FC2ブログ

Contents

宇宙(そら)を見上げて……『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』(アル&バーニィー)/『蒼き流星SPTレイズナー』OP「メロスのように-LONELY WAY-」


窓の外


ふだんは気がつかなくても、なにかの拍子にふと気づくことがあります。

ときどき、部屋を暗くして、ごはんをたべることがあります。
視覚の負担を減らし、ゆったりと落ちつきたいときなどに。

2階での夕食時。
窓の外を漫然と見つめていると、夜空に、月や星たちを背景に、すこし遠方をゆっくり動く小さな発光物体を認めることがあります。
UFOなら大発見になりますが、残念ながらありふれた存在。
航空機です。

航空機が、光の点になって視界を右から左に……南から北に流れていきます。
羽田や成田から北へ向かう旅客機なのか、宇都宮の駐屯地に向かう自衛隊機なのか、それともなにかほかの航空機なのか。
けっこう頻繁に目撃するのですが、これが、ふだんはほとんど気づかない。
ある程度長い時間、窓の外をながめつづけてはじめて、航空機が自分の家からちょっと離れた場所をそれなりの頻度で飛んでいることを確認することができるのです。

自分の身のまわりで起きていていることでも感づかないことは多いものなのだなあ、とあらためておもいます。




『蒼き流星SPTレイズナー』(メロスのように-LONELY WAY-)……ビルの窓から遠くの都会(まち)を探していたよ


夜空を見ていて、よく思い出すのは、『蒼き流星SPTレイズナー』(1985)のOP「メロスのように-LONELY WAY-」です。
わたしのお気に入りの歌の一つ。

『レイズナー』じたい、わたしにとってはTVアニメ10本の指にはいる作品。
地球とグラドス人の混血である主人公アルバトロ・ナル・エイジ・アスカが、科学文明のすすんだ異星人グラドスの地球侵略を阻止すべく戦う物語。
80年代当時の、アメリカ合衆国とソヴィエト連邦(現ロシア)の対立、核戦争の恐怖を背景にした硬派なリアルロボットアニメです。
エイジは物静かで、ひたむきな、母性本能をくすぐるタイプの主人公。
敵とはいえ他者を殺せないエイジが、いかにして敵と戦うかも本作品のテーマの一つでした。

「メロスのように」の冒頭は、

空に蒼い流星
夜の銀河をすべるようだね
2人 ビルの窓から
遠くの都会(まち)を探していたよ

という歌詞です。
(1985年の本放送以来、何度も口ずさんできた歌詞でしたが、今回ネットで検索してみてはじめて、ビルの窓の外をながめていたのが1人ではなく2人であることを知りました。
つい、自分に引き寄せて1人だと思い込んでいたのでしょうか。
夜空を見つめるのはいつも1人という、わたしの悲しい性(さが)がモロバレ……)




『機動戦士ガンダムZZ』(アニメじゃない)……みんなが寝静まった夜、窓から外を見ていると


ガンダムだと、たとえば『ZZ』の初期のOP「アニメじゃない」。

みんなが寝静まった夜
窓から外を見ていると
とっても すごいものを見たんだ

これが冒頭。
作詞は秋元康。
アニメなのにタイトルがこれかよという人を喰った「アニメじゃない」が秋元康作詞なのは有名ですが、お気に入りの「メロスのように」も秋元康作詞ということを今回はじめて知りました。
まじめな作詞も秋元康はするのか……(←失礼な)。
(それにしても、秋元康は窓から夜空を見るのが好きだなあ)




『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』……あ、戦闘だ、コロニーの外で戦闘をやってるんだ


作中における空の発光体といえば、たとえば『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』(1989)。
第2話「茶色の瞳に映るもの」。
UC.0079 12月15日。
主人公のアルは、サイド6のコロニー「リボー」に住む11歳の少年。
モビルスーツ大好きのアルは、夜に家をこっそり抜け出し、中破して森林公園の奥に放置されていたザクII改のコクピットに忍び込みます。
あこがれのモビルスーツのコクピットに乗ることができ、満足して気がゆるみ、そこで寝てしまう。
ザクII改のモニターは、コロニーの外(コロニーの空の位置)で輝いては消え、また輝いては消えする複数の小さな発行体をうつしていました。
この発光体は戦争の光でした。
モビルスーツが爆発したり、バーニアの炎、ビームライフルや弾薬の熱が生みだした輝きだったり。
寝ぼけまなこのアルはそれに気づくも、「あ、戦闘だ、コロニーの外で戦闘をやってるんだ……」そうおもうなり、ふたたび寝てしまう。

このとき、いつもは平和なリボーコロニー近傍の宇宙で、多数のMS同士の戦闘がおこなわれていました。
この戦闘にまぎれて、19歳のジオン公国軍伍長バーナード・ワイズマン(愛称バーニィー)の操縦する民間船に艤装(ぎそう)したジオン公国軍の貨物船「アグワベルデ」が、リボーコロニーに入港します。
それはバーニィーにとって、宇宙に二度と戻ることのない片道切符の「旅」でした。

悲劇の運命は、アルにとっては平和なまどろみのなかで着々とすすんでいたことになります。



Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する