FC2ブログ

Contents

ララァ・スン 富野由悠季初期設定では【白人&金髪】だった『機動戦士ガンダム』



ララァ・スンは白人&金髪になるはずだった


ララァ・スンは、富野監督の初期構想のなかでは「白人&金髪」だったといいます。
しかし、脚本家の「ニュータイプが出てくるならばこういう人たちから」という意見により、インド系の少女として再構想されたのだそうです。
(なぜ、ニュータイプがインド系なのかはわたしにはわかりません。ヨガや瞑想などの影響でしょうかね? それとも仏教発祥の地だから?)

2000年代、ムックか雑誌で「ララァは富野監督の当初の案では金髪の白人だった」という記事を読みました。
誌名は忘れました。
ネットで調べてみると、脚本家(わたしの記憶では安彦良和だったのですが)の意見により、金髪の白人からインド系に変更されたのは間違いなさそうです。

富野監督の頭のなかでは、初め、ララァは金髪の白人だったのです。
セイラのような?
そして、おそらくは、シャアとセイラの母親のような?




マザコンのシャア……「ララァ・スンは、私の母になってくれるかもしれなかった女性だ!」


シャアは、『逆襲のシャア』(1987) でマザーコンプレックスであることが周知のものになりました。

アクシズの地球への落下により、シャアとアムロの生命が尽きようとしていたときのことです。
シャアはアムロに、

ララァ・スンは、私の母になってくれるかもしれなかった女性だ!

と絶叫するのです。
まるで、それが遺言であるかのように。
このセリフは、生前、最後のシャアの言葉です。
このあと、そのまま続けて「そのララァを殺したお前にいえたことか!」とアムロに言い放ち、シャアの姿は画面から永遠に消えてゆきます。

そのアムロが、

「お母さん? ララァが?」

と戸惑っていたのが印象的でした。
その戸惑いは、我々、視聴者のものでもあったでしょう。
(ちなみに、この言葉も生前のアムロ最後の言葉です。
このあとすぐ「うわ!」という絶叫とともに、アムロの姿も画面から永久に消えてゆきました)

いまでこそ、ファンのあいだでシャアがマザコンであることは知れ渡っており、それがシャアをからかう一つの定番にもなっていますが、公開時、これはけっこう衝撃的でした。
シャアの女性に対する姿勢は、成熟した大人の男のそれと思っていたところ、女性に(ララァに。もしかしたら、ナナイ・ミゲルにも)母親を求めていたのですから。

当時のアニメ雑誌『OUT』には、比較的長文の批評を掲載する読者投稿のコーナーがありました。 
そこに、シャアがマザーコンプレックスであったことへの非難といいましょうか、怒りといいましょうか(あるいは失望か)、読者からの詰問するような強い批判が寄せられていました。
それに賛同する人は、けっして少なくはなかったでしょう。

この『逆襲のシャア』から、シャアにはマザコン属性が抜きがたくついてまわるようになりました。




褐色の肌のララァ、白い肌のシャア


ただ、違和感はありました。
白い肌のシャアが、褐色の肌のララァに母親を求めていたことに。

そのころ、高校一年生であったわたしは、親子関係というものを血と遺伝で考えるようなところがありました。
単純に、肉体的な継承性を親子の基準にするような。
(いまでは、血のつながりや容姿などではなく、精神的なつながりが家族にとってはもっとも大事なものだとおもっていますが)
その基準からすると、白人の女性に母性を求めるのが自然の流れのように思えたのです。




ララァは、白人金髪のセイラ似の女性になるはずだった?


しかし、ララァが金髪の白人女性であったと想定するなら、違和感はすっきりします。
ララァの肌の色を褐色から白へ、髪の色を金へと置き換えてみてください。
なにやら、セイラに似た女性にならないでしょうか?
(なんとなくでも)
(ちょっと無理なこじつけでしょうかね?)

富野監督は、最初の『ガンダム』の時点で、シャアとララァとの関係はマザーコンプレックスを軸に考えていたのかもしれません。
富野監督の頭のなかでララァが金髪の白人だったのは、セイラを意識していたのかもしれません。
より正確にいえば、セイラが面影を受け継いでいる(かもしれない)母親を。
なにも、『逆襲のシャア』にいたってシャアがララァに母性を求めていたというような唐突なものではなかったのかもしれません。
富野由悠季の心のうちでは。

そんなふうにも思えるのです。
なんとなく。
ただ、なんとなく。
……やっぱり、違うか?



Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する