FC2ブログ

Contents

『ダロス』……「ダロス」は地球からは見えない月の裏側にいる神?


史上初のOVAは『ダロス』第一話でなく『ダロス』第二話というちょっと中途半端なことに

最近(2020.1.2)、史上初のOVA『ダロス』(1983-84、全四話)の第一話「リメンバー・バーソロミュー」(84)を観ました。

(ちなみに、第一話は1984年1月28日発売。
第一話が戦闘シーンなどにとぼしく地味すぎるということで、83年12月21日に第二話「ダロス破壊指令!」が先に発売されました。
そのため、記念すべき史上初のOVAは『ダロス』第一話でなく『ダロス』第二話という、ちょっと中途半端なことになってしまいました)

【※「ダロス」についてネタバレあり】




「ダロス」は太古より存在する月の裏側の荒ぶる神か?

『ダロス』では、月の裏側に太古より存在する、どのような文明が築いたのかさだかでない巨大機械構造物「ダロス」が存在していて、21世紀末、地球に支配され搾取された月の住民(ルナリアン)たちは心のよりどころとして「ダロス」を神のように崇めていました。

この「ダロス」、じつは、地球の人間のみならずルナリアンにとってもとんでもない……神のなかでも暴神ともいうべき恐るべき存在でした。
攻撃されると防衛機構が発動して、相手を破壊しつくすのです。

地球連邦政府の圧政と搾取にたいし、階級闘争の革命をはじめたルナリアン。
その抵抗のシンボルである「ダロス」を、地球連邦軍は破壊しようとしました。
そのとき防衛機構が発動、あろうことかその攻撃は敵である地球連邦の軍人だけでなく、自分を神のごとく崇めるルナリアンにも向けられたのです。
怒りに我を忘れると手がつけられなくなる「荒ぶる神」のように、「ダロス」の攻撃は見境のないものでした。

ちょっと、『伝説巨神イデオン』(1980-81)の伝説の無限力である「イデ」に似ています。
ただ、第一話の段階ではちょっとだけその巨体を見せたにすぎません。
「ダロス」が目覚めるのは、まだもうちょっと後のことになります。




地球からは見えない月の裏側には、なにかがいる……

それにしても、月の裏側とは魅力的です。
太古からある巨大な機械がいまの我々に未知の存在であるのは、月は地球にたいして絶えず表側を向けていて、どうあっても月の裏側を地球からは目視できないからです。
ですから、月の裏側にはなにがあるかわかりません。

80年代にアメリカのSFドラマで『V』(1983)という作品がありましたが、月の表側はいたって平穏なのですが、カメラがゆっくり月の裏側にまわっていくと、そこには地球侵略を策するヒト型爬虫類の異星人の宇宙船大艦隊がびっしり集結しているというシーンがありました。
これなども、地球からは目視できない月の裏側にはなにがひそんでいるかわからないぞ、という心理をうまく利用した描写でした。

そして、「ダロス」もまた、この見えないからこそ想像がふくらむ心理をうまくつきました。
地球から見えない月の裏側だからこそ、神とも怪物ともつかぬ得体の知れないものが太古から眠りつづけているという説得力を生みだしえたのでしょう。

月は夜の女王。
しかし、女性の裏の顔は本当はおそろしいものなのかもしれません。
(おそろしいので、ここでは、「そんなことないよ」と言っておきますが……)