襲のシャア』では復活しました。
サザビーです。
富野由悠季監督の心境にいかなる変化が?
あるいは圧力?

ともあれ、シャアは百式の時点で、優秀な耐ビームコーティングのために愛機を赤色に塗装することを断念しました。
シャアの赤へのこだわりは、その程度だったのでしょうか?

しかし、シャアが赤に愛情を持っているのかどうか疑わしい事実は他にもありました。
私服です。
シャアの私服です。

シャアの私服は、ほぼレッド/ピンク関係とは無縁なのです。
わたしの調べた範囲のなかでは、レッド/ピンクは一例のみ。
赤いネクタイとピンクのシャツのあのときのみ……。

ではシャアの私服の色の組み合わせ一覧を……その前に、ほぼ赤系統で統一された軍服/ノーマルスーツから見てみましょう。




赤い彗星の軍服……赤、赤、赤/ノーマルスーツ……赤、赤、黄

シャアは、軍服に関しては一貫して赤を通しています。
『ガンダム』『Z』『逆襲のシャア』皆勤賞です。
100%。
ただし、『逆襲のシャア』では2種類の軍服があり、モノレール搭乗時に着用していたコート型の軍服ははっきりと赤なのですが、演説や外交交渉に臨むときのマント付きの軍服は赤茶色に見えなくもありません。
たぶん、濃い赤色ということなのでしょう。

ノーマルスーツも、『Z』までは赤系統のみでした。
『ガンダム』第2話でサイド7に潜入を果たすときにはじまり、ルナツー潜入、そして唯一、戦闘中にノーマルスーツを着用したア・バオア・クー。
『Z』では第1話のグリプス潜入から、最終回にいたるまで戦闘中は赤いノーマルスーツを着用しつづけました。
しかし、『逆襲のシャア』でついに赤いノーマルスーツの歴史は途絶します。
総帥用の特注のノーマルスーツを着用しますが、色は黄色です。
金髪に合わせでもしたのでしょうか?
それとも、30歳を超えたシャアは、さすがに派手な赤いノーマルスーツは気恥ずかしくなった?
(とはいえ、軍服は赤のままですが)

ちなみに、クェスはシャアとお揃いの小さいサイズの特注ノーマルスーツを着用していますが、そのカラーは赤でした。
モノレール搭乗時の軍服も、クェスはシャアとお揃いの軍服を着ていますが、こちらはシャアも赤、クェスも赤のほぼ完璧ペアルック。
『逆襲のシャア』では、プライベートで愛人のナナイとお揃い?のバスローブを身に着けていますが、バスローブの色はシャアが薄い青、ナナイが赤でした。
周囲の女性に赤い着衣をまとわせる趣味がシャアにはあった?




赤い彗星の私服……赤系統たった一例、青系統と黄系統多し

問題は、私服です。
私服のレッド/ピンク系統は、たった一度のみ。
ネクタイが赤、シャツがピンク。
酒場でギレンのガルマ追悼演説に耳を傾けていた(適当に聞いていただけのような気もしますが)ときの服装だけです。
(ただし、わたしの確認した範囲内ではであり、もしかしたら漏れがあるかもしれません)


『ガンダム』
キャスバル家出     :コート(ブラウン?)
酒場、ギレンの追悼演説 :ネクタイ(赤)、シャツ(ピンク)、スーツ(白)

『Z』
アクシズ、ハマーンと  :ネクタイ(淡い緑)、シャツ(白か淡い青?)、スーツ(青)
月のアンマン      :シャツ(白)、ベスト(淡い紫)、コート(紫)、ズボン(淡い紫)、ブーツ(黒?)
ダカール、ブレックス暗殺:マフラー(白か淡い青?)、コート(青か黒?)
ダカール演説      :ネクタイ(黄)、シャツ(淡い青)、スーツ(青)

『逆襲のシャア』
サイド1のロンデニオン :ネクタイ(ブラウン?)、シャツ(淡い黄)、スーツ(黄)、ズボン(黄)、靴(黒?)
スウィートウォーター   :インナー(淡い青)、バスローブ(淡い青)、スリッパ(淡い青?)


いかがでしょうか?
個人の趣味がもっとも反映されるものの一つであろう私服にレッド/ピンク系統のものがこれだけ少ないのは、わたしには意外でした。
軍服やノーマルスーツやMSとちがい、私服では青系統が優勢です。
シャアはもしかしたら「青い彗星」になりたかったのでは?
あるいは『逆襲のシャア』でノーマルスーツ、私服のスーツ、シャツ、ズボンともに黄色だった……それは自分の髪の毛である金髪を、引いては亡き母の金髪、その娘である妹セイラの金髪をほうふつとさせるやもしれぬ黄色を好んでいたのでしょうか?
マザコンであることが『逆襲のシャア』で確定したシャアなら、その可能性もまんざら否定できないのではないでしょうか?
それとも、赤はここぞというときのために温存しておくとっておきの大切な色だったのでしょうか?
シャアの意中の色はいずれにありや?



ララァ・スン 富野由悠季初期設定では【白人&金髪】だった『機動戦士ガンダム』



ララァ・スンは白人&金髪になるはずだった


ララァ・スンは、富野監督の初期構想のなかでは「白人&金髪」だったといいます。
しかし、脚本家の「ニュータイプが出てくるならばこういう人たちから」という意見により、インド系の少女として再構想されたのだそうです。
(なぜ、ニュータイプがインド系なのかはわたしにはわかりません。ヨガや瞑想などの影響でしょうかね? それとも仏教発祥の地だから?)

2000年代、ムックか雑誌で「ララァは富野監督の当初の案では金髪の白人だった」という記事を読みました。
誌名は忘れました。
ネットで調べてみると、脚本家(わたしの記憶では安彦良和だったのですが)の意見により、金髪の白人からインド系に変更されたのは間違いなさそうです。

富野監督の頭のなかでは、初め、ララァは金髪の白人だったのです。
セイラのような?
そして、おそらくは、シャアとセイラの母親のような?




マザコンのシャア……「ララァ・スンは、私の母になってくれるかもしれなかった女性だ!」


シャアは、『逆襲のシャア』(1987) でマザーコンプレックスであることが周知のものになりました。

アクシズの地球への落下により、シャアとアムロの生命が尽きようとしていたときのことです。
シャアはアムロに、

ララァ・スンは、私の母になってくれるかもしれなかった女性だ!

と絶叫するのです。
まるで、それが遺言であるかのように。
このセリフは、生前、最後のシャアの言葉です。
このあと、そのまま続けて「そのララァを殺したお前にいえたことか!」とアムロに言い放ち、シャアの姿は画面から永遠に消えてゆきます。

そのアムロが、

「お母さん? ララァが?」

と戸惑っていたのが印象的でした。
その戸惑いは、我々、視聴者のものでもあったでしょう。
(ちなみに、この言葉も生前のアムロ最後の言葉です。
このあとすぐ「うわ!」という絶叫とともに、アムロの姿も画面から永久に消えてゆきました)

いまでこそ、ファンのあいだでシャアがマザコンであることは知れ渡っており、それがシャアをからかう一つの定番にもなっていますが、公開時、これはけっこう衝撃的でした。
シャアの女性に対する姿勢は、成熟した大人の男のそれと思っていたところ、女性に(ララァに。もしかしたら、ナナイ・ミゲルにも)母親を求めていたのですから。

当時のアニメ雑誌『OUT』には、比較的長文の批評を掲載する読者投稿のコーナーがありました。 
そこに、シャアがマザーコンプレックスであったことへの非難といいましょうか、怒りといいましょうか(あるいは失望か)、読者からの詰問するような強い批判が寄せられていました。
それに賛同する人は、けっして少なくはなかったでしょう。

この『逆襲のシャア』から、シャアにはマザコン属性が抜きがたくついてまわるようになりました。




褐色の肌のララァ、白い肌のシャア


ただ、違和感はありました。
白い肌のシャアが、褐色の肌のララァに母親を求めていたことに。

そのころ、高校一年生であったわたしは、親子関係というものを血と遺伝で考えるようなところがありました。
単純に、肉体的な継承性を親子の基準にするような。
(いまでは、血のつながりや容姿などではなく、精神的なつながりが家族にとってはもっとも大事なものだとおもっていますが)
その基準からすると、白人の女性に母性を求めるのが自然の流れのように思えたのです。




ララァは、白人金髪のセイラ似の女性になるはずだった?


しかし、ララァが金髪の白人女性であったと想定するなら、違和感はすっきりします。
ララァの肌の色を褐色から白へ、髪の色を金へと置き換えてみてください。
なにやら、セイラに似た女性にならないでしょうか?
(なんとなくでも)
(ちょっと無理なこじつけでしょうかね?)

富野監督は、最初の『ガンダム』の時点で、シャアとララァとの関係はマザーコンプレックスを軸に考えていたのかもしれません。
富野監督の頭のなかでララァが金髪の白人だったのは、セイラを意識していたのかもしれません。
より正確にいえば、セイラが面影を受け継いでいる(かもしれない)母親を。
なにも、『逆襲のシャア』にいたってシャアがララァに母性を求めていたというような唐突なものではなかったのかもしれません。
富野由悠季の心のうちでは。

そんなふうにも思えるのです。
なんとなく。
ただ、なんとなく。
……やっぱり、違うか?



ギレン・ザビIQ240 240ってギャグですか? 『機動戦士ガンダム』



ギレン・ザビのIQは240!


ギレン・ザビの知能指数は240だそうです。
240!

いくらなんでも、ふっかけすぎでは?
(富野監督ですかね? この、無謀な設定をつくったのは)




知能指数の信憑性


IQは120以上で秀才。
140以上で天才です。

一説には、東大生の知能指数平均は120なのだそうです。
(ちなみに、IQ120は10人に1人、IQ130は50人に1人だそうです)

そして、ギレンは240。
国民平均のIQ100と東大IQの差は20。
国民平均のIQ100と天才IQ最小値140の差は40。
国民平均のIQ100とギレンのIQ240は、その差、140!

天才IQ最小値140と比較しても、100も上回っているのです。

リアリティーがなさすぎて、すごいことはわかるのですが、どうすごいのか実感が湧きません。



アインシュタインは、IQ172だそうです(ただし、IQテストを受けたことはなく、単なる推測とも)。
父デギンに「ヒトラーの尻尾」と言われたギレンですが、そのヒトラーはIQ150(こちらも信憑性は不明。単なる推測の可能性が高い)。
IQ130以上は人口の2.2%という研究結果もあります。
IQ125以上は6.7%という、上記とは別の学者の研究結果も。
IQ120以上だとおよそ10%。



もちろん、知能指数測定が本当に正確なIQを割り出しているのかは、古今東西で物議をかもしています。
一説には、問題に馴れるなど訓練すればIQの測定値は大幅に上がるともいいます。
さほど上がることはないという意見も。

ただ、だいたいの知能指数をあらわしているようではあります。
(ただし、正確なIQは測れないという意見も専門家のあいだではかなり根強い)

IQ測定を一応信頼できるものとここではしておきましょう。
だとすると、IQ240は驚異的でしょう。

実際に測定されたIQの最高値はいかほどなのでしょう?
もしかして、IQ240に満たなかったりして……。

(信頼できるIQ測定だと、160程度が上限だという説もあります。
かたや、ギネスに認定された世界最高のIQはアメリカ人女性マリリン・ボス・サバントのIQ228だそうです。ただし、正確なIQ測定が可能なのかには論争あり。ギネスも、世界一IQの高い人物を認定するのは無意味で信憑性がないということから、世界一のIQ認定をいまはしていません)

信憑性がないかもか……ギレンのIQ240は自己申告だったりして。




「セブンスターEX(Seven Stars EX)」CM (BGM:イーディー・ゴーメ『ギフト』)



セブンスターEX(Seven Stars EX)のCM


子供のころにはひたすら憧れの対象でしたが、大人になってみると「カッコよすぎだろ」とつっこみをいれたくなるものがあります。



たとえば、CM。
1986年ごろ。
セブンスターEX(Seven Stars EX)のCM。

わたしは、そのころ中学3年生。
テレビ東京系で水曜の22:00~22:30まで放送していた『ヒッチコック劇場』(1986.10.1~1986.12.24、1987.1.7~1987.3.25)のなかで、よく目にしていたタバコのCMです。

商品のイメージ向上をはかるため、現実から遊離した「カッコよすぎる」要素がつぎつぎにぶち込まれてくる。



出演する男女は5人の白人。
みな、絶世の美男・美女ばかり。
世界的に通用しそうなモデルばかり。

そんな5人が、ニューヨークのインテリアデザイン会社に勤めている。
ニューヨークという場所もインテリアデザイナーという職業もすかした設定ですが、会社に勤めている5人全員が自分の恋人には紹介したくないような美男・美女ばかりという現実感のなさ。

苦みばしった渋すぎる中年の美男子。
自信に満ちた、さわやかな笑顔がまぶしい好青年風の美男子。
ひげを豊かにたくわえ、恰幅もよい、貫禄のある初老?の美男子。
眼鏡をかけて真面目そうだが、眼鏡外すとシャレにならなそうな青年の美男子。
美女とはいえないかもしれないが、きりっとして凛々しい面立ちをしたハンサムな女性。

……リアリティーまったくなし。
ここに、女性ボーカルのかっこいいジャズ(イーディー・ゴーメ『ギフト』)がBGMとして流れるわけです。

やりすぎでしょ。

主役の渋い中年美男子などは、デスクに向かい右手でペンを走らせながら、左手の中指・人差指・親指にタバコを手挟みつつ、ときにタバコを口に運び、喫う。
仕事を一休みして、高層ビルにあるオフィスの窓からニューヨーク・マンハッタン(たぶん)を漫然と見下ろし、やはりタバコを一服。

そこには、自分への自信からくる余裕がみなぎっていた。

かっこいい。
中学生のときは、こういうふうな大人になってみたいとおもった。
……もちろん、なれなかったですけどね。



それにしても、CMに出演した美男子たちはその後もずっと美男子だったのでしょうか?
中学3年生から40代後半になるあいだに、急激に容色のおとろえる事例を男女問わずいくらでも見てきています。
3年後には冴えない中年白人になっていた、なんてこともありえます。
しかし、CMのなかでは、いつまでもCMを撮影したときのまま彼らは生きつづけるのです。
やりすぎなくらい、かっこいいまま……。


マサキ……ホワイトベースの乗組員『機動戦士ガンダム』小事典




マサキ

正規の訓練を受けた看護兵
ジャブローでの補充要員(当初より乗艦説あり)
ミライに良く似ている
美人でホワイトベース乗組員に人気(一説に)

(35話、劇場版III)
(声優:セリフなし(35、劇場版III)、朴璐美(特別編))



解説
横顔と後ろ姿のみ。


看護学生だったセイラは医療面でも重宝されていたが、マサキのWB乗艦によって、ジャブロー以降、医療面の負担から解放された?


35話『ソロモン攻略戦』、劇場版IIIのみの登場。


しかし、キッカフラウセイラミライの主要キャラ以外では唯一登場したホワイトベースの女性クルーであり、とても貴重。
マサキの存在によって、ほかにも画面に登場しなかったWBの女性クルーが存在するかもしれないという世界観の幅ができた。
自分に似ているキャラクター、好きな女性に似ているキャラクターなどがWBに乗艦しているかもしれないという世界観の広がりを夢想することが容易になった。


カルフムラウマクシミリアンハワドサンマロバンマスタムラなど、名はあれど有名でないWBクルーの男性陣に対し、マサキはただ1人でその役目を果たす貴重な存在。


マサキの謎?の行動
マサキは唯一の登場シーンで謎の行動をしている。
ソロモン戦で負傷者続出。
医務室の近くであろうか、医務室に収容しきれなかったと思しき負傷者が通路にあふれている。
画面のなかの負傷者だけでも、10人を数える。
WBの乗組員の正確な人数は定かではないが、負傷率は相当なものだろう。
(あるいは、撃沈された他艦の兵士の治療もほどこしているのだろうか?)
いずれにしろ、あきらかに人手が足りないようで、負傷者のなかに看護兵がぽつりぽつりいる程度である。


「マサキ軍曹、輸血の準備を」
という負傷したハヤト?を手当てしているサンマロ(看護兵、軍曹、男)の言葉に、後ろにいたマサキはサンマロとは逆の方向にある部屋(医務室?)のなかに入っていく。
輸血の準備のためかと思いきや、そのあとまったくマサキは出てこない。
そのためか、ちょうどそこに来たフラウが「手伝うことあります?」と訊ねると、サンマロは「あ? AB型の輸血セットをもってきて」と頼んでいるのである。


フラウにあらためて輸血セットを頼んでいる。
では、マサキは「輸血の準備」を依頼されて、部屋のなかに入ってなにをしているのだろうか。
サンマロの声が聞こえなかったのか。
(サンマロを無視した説を唱える人もいる)
サンマロに声をかけられる前に部屋のなかをすでに見ているので、そのなかにいる患者(部屋が医務室なら)のことが気になり、そのもとに駆けつけたのか。
それとも、マサキに頼んだ輸血の準備とフラウに頼んだAB型の輸血セットは別のものだったのか(そうだとすると、マサキの行動は謎でもなんでもなくなるが)。


このすぐあと、あの名場面……涙目で悔しがるハヤトを慰めるフラウの場面になる。
ハヤト「みんなは?」
フラウ「無事よ。元気に戦っているわ」
ハヤト「そう。悔しいな、僕だけこんなじゃ。セイラさんにもカイさんにもかなわないなんて。な、情けないよ」
フラウ「なに言ってるの、ハヤト。立派よ、あなただって」
ハヤト「やめてくれよ、慰めの言葉なんて。こ、こんな僕だってね、ホワイトベースに乗ってからこっち、アムロに勝ちたい、勝ちたいと思ってて、このざまだ」
フラウ「ハヤト。アムロは、違うわ、あの人は。私達とは違うのよ」


身につまされる。
挫折を何度か経験すると、このハヤトの悔しさが胸に迫る。
フラウの慰めも、いい感じ。
ここいらで閑話休題。


もしかしたら、これがのちにフラウとハヤトが結婚するきっかけになったかもしれず(ハヤトが弱音を吐き2人のあいだが急速に近づいたかもしれず、フラウがアムロになにか疎遠なものを感じている印象があるようにも思える……。ただし、『Zガンダム』の小説版では、アムロはフラウと結婚したかったが連邦に軟禁されたためそれが叶わなかった旨の描写がある。小説なのでどこまで公式のものかは定かでないが、一応、参考までに)、その2人にとっては歴史的だったかもしれない瞬間、そのそばにはマサキやサンマロがいたわけである。


ともあれ、マサキは再び姿をあらわすことなく、ごく短時間で出番を終えた。
しかし、その登場によってWBの他の女性クルーの存在を推知させ、世界観を広げたことは特筆にあたいするのではなかろうか。



(『機動戦士ガンダム大事典』ラポート、『機動戦士ガンダム大事典 一年戦争編 復刻版』ラポート、『僕らのガンダム 全登場キャラクター徹底解析編』宝島社、『データガンダム キャラクター列伝 宇宙世紀編I』岡崎昭行 角川書店、『機動戦士ガンダム 公式百科事典』編著・皆川ゆか 講談社)