FC2ブログ

Contents

夏休みの足音が聞こえてきた



夏休みの足音……本格的な蝉しぐれ


夏休みの足音が聞こえてきました。
夏休みまでほぼ2週間の昨日(2019.7.8)、わたしは自転車で栃木県のさる田園地域を走ってきました。
そこでわたしを迎えたのは、蝉の鳴き声のシャワー。
わたしにとっては、今年初めての本格的な蝉しぐれでした。

蝉の声じたいは5月にはすでに耳にしていましたが、夏休みの風物詩ともいうべき盛大な蝉しぐれに近いものは今年初めて。
これで、気温がさらに高くなり、湿度が上がれば、さらに夏休みらしくなります。
ただ、曇り空で日光の量も足りませんでした。
直射日光で肌が焼かれ、汗があぶりだされれば、さらに夏休みらしさは増します。




塾や予備校の夏期講習の広告に、高校の夏休みを想う


塾や予備校の夏期講習の折り込み広告がにぎやかなのも夏休み直前の風物詩。
87、88年の夏休み、高校1、2年のときは、受験とは無縁だった小学校以来のアニメやマンガ、小説など趣味まみれの夏休みとはちがい、大学受験の勉強に励んでいました。
夏期講習の広告を目にすると、そのころの記憶が呼び覚まされます。
広告に書かれている夏期講習のスケジュールや授業内容を読んでいると、高校生たちが夏休みに勉強に精進している姿が脳裏に浮かんできます。
わたしは夏期講習を受けず、通信教育の『進研ゼミ』や参考書、テープ教材など自宅勉強オンリーでしたが、夏休みに大学の夢のため勉強するその姿は、あのころの自分を思い起こさせます。

趣味に勉強にと時間的にタイトでしたが、自分の実力よりもワンランク、ツーランクも上の私立大学を目指す夢に没頭して、じつにハリのある夏休みでした。
ただ、勉強のあいまにアニメやマンガや小説を楽しみ、いつの間にかそちらに夢中などということはしょっちゅう。
アニメ『めぞん一刻』の録画ビデオを観まくり、主人公・五代裕作の目線で一刻館の住人気分を満喫したり。
ファンタジー小説『グインサーガ』の戦乱編を読みふけり、なにやら死者でもあの世から訪れてきそうな「逢魔が時(おうまがとき)」の夏の夕方、山の木々に反響して夢幻的な調べをかなでる蝉しぐれを耳に、心があちらの世界に飛んでいったり。

限られた自由時間だからこそ、希少だった趣味の時間。
だからこそ、強く思い出に残っています。




小学校と中学校の夏休み、あっちの世界に行き放題


とはいえ、好き放題に趣味に夢中になっていた、宿題以外は勉強とはまったく縁のなかった小学校・中学校の夏休みも忘れがたい。
勉強という現実に邪魔されることなく、あっちの世界に行きっぱなしの夏休みも悪くはなかったですね。
小学5年~中学3年は最悪の学校生活だっただけに、夏休みの現実逃避は大いなる癒やしの日々でした。

当時、愛読していたアニメ雑誌『OUT』を、読み終えてもまだ読みたくて暇に飽かして何度も読み返していたあの夏を、わたしはけっして忘れないでしょう。


Comments

蝉が鳴き始めました^^ by 畑かぶら

こちらは例年に比べて暑くなるのがかなり遅く、未だに夜はクーラーどころかトレーナーを着て毛布をかぶる毎日です(汗)。
夏期講習のチラシがポストに連日入るようになりました。うちの娘は当分行かせる予定はない(行かせる余裕もない)のですが@@;。
大検高校さんは、通信教育メインで受験を乗り切ってすごいなと思います☆私はZ会を少々かじったことはありますが、根気が続かず…

Comment#55
  • 2019-07-10(Wed) 01:15:16
  • Mail
  • URL
  • Edit
ありがとうございます!かぶらさん by 大検高校

とま子ちゃんは中高一貫校ですから、受験本番にはまだまだですからね。
そのあいだは、優秀なかぶら先生が勉強を見ているのでなんら問題がないのでは?

ただ夏休みは、かぶらさんが仕事に行っておられるとき、かぶらさんと学校の双方から長時間フリーになります、そのとき、とま子ちゃんはなにをしているんでしょうね?
グレることはないと思いますが、日中、盛大に「舟を漕ぐ」イメージが……。
(そのあいだ、鳥がさえずるわけですな、とま子ちゃんのお鼻から)
とま子ちゃんは名門中学に通っていますので、そちらの講習会が充実している可能性もありますね。
図書館で、心ゆくまで読書三昧という選択も。

とま子ちゃんには、夏休みの良い思い出をたくさん作ってもらいたいですね。

では、かぶらさん、さようなら。
とま子ちゃんによろしく!

Comment#56
  • 2019-07-10(Wed) 03:59:06
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する