FC2ブログ

Contents

『巨神ゴーグ』(1984)…… 「異星人文明の発掘」と「神々のいびき……地鳴り」(&茨城県古河市 新三国橋)



巨神ゴーグ


人里離れた建設現場や発掘現場に出くわすと、『巨神ゴーグ』(1984)のことを思い出します。



『巨神ゴーグ』は安彦良和作品。
企画、原作、監督、作画監督、キャラクターデザイン、ロボットデザイン、絵コンテ、作画監督の主要な役職を安彦良和一人で手がけています。

安彦良和の主な業績は以下の通り。
『クラッシャージョウ』『アリオン』『ヴイナス戦記』などアニメ作品の監督(前二作品はキャラクターデザイン・作画監督も。後二作品は原作も)。
『勇者ライディーン』『超電磁ロボ コン・バトラーV』『機動戦士ガンダム』『劇場版 機動戦士ガンダム』『無敵超人ザンボット3』『機動戦士Zガンダム』『機動戦士F91』などのキャラクターデザイン(前四作品は作画監督も)。
漫画家としても、『アリオン』『クルドの星』『ヴイナス戦記』『ナムジ』『虹色のトロツキー』『神武』『韃靼タイフーン』『機動戦士ガンダム THE ORIGINE』『天の血脈』『ヤマトタケル』など歴史・ファンタジー・SFを題材にした作品を多数、ものしています。



『巨神ゴーグ』
13歳の少年・田神悠宇(たがみゆう)は、亡き父が研究していた秘密を追って、南太平洋に浮かぶオウストラル島へ。
同行するは、14歳の女の子ドリス・ウェイブと、その兄で悠宇の父の弟子トム・ウェイブたち。
そこは、【あるもの】を探しもとめる世界的コングロマリットGAIL(ガイル)に支配されていた。
【あるもの】の秘密に近づこうとする悠宇たちを抹殺しようとするGAILの私設軍隊。
そんななか、優しい目をした青い巨神……ロボットの「ゴーグ」に出会う。
この出会いは、3万年の秘密を呼び覚ますことになる……。




秘密が眠るオウストラル島


オウストラル島は、南太平洋、サモア諸島東南2000キロに浮かぶ島。
旧島と新島があり、旧島は古来より連綿と存在、新島は3万年前に海の底にもぐったものが近年再浮上した島。
この広大な新島の各所で、【あるもの】を目当てにGAILが発掘を繰りひろげています。
新島は近年まで海底に沈んでいたため無人の島であり、ジャングルや山裾や渓谷や河畔で採掘作業に従事している作業員と、それを護衛する私設軍隊の傭兵の、GAILに雇われたものたちだけがほぼ人のすべて。
ほぼ……。
ですから、作業現場はさびしい。
(例外は、GAILに敵対する悠宇やドリスたちと……)
作業員と傭兵の数は相当な数にのぼるとはいえ、相手は広壮な自然界。
大自然に呑みこまれそうななか、作業員たちがほそぼそと発掘作業に従事しています。
世界の片すみで働いているかのような寂寞(せきばく)とした雰囲気に、そこは満ちていました。




悠久の大自然、寂しい工事現場


35年前(1984年)のこの印象があまりに強烈で、いまだに人家や人気(ひとけ)が周囲にない工事現場を目にすると『ゴーグ』を思い出します。

90年代、2000年代、わたしは記憶の障害をわずらい、その療養もかねて自転車(普通自転車)でさまざまな場所へ行き来していました。
往復25~30kmの距離だと、近場という感覚しかありませんでした。
最大だと往復120kmくらい。
そのため、いくつもの工事現場を目にしてきました。

たとえば、茨城県古河市の新三国橋(しんみくにばし)の工事現場。
2000年に開通した全長2500m、そのうちアーチ部685mの大きな橋。
渡良瀬川をまたぎ、埼玉県加須市と茨城県古河市をつないでいます。

いまや、交通のかなめになった新三国橋の周辺は、古河総合公園が拡大整備されたり、店舗が建ち並んだり、住宅街も整備されたり、にぎやかなものになっています。
新たに出現した小さな都市といっていいでしょうか。

しかし、90年代後半のころは、その周辺に大河である渡良瀬川を渡河する大きな橋がないため人の往来はまばらでした。
平日の日中などは、河川敷にも堤防にも人がいない。
じつに寂しい場所でした。
世界の隅っこのような印象。
ここに、渡良瀬川にかかる巨大な橋を建設する、規模の大きな建築現場がありました。
ですが、周囲のうら寂しさゆえに、そのなかにぽつりとあらわれた巨大建設現場は、渡良瀬川の悠久の大自然のなかで孤立して、うそ寒くなるくらいに生気がありませんでした。

建設作業員の方たちには申し訳ないのですが、まるで建設中の橋ごと幽霊であるかのような、幻影であるかのような、蜃気楼であるかのような現実感のなさ。
わたしが自転車でやってきたよそ者で、地理不案内のため、疲労と疎外感でそのようなおもいがつのっていたのかもしれませんが、明日また訪れたなら、建築現場はそこにはまったく存在せず、夢幻と消えていたとしても不思議ではない、そんな「うつろ」さがありました。

悠宇やドリスたちの目にも、オウストラル島の発掘現場はこのように見えていたのでしょうか。
ただ、悠宇たちはGAILに生命を狙われていて、ただたんに堤防の上から川のなかの工事現場をながめていただけのわたしとは緊迫感がまったく違いますが。




目的は異星人


GAILの発掘作業がなにを目的にしているのか、それは物語の終盤まであきらかになりません。
ただ、ヒントはゴーグにあります。
悠宇とともに戦うゴーグは、言葉はしゃべりませんがみずからの意思で戦い、かつ、地球の現有兵器ではまったく歯がたちません。
ゴーグは、ロボット。
全高13.5mの青い巨人。
戦車や戦闘ヘリコプターを擁するGAILの軍隊は敵側ですが、気の毒になるくらいゴーグにたちうちできません。
ゴーグは基本的に素手で戦い、そこいらに転がっている巨岩や生えている巨木を投げたり振り回したりするだけで、飛び道具はもっていないのに。
これは、地球のテクノロジーとはちがう、はるかに進んだ「なにか」により産みだされたものであろうことは明白です。

しかし、謎のヴェールはちょっとずつちょっとずつ剥がれていきます。
そして明らかになったのは。
……異星人でした。
故郷をうしない、3万年の太古に、地球に漂着した異星人が降り立ったところがオウストラル新島でした。

GAILは、その卓越した異星人文明の独占をはかっていたのです。
発掘は、異星人文明の獲得をめざしたものだったのです。



地鳴り……届けられた「神々のいびき」


物語の初期のころから、オウストラル島全体に正体不明のくぐもった神秘的な地鳴りがときどき鳴り響いていました。
この地鳴りは、オウストラル新島奥深い火山の洞窟のなかから響いてくるものでした。
この洞窟のなかで「異星人」たちは3万年の眠りに就いていたのです。

地鳴りには、雷=「神」鳴りのように、霊妙な存在を推知させる意図が安彦監督にはあったのかもしれません。
安彦監督は、そのような神話や伝説に造詣(ぞうけい)の深い方です。
じっさい、地鳴りは「神」とまがう超テクノロジーをもった異星人たちの眠る「宮殿」から発せられたものでした。

わたしは、遠方からとどく雷鳴や不可思議な物音を耳にしたときも『ゴーグ』のことを思い出すことがあります。
そして、その源にはなにか得体の知れぬものが存在しているのではないかと、一瞬、錯覚するのです。



Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する