FC2ブログ

記事一覧

本能寺の変の最初の犠牲者……農民たち




本能寺の変

『本能寺の変』の最初の死者は誰でしょう?

『本能寺の変』とそれに後続した戦乱・混沌で、多くの人間が討死・戦没しました。

明智光秀、斎藤利三(としみつ)、明智秀満(ひでみつ)、織田信澄[津田信澄]、溝尾茂朝(しげとも)[庄兵衛、惣兵衛]、伊勢貞興(さだおき)。
織田信長、織田信忠、森成利(なりとし)[乱、乱丸、蘭丸]、毛利良勝[新介]、村井貞勝。
穴山信君(のぶただ)。
本多信俊(のぶとし)。
川尻秀隆(ひでたか)。
などなど。

著名な人物から、それなりに有名な人物まで挙げてみましたが、死者のごくごく一部。

本能寺の変(織田信長×明智光秀)。
山崎の合戦(明智光秀×羽柴秀吉)
武田旧臣の武力蜂起(信濃甲斐の織田方武将×武田旧臣)
神流川(かんながわ)の戦い(北条氏直×滝川一益)
天正壬午の乱(北条氏直×徳川家康)
などなど。

本能寺の謀反とその余波は、死者の名簿に、膨大な人名を刻みつけたのでした。


本能寺跡·フォトック
                      『フォトック』さん御提供
                      【本能寺跡】



本能寺の変と継起した戦乱の死者

『本能寺の変』
織田信長方は手勢20~30人、150~160人など諸説あり。
本能寺で57名ほど(『信長公記』による死者の合計から『ウィキペディア』が算出)が討死・自害をしたなどなど。

織田信忠方は、手勢1,000(『惟任退治記』)~1,500人ほど。
信長死後、二条城で明智の軍勢を迎え討ちました。
死者は、63名(『当代記』)、430名(『明智軍記』)、郎党だけでも200名あまり(『義残後覚』ぎざんこうかく)、ほとんど生存者がいなかった(『本能寺の変 431年目の真実』明智憲三郎、242ページ)などなど。

明智光秀方は定説だと13,000の軍勢で、死者168名(『惟任退治記』)などなど。

『山崎の戦い』
羽柴秀吉方は定説で手勢40,000(ただし諸説あって20,000~40,000『ウィキペディア』)。
3,300名の死者などなど。

明智光秀方は定説で手勢15,000(こちらも諸説あって10,000~16,000『ウィキペディア』)。
3,000名の死者などなど。

『武田の旧臣一揆』
不明。

ただし、甲斐(穴山信君領以外)の支配者・川尻秀隆の軍勢は3,000。
その大軍が、武田旧臣の一揆に敗れ、生き残った者は各地に散り散りになって逃れた(『当代記』)といいます。

武田武士たちにより、甲斐の織田の軍勢は土崩瓦解した印象です。

信長死去後の人心の動揺があったとはいえ、3,000の大軍を崩壊させたのですから、相当な人数が一揆に参加していたのではないでしょうか。

信長の武田残党狩りは苛烈をきわめたため、多くの武田旧臣が各地に潜伏していました。
たとえば、織田軍による信州飯山城の一揆攻めでは、武田旧臣(一向宗門徒も武田旧臣と同盟して一揆に多数参加とも)8,000のうち1,200名が討死、城内にいた女性·子供も1,000名あまりが犠牲になったといいます。

武田への恨みなのでしょうか、それとも、抵抗する戦国大名たちへの見せしめなのでしょうか。

この酷烈さへの憎しみからか、信長の横死を契機に、甲斐信濃の武田旧臣たちは、織田の諸将へと一斉に襲いかかったのです。

川尻軍の死者は、相当なものであったことが類推されます。

また、信濃では、小諸(こもろ)城の道家正栄(どうけまさひで)以外の、海津城の森長可(ながよし)、飯田城の毛利秀頼が城を棄て、それぞれ美濃·尾張に逃走しています。
甲斐のみならず、信濃でも武田の圧力は相当なものだったのでしょう。

『神流川の戦い』
北条氏直の手勢50,000(『上州治乱記』)。
死者500名あまり(『上州治乱記』)などなど。

滝川一益の手勢18,000(『上州治乱記』)。
死者およそ2,000名(『北条五代記』)などなど。

『天正壬午の乱』
北条氏直の手勢53,000以上。
死者300(ウィキペディア参照)などなど。

滝川一益の手勢10,000以上。
死者不明(ウィキペディア参照)などなど。

戦国時代の兵・死者数には、ほぼ決まって諸説あるため、などなどの羅列になってしまいましたが、当時の人口からすると、驚くほどの死者数に上ることは間違いないようです。

では、これらの死者の先駆け……ありがたくない先駆けであり、望んでもいない先駆けですが……は誰だったのでしょうか。



農民たち

農民だったのです。

丹波口から京に入るあたり。
夜明け前から、農民たちが農作業をしていました。
季節は夏、早朝から瓜の畑作業をしていた農民が20人から30人(『近世日本国民史 第3巻』<織田氏時代 後篇> 徳富猪一郎[蘇峰])、そこにはいたのです。

いつもの日常。
畑作業が終われば家に帰るか、仲間たちと飯を食うのか、酒を飲むのか。
戦乱の世とはいえ、京都周辺は織田家の深い内懐(うちぶところ)にあり、合戦場からは遠い距離に位置しています。
今日明日の生命とは思っていなかったでしょう。

1日がまた始まる……。

そんなところだったでしょうか。
なんの変哲もない1日のはずでした。

これより少し前のこと。
明智光秀は、安田国継【安田作兵衛、のちに天野源右衛門】を呼び出しました。

明智の軍勢は、夜中、老の坂峠(亀岡市【旧名·亀山】と京都市の境にある峠)を越え、沓掛の在所(現西京区大枝沓掛町)で兵糧をつかっていました。

沓とは馬用の草鞋(わらじ)のこと。
沓掛は、峠を越えた、あるいは峠をこれから越える旅人が、馬の沓を履き替えさせ、旅の安全を祈った場所だったのではないかとの説があります。

真夜中、闇に沈む山の麓(ふもと)で、大軍勢が食事をとっているなか、安田作兵衛は光秀から密命を受けました。

味方勢より本能寺に注進におよぶ者をば、討ち捨てにせよ。

先行して、もし、味方から信長に明智勢の不穏を知らせようとする者がいたら、待ちかまえて斬り捨てよというのです。

しかし、この命令により、斬られるのは武士ではありませんでした。
旅の安全を祈ったかもしれない沓掛で下された命により、害されたのは、戦に無関係な農民たちでした。

急ぎ先行した安田作兵衛の軍勢は、京都郊外で、畑作業をしている農民たちを見かけました。

光秀の命令は、本能寺に注進におよぶ味方からの裏切者を成敗するのが本旨でした。
もちろん、信長方の武士、本能寺に知らせようというのであれば農民も市民も斬り捨ての対象になったでしょう。
しかし、農民たちは、元からそこにいて畑作業をしていただけです。

兵士が急ぎ来るのに仰天して、逃げ惑いました。

安田作兵衛は、農民たちに罪のないことを知りつつ、用心のため農民殺害を命じました。

農民たちは、すべて斬り捨てられました。



原文(『近世日本国民史 第3巻』<織田氏時代 後篇>)を、一部意訳したものが以下の文章です。

『夏ゆえ東寺邊(へん)の野に瓜を作る者ども、その畠畠(はたけはたけ)にこれあり候へしが、武者を見つけ、方々(ほうぼう)へ逃げ散り候ところに、もしもや本能寺に申し上げるのかとて、押付追廻(おしつけおいまわし)20、30人も切り殺し候。科(とが)なき者にて候へども、念のため……』

「押付追廻」というのがなんとも……。
「押付追廻」された農民たちの恐怖はいかばかりであったことか。

阿鼻叫喚でありましたでしょう。
抵抗することができず、ただ逃げるだけ。
悲鳴と断末魔の叫びに、辺りは支配されていたでしょうか。

もしかしたら、どうせ殺されるならと反攻に転じた農民もいたかもしれません。
しかし、多勢に無勢、また戦いに慣れた武士を相手にどれだけのことができたでしょう。

おそらく、事は短時間で終わったでしょう。

そして、罪のない農民たち20から30名は、息をしない骸と化しました。

泣き、笑い、すべての営みがそこで終わったのです。




美山町·フォト蔵
                                                                                                         『フォト蔵』さん御提供
                                     【京都郊外】    



天下泥棒

『異説 本能寺 信長殺すべし』(著者·岩崎正 講談社ノベルス 1993年·講談社文庫 1996年)では、農民たちは収穫泥棒を警戒して見張りをしていたのだろう、というのです。

農民たちには失礼ですが、これは面白い説だなと思いました。

収穫物である瓜どころか、生命を奪われてしまうのですから。
瓜泥棒を用心していたら、天下泥棒がやって来てしまうのです。
瓜という、比較的価値の低いもののために、農民たちは生命という貴重なものを失ってしまうのです。

同時に、そのことが、農民たちの憐れを誘います。
農民たちは、真面目に、こつこつと地道な利益を追い求めていたわけです。
農作業というのは、例外を除いては、一攫千金は難しいでしょう。

武士はどうでしょう?
合戦で手柄を立てれば、一朝にして、名声も、富貴も、権力も手に入れます。
土地、官位、家臣、立身出世、家中の差配などなど。

旨味が大きいかわりに、命を懸けなければなりません。

農民たちは、それらの旨味を得られないかわり、命を懸けなくて良い。
もちろん、農民も兵士として動員されれば、否応なく戦場で命の危険に晒されなければなりません。
しかし、それも、そのときだけです。

農民から武士へと出世した、秀吉や春日虎綱(高坂昌信)のような人物もいますが、彼らは武士になる利益の代償として命を懸けることに同意しました。

ですが、農民のほとんどは、武士の利益より、平穏を選んだのです。
あるいは、武士になりたくても、その能力がない、縁故がないということもあったでしょう。
それでも、武士としての利益を受けていないわけですから、命を懸ける必要はないわけです。

それなのに、武士の野望のために、懸ける必要のない生命を奪われたのです。
利益なくして、被害のみ。
それも、殺害されるという過度に重度の被害を。



本能寺の変が残したもの

わたしは、明智贔屓(びいき)です。
中学生·高校生のころから、明智光秀は五本指、おそらくは三本指に入る、戦国時代の好きな人物でした。
明智贔屓のわたしですが、この件に関しては、贔屓する気はありません。

安田作兵衛が現場で決断したわけですが、光秀には主君としての責任があります。

光秀とその家臣たちは、山崎の合戦に勝つなり、引き分けなりして、そこから始まる織田家中の争いに勝ち残れば、とてつもない栄華を掌中に収めることができました。

征夷大将軍でしょうか、摂政・関白でしょうか、控え目に副将軍や管領でしょうか。

山崎で敗れ、醍醐・山科・小栗栖のあたりで光秀が死んだため、それは実現しませんでしたが、その機会はあったわけです。

その機会すらなかったのが、害(そこな)われた農民たちでした。


勧修寺·山科·フォト蔵400px
                                                     『フォト蔵』さん御提供

       【光秀落命地の1つに比定される山科の勧修寺あたり
               農民たちが亡くなった11日後に死没】



ただ、安田作兵衛にしてからが、天魔に等しい織田信長を討つ謀反に加担しているという、途轍(とてつ)もない緊張状態のなかにいたのではないでしょうか。

どこまで冷静でいられましたか。

安田作兵衛の決断は、作戦遂行上必要なものとの冷徹な判断からなされたのでしょうか、恐怖の裏返しとしての過剰な防衛本能がなさしめたのでしょうか。

安田作兵衛は、先鋒として本能寺に突入。
信長に一番槍を入れ手傷を負わせ、信長を逃すため行く手を阻んだ森成利(乱丸)を、下腹部(股?)を槍で突かれ深手を負いつつも討ち果たしました。
山崎の合戦には、この傷がもとで不参加。
その後、数々の合戦に手柄を立てつつも、幾度か替えた主家への勤めが長続きせず、浮沈を繰り返します。
最後は、若いころの親友の寺沢広高に仕えます。
42歳のとき、頬にできた出来物の悪化を苦にして自害。


本能寺の変というと、最初の犠牲者は、本能寺を警護していた信長の馬廻(うままわり、親衛隊)あたりかな、と思っていました。

しかし、罪のない農民たちでした。

瓜づくりをしていた、農民たちでした。



仏像の安らぎの世界

 

Top Page > その他 > 戦国時代 > 本能寺の変の最初の犠牲者……農民たち

プロフィール

大検高校

Author:大検高校
1970年代前半生まれ。
栃木県出身・在住。
趣味は、アニメ・漫画・小説・歴史など。
とくに、80年代のものが好き(懐古趣味)。
偏差値40前半の高校入学・中退、大検合格、1浪して早稲田・政経経済へ。
大学受験のころから記憶の障害にかかり、大学卒業後も長期療養、2006~8年頃完治、のち10年間の趣味・勉強をしつつのリハビリのすえ2018年ブログ開始。
どうぞ、よろしく。

- Information -

2学期、皆さんがんばってください /学校がどうしてもいやなら、無理しないで休んでもいいとおもいますよ /偏差値上位の受験生に、追いつき、追い越せです

-- E N D --
.
.

カテゴリ別記事一覧

更新履歴



総記事数:

月別アーカイブ

全記事表示リンク

RSS

 

> tags
夏休み ロシア革命 アナスタシア 通信高校 通信制高校 名門高校 劣等感 高卒認定試験 大検 二月革命 十月革命 ボリシェヴィキ メンシェヴィキ 大学受験 世界史 三国志 スタディサプリ 通信教育 高校中退 学生証 無職 裏道 路地 科挙 李白 杜甫 ベリー公のいとも豪華なる時祷書 適度な緊張 アウトプット 模試 高校 偏差値 記憶 基礎 受験英語 マンガ世界史 新漫画ゼミナール大学受験らくらくブック世界史 受験 過去問 進研ゼミ Z会 最新世界史図説タペストリー 富野監督 富野由悠季 世界史用語集 必携世界史用語集 模型 プラモデル 野望のルーツ キリコ ボトムズ 装甲騎兵ボトムズ ガンダムZZ キャラ・スーン マシュマー・セロ 安彦良和 田神悠宇 巨神ゴーグ モビルスーツ ジャブロー Zガンダム ゲルググJ ポケットの中の戦争 ゲルググイェーガー ガンダムMSV ガンダムコレクション 水中用ザク ダバ エルガイム 平松広和 ガンダム バーニィ パブリク 制服 ハンムラビ法典 バビロン第一王朝 メソポタミア アッカド サルゴン シュメール ギルガメシュ 声優 漫画家 オーディション 料金 サービス イスラム史 うる星やつら イスラム 親友 夏休み前日 高卒認定予備校 遠距離通学 年号 学習法アドバイスTEL 体育 いじめ 受験生 曹操 袁紹 社会革命党 立憲民主党 ジャン=ジョレス 第2インターナショナル ハチ公 勘違い 大学生協 大学見物 オープンキャンパス 夏休みの悪魔 唐宋八大家 東京 格差 井上靖 敦煌 宇都宮 大学入学資格検定 名門校 低い偏差値 蒲松齢 范彊 張達 ラ講テープライブラリー 大学受験ラジオ講座 OVA オリジナル・ビデオ・アニメ ダロス 唐沢山 本能寺の変 戦国時代 農民 問題集 プロムナード世界史 タペストリー ビジュアル世界史問題集 地図問題 発達障害 天才

 

 

ページジャンプ


Presented by Asondara Nakamada. hen Game

グラフ ィカルとけい
ioi.toot

銀河英雄伝説



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

 

OUT %みのり書房

- Information -

よろしければ、また、どうぞ。

-- E N D --
.
.

管理メニュー

QRコード

QR