FC2ブログ

Contents

人のいない神社がいい……神社は癒やしと歴史にあふれている



神社めぐり


昨日(2019.7.24)、運動不足解消・体力づくりがてら、自転車で地元栃木の神社をまわってきました。

ワケあって(勉強に関するつまらない理由ですが)、2012年ごろから多忙の身でして、そのころから外出もめっきり減り、最近ではますます外出する時間を捻出するのに苦労しています。
どうも、わたしには時間を浪費する才能が旺盛にあるようで、忙しい身でありながら物事をスピーディーにさばけない。
エンジンが切れたように、ぼうっとしている時間も多い。
寝る時間も、ムダに多い。
そのような障害を乗り越えて外出・遠出の時間をひねりだすので、わたしにとって外出の時間はたいへん貴重なものになっています。

2010~2012年以前は、年中、自転車であっちをふらふらこっちをふらふら(20年前後わずらっていた記憶の障害のリハビリという意味もありましたが)していたころとくらべると、別の人生を歩んでいるような変わりようです。




神社は癒やしの空間


わたしの好きな神社は、ほぼ参詣人がいないところです。
大神社でなく、小さい神社。
周囲に人家がまばらな神社。
山麓や、森林や、田園地帯の、人家から隔絶したところならなお良し。

そのような神社は、祭りや祭礼のときなどをのぞいては、訪れる人もごくまれです。
人口過密でない地方の小さな神社だと、100のうち2、3度、人に会うくらいでしょうか。
ほぼ、人に会うことはありません。

さらに、神社の周囲は、鳥居のある入口以外は林で外界から区切られている場合がほとんどです。
無人の度合いは、そのため、さらに濃くなります。

そんななか、一人になり、ゆったりとした時間に身をまかせるのがたまらないのです。
なにも考えず頭をからっぽにして、うまい空気、神秘的な雰囲気のなかにいると癒やされます。

想像力の開放も癒やしてくれます。
非日常的な神や神獣などのイマジネーションが、世俗にまみれ硬くなった心をちょっとやわらげてくれるのです。



神社には歴史が積もり積もっている


歴史・神話好きというのも、神社巡りの理由からはずせません。

昔から人々が願い事をした神社の境内には、人々の喜びや悲しみが染みついています。
人々の歴史がそこにはあります。

神殿や彫刻にも長い歴史を刻んだものがあり、歴史好きにはたまらない空間です。
神や龍や仙人の彫刻は古びて、社殿には歴史の星霜が積もり積もっています。
なかには、古来より学問をする人々にとって憧れの的である、中国の三国時代、酒を飲みながら気ままに老荘思想を題材とする幽玄な哲学議論を戦わせた「竹林の七賢」が社殿裏に彫刻された神社もありました。
もしかしたら、「竹林の七賢」のように自由奔放に学問に沈潜したかった誰かが、その憧れを形にしようとして提案したのかもしれません。
100年前なのか、200年前なのか、それとももっと昔か、その誰かの想いが具現化した彫刻を、わたしがいま目にしているのかもしれないのです。
歴史のキャッチボールのようなものかもしれないですね。

ただし、その人には、竹林の七賢の七人は一堂に会することは生年から不可能、つまりは竹林の七賢の逸話は実話でなく伝説であり、かつ、竹林の七賢はそれほど楽な人生を送っていない、なかには時の権力者により政治的な理由から処刑されてしまった者もいるということは内緒にしておいたほうがいいでしょうね。


Comments

わかります☆ by 畑かぶら

私は神社をはじめ、「場所との相性」に敏感な体質です^^; 気に入った場所は大切にしたいですね☆ 人の欲がうずまいているようなところじゃない場所。

Comment#68
  • 2019-07-25(Thu) 19:58:42
  • Mail
  • URL
  • Edit
ありがとうございます!かぶらさん by 大検高校

無性に気に入る場所、ありますよね。
視覚的には冴えなくても大好きな場所、たくさんあるので、一概に見た目が綺麗とかそういう理由だけではないような気もします。
立ち昇る「気」とかそういうものは、あるのでしょうかね?
相性が良いと、林の中のうっそうと茂る藪もなんとなくお気に入りの場所になりますからね。


豊かな森に囲まれ、社殿以外はぽっかり空いた神社の境内にいると、浮世のしがらみや欲望といったものから切り離され、「無私」に近い状態になれるんですよね。
わたしにとって、これがたまりません。


とま子ちゃん、夏休みをエンジョイしていますか?
中学はお友達に恵まれているようなので、むしろ、物足りない毎日でしょうか。
ジャズを聴く自由な時間が豊富にあるので、いまこそジャズガールになる好機ですぞよ!

さようなら、かぶらさん。
とま子ちゃんによろしく!

Comment#71
  • 2019-07-26(Fri) 11:46:54
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する