FC2ブログ

Contents

『∀ガンダム』……我々の文明も1万年後には超古代文明(&渡良瀬遊水地)



先日(2019.5.16)、渡良瀬遊水地(わたらせゆうすいち)にいってきました。
渡良瀬遊水地は、栃木・茨城・群馬・埼玉の4県にまたがる日本最大の遊水地。
渡良瀬川に思川(おもいがわ)・巴波川(うずまがわ)が合流する地点での洪水対策など治水・利水がいまの主目的。
(歴史的には、天皇に死罪覚悟で直訴した田中正造で知られる足尾鉱毒事件の鉱毒を沈殿させ無害化させるため)

遊水地全体の面積は33km²。
貯水池である谷中湖は4.5km²。
4.5km²以外の28.5km²には、遊水地内にはりめぐらされた道路や川、池、沼、公園、運動場、野球場、ゴルフ場などがありますが、大部分は湿地帯。
水鳥と湿地に関する国際条約であるラムサール条約にも登録された、広大な湿地帯がつづいています。
湿地帯は鳥獣保護区でもあり、鳥たちの澄んださえずり声が静かな湿地帯に神秘的に響きわたっています。

湿地帯は、いわばジャングル。
広大なヨシ原(よしはら)がひろがります。
ヨシの丈は1m~3mほどといいます。
ほぼ人の背丈。
高い木々も群生しているわけではなく、まばらに生えているだけで通行のさまたげにはなりません。
ジャングルから連想される病原菌とも無縁で(日本の河川敷程度の病気のリスクはあるでしょうが)、遊水地内の道路を進むのは快適そのもの。
安全安心版の小型ジャングルといえましょうか。

今回は時間の都合で、遊水地内にははいりませんでした。
遊水地をかこむ、散歩道とサイクリングロードになっている堤防の北側を自転車で流した程度。

いままでに何度か遊水地内をサイクリングしたことがありますが、正直、女性一人のサイクリングはお勧めできません。
遊水地内には自動車1台が通れるくらいの平坦な道がもうけられていますが、その両側は人間の背丈ほどの草が密生していて視界がほかからさえぎられています。
自転車/自動車の通行人がまったくいないというわけではないのですが、とぎれがち。
なにかあったときに人に助けをもとめるのはむずかしい。

逆に、人目を気にしなくていいのは、わたしにとってはありがたい。
「天にも地にも自分一人」の解放感を満喫できます。

ただ、自動車が前方から来るとき、後方から迫ってくるときにはちょっと緊張します。
もし万が一の場合は、自分の力のみをたよりに応戦しなければなりません。
ケンカが弱いくせに、「なんとかなるだろう、いざとなったら凶器で応戦だ」というへんな(根拠のない)自信をもっていなければ、とてもではないですが快適なサイクリングとはいかなかったでしょう。
(ただし、治安の悪い地域ではないので、用心は念のためということで)

道路からちょっとだけ草をかきわけ進むと、いたるところにきれいな池や沼などがあります。
そこで休憩や食事というのもよさそうです。
池や沼も周囲から視界がさえぎられているので、一人がこわくなければ落ちつけること請け合いです。
……AVの撮影にもうってつけ。
(それくらい、秘密の場所がそこかしこにあります)



高い堤防から、視界の果てまでえんえんとつらなる湿地帯を見下ろすと、ヨシ原の波、波、波。
わたしの見ているまえで、軽の自動車が堤防をくだって遊水地内部へ走っていきましたが、自動車が大自然に呑みこまれそうなくらいにか細い。
つい安否を心配してしまうほどに、ヨシ原は圧倒的。
なにか、その軽自動車がおのれの生命をかけてヨシ原にいどむ戦士のような気がして、心のなかで「無事でいてくれよ」と無意識のうちに願っていました。

ヨシ原のところどころに、ヨシよりも高い木々が姿をのぞかせています。
そして、遠方に人工物らしき直立した塔が……。
湿気にけぶるその建造物は現実感にとぼしく、まるで太古に衰退した超古代文明の遺跡のように死の雰囲気をまといつかせている。
まるで、『風の谷のナウシカ』(原作1982~1994、劇場アニメ1984)の1000年前に栄え崩壊した高度産業文明の残滓(ざんし)のよう。
ヨシ原は、さながら「腐海」。

そんな夢想をさせる塔の正体は、水位観測所。
建物3階ぶんくらいの細長い鉄製の建物。
物見やぐらのごとき形状。
支柱のまわりに外付けの螺旋階段がついていて、その階段をのぼって支柱のうえにある円柱形の部屋から水位を観測するようです。

この水位観測所の塔は、かつて何度か近くで目にしましたが、そのたびごとに「失われた超古代文明」の遺物を連想させられました。
なにしろ、白いペンキで塗装されている鉄製の外壁が、全面的にサビで埋め尽くされているのです。
雨にさらされてか、洪水で水につかってか、濃密な湿気による自然の風化か、赤茶けたサビ、サビ、サビ。
そのため廃墟と化しているようにしか見えない。
「死の都」に残された、かつての文明のむなしい痕跡のよう。
周囲にだれもいない湿地帯のなか、この観測塔を目の前にし、おもわず、辺境を旅していて超古代文明の残り香に出くわしてしまった旅人の心境になりました。
鳥たちだけが、無邪気に鳴いていました。





ガンダムでいうと、古代の遺跡といえば『∀ガンダム』でしょうか。
『∀』の時代は、宇宙世紀からおよそ一万年後の世界。
(ただし、異説あり)

宇宙世紀など「黒歴史」の兵器や遺産が世界各地のマウンテンサイクルから掘り起こされ、科学技術の発展した月の民であるムーンレイスに対抗しようとしていました。
ナノマシーンによる自己修復をされていたからでしょうか、かなりの年月が経っていたにもかかわらず、MSなどはかなり真新しい状態で発掘されていました。
見た目には、あまり古めかしい感じがしない。
どちらかといえば、水位観測塔のようにサビなどで汚れていたほうが、歳月の重みからくるありがたみも増したような気がしますが。



ちなみに、発掘されるMSのなかに当初、『Z』のバウンド・ドックが予定されていました。
諸般の事情で中止に。
一説には、「サービスしすぎ」ということで取りやめになったとのこと。
コミックボンボン版の漫画は準備稿をもとに設定されている関係から、バウンド・ドックがマウンテンサイクルから発掘されるシーンが描かれているそうです。

その代わりのサービスが、バウンド・ドックにどことなく似ているディアナ・カウンター所属MSのムットゥーです。

ジェリド・メサ、ロザミア・バダム、ゲーツ・キャパの3人が搭乗したバウンド・ドック。
とくに、いくつものMSを乗り換えてきたジェリド最後の愛機として、わたしには印象深い機体です。
宇宙世紀は、『∀』のおよそ一万年前の太古の時代。

一万年前に、ジェリドが因縁のカミーユとの戦いに敗れて死んでいった機体がバウンド・ドック。
一万年もあれば、いろいろなことが起きるでしょう。
生まれ変わりというものがあるのなら、そのあいだには、もしかしたらジェリドとカミーユは仲間になってともに戦っていたなどという運命も考えられるわけです。
恩讐(おんしゅう)は時のかなたに、というやつです。
もしかしたら、ジェリドの生まれ変わりが『∀』でバウンド・ドックに搭乗していたかもしれない。
その可能性を夢想するには、バウンド・ドックが『∀』に登場する必要がありました。
その点ではちょっと残念だったかもしれませんが、ジェリドとバウンド・ドックのイメージが壊されるおそれもあるわけで、思い出は思い出のままに、わたしにとってはバウンド・ドック出演却下は都合がよかったかもしれません。





文明が滅んで一万年たてば、われわれの持物も『超古代文明の遺物』になるかもしれません。
知恵の輪など、それが玩具であることが忘れられれば、なにやら奥深い意味をもった秘密の道具だとおもわれるかもしれません。
そして、こう命名されるのです、超古代の叡智をひもとくカギになるアイテム、だから「知恵の輪」と。

われわれのガンプラだって、土偶や埴輪(はにわ)のように超古代の祭祀にもちいられた呪具(じゅぐ)だとおもわれるかもしれません。
マンガは、意味不明の言葉が羅列された超古代宗教の絵入りの経典とか。
パタリロ』や『クレヨンしんちゃん』が、絵で図解された宗教の奥義書だと勘違いされる可能性もあるわけです。

水位観測塔も、本当に「超古代文明の遺物」だとおもわれかねない。
宇宙人が瞬間移動して地球にやって来た証拠だとかなんとか。
内部の機械をすべて持ち去って、その外殻だけが残された瞬間移動機械のなれの果てだとかなんとか。
そして、わずかに付着した白い塗料からこう呼ぶようになるかもしれません、「ホワイトドール」。
ただ、そのころには白=ホワイトをあらわす英語は言語としてとっくの昔に死滅し、通用しなくなっているとおもいますが。