FC2ブログ

Contents

カミーユ・ビダン&富野由悠季は、自閉症なのか?『機動戦士Zガンダム』



ぼくは……自閉症の子供なんだ

エマ・シーンに叱られたとき、カミーユみずからが「ぼくは見込みありません、自閉症の子供なんだ」と言い訳をしていました。
果たして、カミーユは本当に自閉症なのでしょうか?




カミーユ……屈折したキャラクター造形

わたしは、けっこうカミーユ好きです。
富野監督はカミーユのことかなり嫌いみたいですけどね。
すくなくとも、精神状態がすさんでいたテレビ版は。
聞き分けのよい少年になった劇場版のカミーユはどうなのかわかりませんが。

カミーユの心の屈折したキャラクター造形は、かなりリアルだったと思います。
『Z』本放送のとき、わたしは中学2年でしたがカミーユには共感を覚えました。
少年少女なんて、大なり小なり、心が鬱屈してすさんでいるのが当たりまえなのでは?
もちろん、そのすさみが大きすぎるのは困りものですが、それなりにであったなら人生の通過儀礼なのではないでしょうか。




居場所のない少年、カミーユ

カミーユは、身の置きどころ探しに苦労している印象でした。
世間や社会どころか、家庭にも「居場所」がありませんでした。
父は愛人のマルガリータに入れあげていて、母は仕事に夢中。
カミーユの母ヒルダの仕事への没頭は、もしかしたら、夫との冷めた関係から現実逃避していたのかもしれません。
カミーユの家庭は機能不全状態でした。

だから、ホモ・アビス(ハングライダーにブースターパックがついたような小型飛行機)の大会で2年連続優勝、ジュニアモビルスーツの大会で優勝、グリーンノアでも有数の空手の使い手になれたのかもしれません。
この頑張りも、カミーユの「居場所」づくりの一環かもしれません。
好成績を残せば部活の中心人物になり、ちやほやされるでしょう。
他人から承認されるかもしれません。
そのように、他人から認知され「居場所」を築こうとしていたのかもしれません。




カミーユは愛着障害かも

カミーユは「愛着障害」の可能性あり、とわたしは思っています。
子供のころに親などからじゅうぶんな愛情を得られず、そのため人間不信になり他人との積極的なかかわりを避けたり、逆に、寂しさから他人に依存したりしてしまうのが「愛着障害」です。

他人の評価に依存しようとする承認欲求の高さが、カミーユのホモ・アビスやジュニアモビルスーツの腕前上達の原動力だったかもしれません。
じっさい、愛着障害の方たちは、名声を得るために人一倍努力するからなのか各分野で成功する可能性がけっこう高いのです。

また、両親の愛情に恵まれず、そのため人間不信になり他人に心を閉ざしたカミーユに、愛着障害は良く合致しているようにも思われます。




先天的要因の自閉症と後天的要因の愛着障害

では、「自閉症」の可能性はどうでしょう?
自閉症は、他人とコミュニケーションを取るのがむずかしいなど愛着障害と似た症状を呈します。

ただし、自閉症と愛着障害には決定的な違いがあります。
愛着障害は、親の愛情不足や育て方など後天的な要因に起因しています。
自閉症は親の愛情や育て方とは無関係。
遺伝子の異常や、受胎時・出産時の事故などで脳機能に障害を負ってしまうことなどが原因とされています(異説あり)。
親がどうすることもできない遺伝子の異常など先天的要因が、自閉症の主な原因なのです。



カミーユと富野由悠季は自閉症?

「ぼくは見込みありません、自閉症の子供なんだ」と言っているように、カミーユは自分を自閉症だと思っていました。
一方、富野監督は他人からよく「自閉症的」と言われたそうです。
富野監督自身も、渋々ながら自分が自閉症的であることを認めていました。

カミーユと富野監督は、自分のことを自閉症だと思っている子供と大人なのです。




カミーユと富野由悠季は自閉スペクトラム症かもしれない

自閉症は、現在では「自閉スペクトラム症」が正式な診断名です。
「自閉スペクトラム症」には、「自閉症」「アスペルガー症候群」「特定不能の広汎性発達障害」「小児期崩壊性障害」が含まれます。
これらは、かつては別々の診断名でしたが、現在では明確な区別はむずかしいということで「自閉スペクトラム症」という一つの診断名に統合されました。

「自閉スペクトラム症」は、まわりの人間と関係を築くのがむずかしく、特定のことに尋常でなくこだわるなどの特徴があります。
カミーユも富野監督も、人間関係は不得手で、特定のことにこだわるなど、自閉スペクトラム症の可能性はあります。
ただし、人間関係が得意でない、こだわりが強い、その他の特徴に一致しているからといって、それで自閉スペクトラム症であると決定されるわけではありません。
医師の診断によって、自閉スペクトラム症だと思っていたのにそうでなかった、逆にそうではないと思いつつ試しに診断を受けたら自閉スペクトラム症だったという事例は数多くあります。

カミーユや富野監督が自閉スペクトラム症であると結論づけるには、医師の診断が必要でしょう。




自閉症だから見込みがないわけではない

カミーユが口にした、自閉症だから「ぼくは見込みありません」というのは、一概には言えません。
自閉スペクトラム症のために人間関係などで苦労されたり、他人が簡単にできることができなかったりと負の側面はあるものの、他人ができない離れ業をやってのける「天才脳」などを持っている自閉スペクトラム症の方たちもいらっしゃいます。

何年何月何日は何曜日であることを、卓抜した暗算力で一瞬のうちに計算してのけたり。
一度目にしたものを写真のように一瞬で脳に刻みつけるカメラアイの能力があったり。
そこまで顕著でなくとも、普通に記憶力や暗記力にすぐれていて高学歴だったり、仕事で活躍したり、芸術的才能に恵まれていたりする方たちもいらっしゃいます。

自閉スペクトラム症であるから「見込みありません」というわけでもないのです。




富野由悠季のカミーユ嫌いは同族嫌悪かも

富野監督も、自分の「居場所」確保に苦慮していた気配があります。
富野由悠季自伝『ターンエーの癒やし』で、親友が一人もおらず、奥さんをのぞいては孤独であったと述懐しています。
親友なしで孤独であるなら、家庭ではともかく、世間に「居場所」はなかったでしょうね。
この著書を書いた2000年ごろには、その孤独感もそれなりにやわらいだとのことですが。

富野監督はテレビ版のカミーユを嫌っていますが、二人はよく似ているように思えます。
もしかしたら、富野監督のカミーユ嫌いは同族嫌悪なのかもしれませんね。

カミーユ・ビダン……カミーユ・クローデルの数奇な運命(ロダンとの恋)『機動戦士Zガンダム』



カミーユ・ビダン


カミーユ・ビダンは、自分の名前が女性名であることにコンプレックスをいだいていました。
(ただし、地域によっては「カミーユ」は男性名でもある)
そのため、それをからかった(あるいはカミーユが勝手にそう思いこんだ)ジェリドを殴り、憲兵に逮捕され、留置所から脱走し、グリーンノアを襲撃したエゥーゴと合流、そのままグリプス戦役に身を投じ、波乱の人生をおくることになります。




カミーユ・クローデル


その「カミーユ」のネーミングのモデルになったカミーユ・クローデルは、数奇な人生をおくった女性でした。
もしかしたら、カミーユ・クローデルから「カミーユ」の名を拝借したとき、TV版『Z』ラストにおいてカミーユが精神を喪失する運命は定まったのかもしれません。
カミーユ・クローデルその人が、精神の病におちいり、そのまま人生を閉じた女性なのです。




カミーユ・ビダンとカミーユ・クローデル


クローデルは美しい女性でした。
きわめて美しい。
秀麗な目鼻立ち、物憂げな表情が神秘的。
写真を見てみると、クローデルはカミーユのルックスのモデルにもなったのではないかと、そんな気もします。

黒髪であることもおなじなのですが、ヘアスタイルも似ています。
わたしの個人的感想では、目鼻も酷似しているような。
女性らしい厚い唇を隠して見てみると、驚くほどカミーユに似ているようにおもえるのです。
もちろん、カミーユの名前由来の女性であるというバイアスがそうおもわせるのかもしれませんが。



家族との確執という点でも、2人のカミーユは共通しています。
クローデルは母と。
カミーユはとくに父と。
ただ、恋人に関してカミーユはめぐまれていました。
ファ・ユイリィの献身的な看護は、カミーユの救いであったでしょう。
しかし、もう一方のカミーユは、その恋人にすらめぐまれませんでした。
邪悪ではなかったのかもしれませんが、不実で優柔不断な愛人だったのです。
クローデルは、母の愛にめぐまれず、愛人の誠実さにもめぐまれなかった女性でした。




カミーユ・クローデルとロダン


カミーユ・クローデルは1864年生まれの彫刻家。
芸術家としての豊かな才能、きわだった美貌は、彼女に彫刻家として、かつ一人の女性としての成功を約束しているようにおもえたかもしれません。
しかし、運命はその逆をカミーユ・クローデルに歩ませることになります。

19歳のとき、クローデルはオーギュスト・ロダンに弟子入りします。
ロダンこそが、のちの不実にして優柔不断なクローデルの愛人です。

ロダンは、『考える人』があまりに有名な彫刻界の大巨匠。
ほかにも『カレーの市民』『地獄の門』などの代表作があり、高校世界史の教科書・参考書の常連。
歴史に残る大彫刻家です。

とはいえ、若いころのロダンの人生は順風満帆ではありませんでした。
要求される技術的水準がさほど高くない美術学校に、17歳から3年間にわたり不合格。
まったく相手にされなかったといいます。
入学をあきらめざるをえなかったロダンは、装飾職人になります。
しかし、戦争による不況などもあって、30歳まで家族を養う稼ぎを得られませんでした。

23歳のころには、経済的な援助をしてくれていた姉が亡くなります。
ロダンの紹介した恋人と破局し精神を病んだ姉は、俗世を捨てて修道女になりますが修道院で体調を崩して病没。
ロダンは、知人を姉に紹介したことに激しい罪悪感をいだいていたといいます。

そんなロダンも、40歳のころ、『青銅時代』がパリのサロンに入選、審査員からの絶賛を受け、ロダンの名前は一躍フランスじゅうに知れわたりました。
そして、その盛名を慕い、ロダン42歳のとき、19歳のクローデルが弟子入りします。
モデル兼助手として雇われました。
さほど間を置かず二人は、愛し合うようになります。
15年におよぶ恋がはじまったのです。




女癖の悪い優柔不断なロダン


ロダンには4歳年下の内縁の妻がいました。
入籍はしていませんが、ロダン24歳のときから連れ添う事実上の妻です。
鳴かず飛ばすであったロダンを、物心両面でささえた糟糠(そうこう)の妻でした。
2人のあいだには子供もいます。
妻の名はローズ

以前より、ロダンは浮気を繰り返していました。
クローデルにたいしても、自分から言い寄っていきました。
懲りない男なのです。
クローデルにとっては初恋だったともいいます。

ロダンは、ローズには安らぎと平穏を、クローデルには美貌と才能がもたらす刺激的な関係をもとめたといいます。
ローズとクローデルの双方からどちらを選ぶのか迫られることが幾度もありましたが、ロダンは優柔不断な男でした、答えをいつまでも出せないまま、ずるずるとその関係がつづきます。
私見になりますが、シスターコンプレックスかもしれないロダンは、ローズに亡くなった姉の面影を見ていたのかもしれません。
自分が死なせたのではないかという罪悪感をもつ姉。
姉につつまれるような安らぎと安穏を、ロダンはローズから得ていたのかもしれません。
だとすると、その点でもクローデルは分の悪い恋に身を投じたといえるかもしれません。




カミーユ・クローデル……恋に破れて


クローデルは、ロダンとの結婚を夢見ていました。
しかし、ロダンにはローズを捨てる意思はありませんでした。
ローズは妻、クローデルは美貌の恋人、それがロダンの終始変わらぬスタンスでした。
(一説には、ローズが嫉妬深く、こわくて別れ話を言い出せなかったとも)

20代後半にはロダンの子を身ごもります。
しかし、それを知ったロダンは中絶させます。
この堕胎のころから、徐々にクローデルの精神は崩れはじめたともいわれています。

30代半ば、ロダンとの15年の関係は破綻しました。
クローデルとの恋に疲れたロダンは、ローズのもとへ帰っていったのです。
クローデルの精神はさらに崩れ……。




カミーユ・クローデル、精神病院に


ロダンと別れたあとも、ロダンの影がクローデルにはつきまといます。
傑作をつくりあげてもロダンの模造ということで、だれもクローデルの作品には見向きもしませんでした。
フランスにおいて「我が国の栄光」とまで評されたことのあるクローデルの才能は、ロダンの模倣の一言で片づけられてしまうようになったのです。
作品は売れず、クローデルは極貧に。
友人はなし。
家族からは孤立。
ロダンへの憎しみは募る。
そんななか、40代後半、統合失調症を発症。
1913年、48歳のときにパリ郊外の精神病院に。
第一次世界大戦(1914~1918)の影響で、南仏の精神病院に。
30年間、クローデルは亡くなるまで精神病院に入院しつづけました。




カミーユ・クローデル……家族に恵まれなかった女性


ロダンとの不倫にのめりこんだ要因の一つに、家族からの孤立があったともいいます。
クローデルは、母親に愛されませんでした。
もともと、母親は子供が好きではなかったといいます。
さらにクローデルは、保守的な母親がまったく理解できない芸術に情熱をかたむける娘でした。
クローデルは母に嫌われていたのです。
母と妹は、一度も見舞に来ることはなかったそうです。
4歳下の弟だけが年に一度(数年に一度?)、姉を見舞ったそうです。
それも、弟が結婚し、外交官として国外に赴任すると途絶えがちになったといいます。
クローデルは寂しい女性だったのです。




ロダンの末期(まつご)の言葉「パリに残した、若いほうの妻に逢いたい」


1917年、ローズに死期が迫っていました。
そんななか、ロダンはついに結婚の手続きをしました。
ロダン77歳、ローズ73歳。
50有余年にしてついに結婚。
その影には、クローデルの犠牲がありました。
結婚の16日後にローズ死去。
その9か月後の1917年11月17日、ロダン死去。

ロダン末期の言葉は、
「パリに残した、若いほうの妻に逢いたい」
であったそうです。
これは、クローデルのために喜ぶべきなのでしょうか。
それとも、男の身勝手な願望とののしるべきでしょうか。

女性にもてないわたしなどからすると、都合よくふざけるな、と言いたいところです。
しかし、クローデルのことをおもうと、せめてもの慰めととらえるべきなのでしょうか。

人は、手に入れられないものへの情熱には身を焦がしますが、手に入れたものの大切さには気づきにくいのでしょうか。
もてたらもてたで大変ということですかね?
わたしには、さっぱりその気持ちがわかりません。




カミーユ・クローデルの晩年


晩年のクローデルは、ロダンを憎み、周囲の患者の方たちを見下すことで精神の孤高をたもったといいます。
ロダンへの憎しみはともかく、苦しみを分かちあうべき他の患者の方たちを蔑むというのは哀しいことです。
それだけ、クローデルは寂しい人だったのでしょう。
また、クローデルは終生、故郷に帰ることを望みましたが、その願いがかなうことはついにありませんでした。




カミーユ・クローデルからカミーユ・ビダンへ……


1943年、78歳(79歳)、カミーユ・クローデル没。



1985年、カミーユ・クローデルの「カミーユ」を戴いたカミーユ・ビダン……。