FC2ブログ

Contents

『宇宙世紀ガンダム』数字データ雑学 数字【2】にまつわる傾向と対策



■目次
1. MS-02『MSV』
2. L2(ラグランジュ2)……ア・バオア・クー攻防戦 ジオン/連邦戦力比『ガンダム』
3. 連邦軍第2連合艦隊……ティアンム中将麾下艦隊(ソロモンの戦い)『ガンダム』
4. 2隻分……MA-08 ビグ・ザムのコストはムサイ級軽巡洋艦の2隻分『ガンダム』
5. 2.2km……ジュピトリス級超大型輸送艦の全長『Z』
6. 20機分……RX-78 ガンダムのコストはRGM-79 ジムのコストの20倍『ガンダム』
7. 25歳……ヨナ・バシュタ、ミシェル・ルオ、リタ・ベルナルの年齢『NT』
8. 28機……ジャブロー攻防戦でガウ級攻撃空母から降下に成功したMSの機数。ジャブローの戦い ジオン/連邦戦力比『ガンダム』
9. 280隻……連邦軍突撃艇(パブリク突撃艇など)のソロモンの戦い参加機数『ガンダム』
10. 2045年……スペースコロニー建造開始



2


MS-02……MS-01の機動性を向上。




L2……ラグランジュ2(『機動戦士ガンダム』)
    サイド3とア・バオア・クーが存在する【ア・バオア・クーはL1の異説あり】。

    「ア・バオア・クーの戦い戦力比(真偽不明)」
    ジオン公国
     ドロス級大型輸送空母 2隻(1番艦「ドロス」、2番艦「ドロワ」。ともに撃沈)
     グワジン級大型戦艦 4隻【5隻説あり】(「グワジン」「グワデン」「アサルム」「グワリブ」。「グワラン」参戦不明。損害不明)
     巡洋艦(チベ級高速重巡洋艦ムサイ級軽巡洋艦ザンジバル級機動巡洋艦) 41隻(30隻以上撃沈・大破)【ザンジバル込みかは不明】
     突撃艇 46隻(ほぼ全滅。ジッコ突撃艇など)
     宇宙戦闘機 830機(120機以上未帰還。ガトル宇宙戦闘爆撃機など)
     要塞のビーム砲座 多数
     要塞のミサイル砲座 多数
     MS 3600機(3000機以上未帰還。MS-06FザクIIF型、MS-09Rリック・ドム、MS-14Aゲルググなど)

    地球連邦
     マゼラン級宇宙戦艦 18隻(14隻撃沈・大破)
     サラミス級宇宙巡洋艦 98隻(60隻撃沈・大破)
     突撃艇 110隻(ほぼ全滅。パブリク突撃艇など)
     輸送艦 84隻(コロンブス級改コロンブス級。MS母艦として運用多数。損害不明)
     宇宙戦闘機 900機(損害不明。トリアーエズ宇宙戦闘機など)
     ミサイル駆逐艦 ?隻
     ビーム砲艦 ?隻
     MS 4800機(4000機以上未帰還。RGM-79ジム、RB-79ボールなど)






連邦軍第2連合艦隊……ティアンム中将麾下(ソロモン戦)(『機動戦士ガンダム』)
           [連邦軍第3艦隊……ワッケイン大佐麾下【襟や肩の階級章が星3つのため少佐から大佐へ昇進か?】(ソロモン戦)]

           ソロモン戦は、第3艦隊が囮になり陽動作戦を展開、そのあいだに第2連合艦隊がソーラ・システムを準備した。
           ソーラ・システム作戦は成功し、ジオン公国は被害甚大。
           しかし、陽動作戦での第3艦隊の被害も多大で、ワッケイン大佐のマゼラン級戦艦「レナウン」も沈んでいる(劇場版)。
           前面に押し出してきた第2連合艦隊も、ドズル・ザビ中将のMA-08ビグ・ザムにより少なからぬ損害を受けた。
            [一説にビグ・ザムの戦果は、マゼラン級戦艦・サラミス級巡洋艦合計9隻、ボールを含めてMS21機撃破]
            [ビグ・ザムはムサイ級軽巡洋艦2隻分のコストともいわれるので、驚くべき戦果といえようか]

            [ワッケイン大佐麾下の艦隊は連合艦隊ではなく艦隊、連合艦隊より規模は小さい]



2隻分……MA-08ビグ・ザムのコストは、ムサイ級軽巡洋艦の2隻分(『機動戦士ガンダム』)
      [ビグ・ザムの戦果は、マゼラン級戦艦サラミス級巡洋艦合計9隻、ボールを含めたMS21機ともいわれる]



2.2km……ジュピトリス級超大型輸送艦の全長(『機動戦士Zガンダム』)
     艦首左側のブリッジは、それだけで巡洋艦クラスのサイズに匹敵する。

     ジュピトリスは、地球圏~木星を往復して、木星の大気圏からヘリウム3を採取してくるのが目的の艦。
     地球圏~木星の所要時間は、数か月、あるいは2年間などの説があり、往復だとその2倍、いずれにしても長期のミッションとなる。

     長期間の航海に耐えられるよう、中央リング状の構造体が回転して生み出された疑似重力がはたらく居住ブロックがある。
     艦中央後部には工場ブロックがあり、そこではMSの開発・製造が可能。
      「お前のジュピトリスは、巨大都市そのものの規模だものなあ」(ハマーン・カーンパプテマス・シロッコへのセリフ)
     巨大都市そのものの全長2.2kmの艦が、漆黒の深淵なる宇宙を、独り、自力航行するわけである。

     



20~29


20機分……RX-78ガンダムはRGM-79ジムの20倍の製造コストといわれる(ただし、真偽不明)(『機動戦士ガンダム』)
     [RGM-79ジムはRB-79ボールの4倍の製造コストといわれる]
     [RX-78ガンダムはMS-06ザクの7倍の製造コストといわれる]



25歳……『ガンダムNT(ナラティブ)』の主人公ヨナ・バシュタとヒロインのミシェル・ルオリタ・ベルナルの「不死鳥狩り」作戦時の年齢。
    『宇宙世紀ガンダム』の主人公・ヒロイン最年長。
      [『機動戦士ガンダム』の主人公(15~16歳)でもあった『逆襲のシャア』のアムロ(29歳)はのぞく]
      [『第08MS小隊』の主人公シロー・アマダは、一年戦争時、23歳]



28機……ジャブロー攻略戦(U.C.0079.11.30)における、ガウ級攻撃空母(一説に18機)から地上に降り立ったMSの数(『機動戦士ガンダム』)
    [ただし、これ以上の機数が降下に成功したという説もある]
    [28機というのは連邦軍のゴップ大将たちが把握したものなので、把握しきれなかったMS、あるいはMS部隊は存在したかもしれない]

    地上に降り立ったMS28機のうち、13機が撃破される。

    ガウ級攻撃空母は、8機が撃墜された。

    ドップは、ガウ1機に搭載できる機数が最大8なので、18×8=144機以下か?
    [ドップの航続距離は1200kmと短いので、ガウに搭載されてジャブロー近傍まで運ばれてきたとおもわれる]

    以下は、侵攻したジオン公国軍のMS。
    ガウから降下したMSは、MS-06ザク22機【23機説あり】、MS-07グフ13機、MS-09ドム7機、MSM-07ズゴック3機【異説あり】。

    そして水中から侵攻したのが、MSM-03ゴッグが2機、MSM-10ゾックが1機。
    さらに水中から侵攻した別動隊として、MSM-07Sズゴックが1機【異説あり】、MSM-04アッガイが4機【6機説あり】。
     【水中からジャブローに侵入したMSやMS部隊はもっと多数という説あり】

    MS-06は、MS-06F×10、MS-06F-2×4、MS-06S×3、MS-06Kザクキャノン×6という説もある[合計すると22機でなく23機]【真偽不明】。
    MS-07に関しては、13機のうち2機が実験的に投入されたMS-07C-3グフ重装型という説がある【真偽不明】。
    MS-09に関しては、7機のうちおよそ半数がMS-09F/TROPドム・トローペンという説がある【真偽不明】。
    [MS-06KザクキャノンやMS-07C-3グフ重装型、MS-09F/TROPドム・トローペンをジャブローで一度も目にしたことはないのだが……]

    以下は、迎撃した連邦軍のMS。
    RX-75ガンタンクが2機(WB隊とジャブローのもの)【真偽不明】。
    RX-77-2ガンキャノンが4機(WB隊の1機とジャブローでロールアウトしたばかりの3機)【真偽不明】。
    RX-77-4ガンキャノンIIが1機(試作機が出撃、しかし熱核反応炉の出力低下により交戦することなく撤退)【真偽不明】。
    RX-78-2ガンダム2号機
    [RX-79[G]陸戦型ガンダムやRX-78-6ガンダム6号機などが参戦したという異説あり]。
    RGM-79ジムが34機(うち1機が、TGM-79ジム・トレーナーという説あり)。
    [うち3機はRGM-79Lジム・ライトアーマーという異説もあるが、この段階(11.30)ではRGM-79Lは存在していないので無理だろう]
    [RGM-79Lは、ソロモン攻略戦(12.24)後にコンペイトウ(旧ソロモン)とルナツーでRGM-79を改修して誕生した]
    





200~299


280隻……ソロモン攻略戦における突撃艇数(未帰還220隻以上)(『機動戦士ガンダム』)
     [280隻すべてがパブリク突撃艇なのかは不明]
     [ちなみに、ア・バオア・クー攻防戦では110隻参加(ほぼ全滅)]

     ビーム攪乱幕を展開し、パブリク突撃艇はソロモン攻略戦において大活躍した。
     ア・バオア・クーにおいては、ソロモン戦の教訓を生かしたジオン公国の対策により、ソロモン戦ほどには活躍できなかった。





2000~2099


2045年……スペースコロニー建造開始【異説あり】
     [1999年……地球連邦政府樹立【異説あり】]
     [2009年……地球連邦軍設立【異説あり】]





数字データ雑学TOPへ

(参考文献:『GUNDAM HISTORICA』講談社、『GUNDAM FACT FILE』ディアゴスティーニ、『MOBILE SUIT GUNDAM THE MOVIES II』旭屋出版、『機動戦士Zガンダム』ラポート、『機動戦士ガンダム 公式百科事典』編著・皆川ゆか 講談社、『機動戦士ガンダム モビルスーツ 最強図鑑』双葉社)



Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する