FC2ブログ

Contents

『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』「ポケットの中」の謎




『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』(1989.3.25~8.25)


『ポケットの中の戦争』のタイトルの由来には、レビル将軍関連のエピソードが1つある。
ただし、後づけである。
1991年に発売された『機動戦士ガンダム 戦略戦術大図鑑』が初出なのである。
しかも、この本は記述の多くが新たに設定されたものであり、さらに致命的なことには非公認設定本なのである。
だから、どこまで公認されたものであるのか不明なことをお断りしておく。
(また、『機動戦士ガンダム 戦略戦術大図鑑』を所持しておらず、2003年ごろに伝え聞いた内容もふくむため信憑性に疑いがあることを承知されたい)


コンペイトウ(ソロモン)に駐留していたレビル将軍は、民間人の死者246名、重軽傷者572名を出したリボーコロニーの「戦争」の報告を受けた。
レビル将軍はその報告に、
「しょせんは、ポケットの中の戦争に過ぎんさ。我々には、もっと大きな戦場が待っている」
(『機動戦士ガンダム 公式百科事典』(講談社)から引用)
という言葉を洩らしたという。
このレビル将軍の言葉から、「ポケットの中の戦争」と命名されたという。


ただし、これは後づけなので、1989年当時、『ポケットの中の戦争』というタイトルがなにに由来しているのかはいまも不明なのかもしれない。


わたしが2003年ごろに読んだはなしでは、このリボーコロニーの「戦い」の概要をしるした紙(メモ?)を受け取り、目を通したレビル将軍は、星一号作戦(ア・バオア・クー攻略戦)という勝敗を決する大事を前にして、「些細な事、いまはそれどころではない」という感じで、軍服のポケットの中に無造作にその紙を押し込んだ、そこから「ポケットの中の戦争」……顧慮する価値のないちっぽけな戦争というタイトルがつけられたというものであったが、これは本当なのだろうか?


そのあと、このエピソードに一度もお目にかかったことがない。
それとも、これも『機動戦士ガンダム 戦略戦術大図鑑』にしるされているのだろうか?


一度、古本屋で(古本価格が高そうなので)立ち読みをする機会を得たいものである。




感想
民間人の死者246名、重軽傷者572名の戦争でも「ポケットの中」なのである。
しかし、それはそうだろう。
一年戦争では、人類の半数が死にいたった。
かつ、戦争の犠牲者は民間人・軍人を問わず、0079年12月末をもってもやむことを知らない。


バーニィはこの「ポケットの中の戦争」で亡くなったわけだが、個人的に親しかったアルならぬレビルにその悲しさはわかろうわけもなかった
しかし、そのレビルも数日後にはソーラ・レイの「光の中の戦争」で亡くなるのである。


Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する