FC2ブログ

Contents

『狼の血族』(1984) サラ・パターソン……消えた美少女



80年代の映画


わたしは、80年代の映画を観るのが好きです。

80年代はほぼ十代でした。
感受性の強い時期に、映画を観たり、雑誌などでその情報に触れたりしたため、作品を観るなり、当時の雑誌などを読むなりすると当時の若々しい感情がよみがえってきます。
懐古趣味というやつです。



それ以外にも、80年代の映画が好きな理由はいくつもあるのですが、その一つに、出演している女優さんや俳優さんはいま、どうしているのだろうと想像するのが楽しいということが挙げられます。

役者として大成できないと、ほぼ近況を知ることは不可能。
たとえば、ホラー映画に出演した女優さんだと、若さと美しさで映画に出演したものの役者としての実績はさしたるものもなく、そのあとが続かないということは良くあります。




『狼の血族』


『狼の血族』(1984)に主演したサラ・パターソンは、出演時、13歳の中学生でした。

作品は、赤ずきんちゃん的なメルヘンをベースにしたホラー映画。
ヒロインは、森に囲まれた小さな村に住む女の子。
将来の夫とさだめられた少年は、知的でなく、上品でもなく、美少年でもなく、性格が良いわけでもない。
そんな少女の前に、正体不明の狩人があらわれる。
村にはいない知性的で、物腰が上品で、そのくせセクシーな狩人にヒロインは惹かれていきます。
この、わたしでは一生なれないような魅力的な狩人が実は狼男で、それに気づいてもヒロインは狩人を相手に性に目覚めていくという、フロイト的な解釈を織り交ぜた傑作でした。

ホラー映画やSF映画などでは世界でも指折りの映画祭であった(いまは亡き)アボリアッツ・ファンタスティック映画祭(フランス)では、1985年、惜しくもグランプリは『ターミネーター』にさらわれましたが、次点ともいうべき審査員特別賞を受賞しています。
世界三大ファンタスティック映画祭といわれるシッチェス・カタロニア映画祭(スペイン)、ポルト国際映画祭(ポルトガル)では、グランプリを獲得しています。

監督のニール・ジョーダン(『クライング・ゲーム』『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』etc.)は、世界に雄飛する足掛かりをこの作品で得ました。




サラ・パターソン


サラ・パターソンは絶世の美少女で、世界中のマニアな人たちに大注目されましたが、メジャーな女優にはなれなかったようです。
ネットで調べてみても、ほぼ情報はなし。
現在も女優なのか、そうでなければいつ女優をやめたのかもわかりません。

ほぼ、わたしと同年齢のサラ・パターソン。
存命であれば、いま、40代後半。
サラ・パターソンはどんな人生を送っているのか……。
などと感慨にふけるのが堪らないわけです。
山あり谷ありであろう(と勝手に想像する)人生は、永遠につくられることはないであろう映画を夢想するような楽しさがあります。
悩み苦しむ姿(これも勝手な想像ですが)には共感も生まれます。

いやあ、映画って本当にいいですね……。
(おまえは、水野◯朗か?)

サラ・パターソンはどんな人生を送っているのでしょう。



Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する