FC2ブログ

Contents

『敦煌』(1988)……まわりはカップルばかりなり、一人は自分のみの巻



敦煌

『敦煌』(とんこう)

1988年6月25日公開。
原作:井上靖
監督:佐藤純彌
出演:佐藤浩市(趙行徳)
   中川安奈(ツルピア)
   西田敏行
   渡瀬恒彦
   柄本明
   原田大二郎


11世紀、中国。
北宋の時代。
科挙の試験に落ちた趙行徳(ちょう ぎょうとく)は自暴自棄におちいる。
そんな折り、中国の西の辺境に建国された新興国「西夏(せいか)」の文字に興味をもった行徳は、わずかな希望を胸に抱いて、はるか西方を目指す。
中国大陸の西の辺境は砂漠の大地。
行徳は砂漠に難儀しながら西夏を目指すも、途中、西夏の軍隊に捕獲されて強制的に兵士に編入されてしまう。
その西夏の軍隊は、砂漠の大地で異民族のウイグル族と抗争し、勝利し、着実に領土を拡大していく。
ウイグルに勝利したとき、偶然、行徳は逃げ遅れて身を潜めていたウイグルの王女ツルピアに出会う。
初めは敵として行徳に刃を向けたツルピアも、行徳の誠実な人柄に触れ、二人は愛し合うようになる。
しかし、この二人の出会いはのちにツルピアの死という悲劇を生む……。
大国目指して領土を拡大する西夏。
その野望は、シルクロード(後世、1877年命名)のもたらす莫大な富により繁栄する砂漠のオアシスの国・敦煌にも迫る。
そんななか、失意のどん底にいた行徳は、敦煌の文化遺産を守るため立ち上がる。
行徳たちは、仏教経典や書籍・美術品などを戦乱による破壊から守るため、敦煌城から敦煌郊外の石窟寺院(せっくつじいん)へとそれらを運び出す。
戦乱による混乱のなか、行徳たちの文化遺産を守る戦いは難渋をきわめた。
……そのおよそ900年後、1900年、敦煌郊外の莫高窟(ばっこうくつ)で歴史的に貴重な経典などが多数発見される。
誰が、なんのため、いつ、莫高窟にこれらの文献を秘匿したのかは、いまだ歴史の謎のままである。




シルクロードがブームだった

1988年は、シルクロードがブームでした。

2時間枠の特別番組が民放のゴールデンタイムでけっこう放送されていた時代です。
好評だった『NHK特集 シルクロード』も、第一部(1980~81)、第二部(1983~84)に続いて第三部(1988.4.23~89.3.26)が放送。

「なら・シルクロード博覧会」(1988.4.23~88.10.23)は入場者682万人を記録しました。

そして、井上靖のシルクロードものを中心に出版界でもシルクロード・ブームが起きていました。
映画『敦煌』は、そのような土壌で制作され、この『敦煌』がさらにシルクロードへの関心を盛り上げます。




『敦煌』を観に、宇都宮へ、劇場へ

高校2年のわたしは、7月か8月……いずれにしろ真夏に宇都宮(栃木県)に『敦煌』を観に行きました。

高校1年のとき、「進研ゼミ」の情報誌で井上靖の歴史小説の存在を知ってから、わたしは井上靖の大ファン。
大の歴史好きということもあり、『敦煌』は見逃せない作品でした。

劇場のスクリーンは、建物2階ぶんをぶち抜いたかのような大画面。
当時の栃木県の映画館では、もしかしたら、最大のスクリーンだったかもしれません。

客席も広い。
しかし、観客数はその客席を埋めるにはほど遠い人数でした。

わたしは、わりと前のほうに陣取ったのですが、上映前、観客数を確認するために後ろを振り返ると客席はすかすか。
大きな映画館に、観客が30人ほどでしょうか。
客席の空きがあまりにも多いので、指定席制ではなかったこともあり、銘々が大海のなかの離れ小島のように距離を置いて散在していました。

わたしの左右、後ろには7、8人分の空席があったのではないでしょうか。
ですから、目立つのです。
観客と観客とのあいだに大きな分断があるため、観客が一人で来たのか、連れと来たのかが。
そして、わたしにとり悲劇的だったのは、わたし以外、すべてが男女のカップルでした。
15組くらいでしょうか。
その15組30人のカップルが、離れ小島のようにそれぞれ一つ所にまとまっているのです。
一人はわたしだけ。




まわりはカップルばかり

……ちょっと、きつい。
戦力比、1:30。
30人のカップルと、一人のひとり者です。

互いへの熱い想いに焦がれる恋人たち。
(冷めている人もいたかもしれませんが)
対するは、相方のいない男子が一人。

先にも後にも、これだけ男女のカップルに占められた映画館というものを経験したことがありません。
たいがいは、一人客や女性同士、男性同士の観客がいく人かはいるものです。
これに近い状態は、東京の渋谷で『レオン』(日本では1995年公開)を観たとき。
特別割引の日でしたので観客は満員、また渋谷という場所柄デート中であろうカップルたちで館内はあふれんばかりでしたが、それでも一人客、女性同士、男性同士の観客もいたように記憶しています。

しかし、宇都宮の『敦煌』上映館内は、わたし以外、カップルばかり。
ポーカーのストレートフラッシュです。
わたしがいなければ、カップル100%のストレートフラッシュ。
しかし、わたしがいるのでカップル率100%にならず、ストレートフラッシュならず。
……こういうときは、みなさんに謝ったほうがいいですかね?(ヤケ気味)

多少は、わたしもそのとき怯みました。
『うっ、俺だけ……?』
と。

しかし、わたしは高校入学直前ごろから、「偏執的な愛情」を歴史に抱いている人間です。
恋人たちが互いへの熱い想いに燃えているとき、わたしは、まだ見ぬ敦煌……西域(せいいき/さいいき)……シルクロードへの熱い想いに燃えていたのです。
わたしの情熱は、上映前から『敦煌』にのみ向けられていました。
そして、上映中、わたしは誰にも邪魔されず、戦いと恋、絶望と希望、死と生のドラマに埋没していました。
わたしの心は、1988年の日本ではなく、11世紀の砂漠の世界へと旅をしていたのです。

入れ替え制ではなかったので、2回連続で鑑賞しました。
じつに、良い映画でした。
夏の良い思い出です。

ですから、恋人と『敦煌』を見たなら、どのような感情が芽生えたのか、そんなものにはまったく興味はありませ……やっぱり、それはありますよね。


Comments

私も観ましたよー^^ by 畑かぶら

といっても、映画館ではなく学校行事だったので体育館で。話のあらすじは全く覚えていないのですが(元々、どんな映画でもあらすじを覚えていられない@@;)西田敏行と、大量の巻物のシーンがあったことだけはかろうじて覚えてます^^;クラスメートがどこかのシーンで涙ぐんでいたけれど、私は大人になるまで泣いたことのあるテレビor映画は唯一「アルプスの少女ハイジ」のみ。←おじいさんとの涙の再会シーン。だったので、「泣くところあるか~??」と不思議に思いつつ冷静に観ていた記憶がおぼろげながらあり。。。

Comment#77
  • 2019-07-31(Wed) 20:06:59
  • Mail
  • URL
  • Edit
ありがとうございます!かぶらさん by 大検高校

西田敏行をおぼえていますか……。
やはり。
この作品、主人公は佐藤浩市なんですけどね。
佐藤浩市の演じる行徳は原作でも混じりっけなしの主人公ですし、最初から最後まで出ずっぱりの唯一の登場人物です。
西田敏行は、出演時間、ものすごく短いんですよね。
しかし、なぜか、キャストでいつもトップにクレジットされているのは「西田敏行」。
89年の日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を獲得したのも「西田敏行」。
佐藤浩市の立場が……。
昔から、西田敏行がクレジットのトップで、最優秀「主演男優」賞をとっていることに不思議の念しかいだいていなかったのですが、かぶらさんまでも佐藤浩市でなく西田敏行だけをおぼえているときました。
ダメ押しですね。
佐藤浩市、カワイソウ。
(ただ、佐藤浩市は5年後の94年に日本アカデミー最優秀主演男優賞を初受賞、16年にも二度目の受賞をしています)

小説や映画で、こまかなところはもちろん、大まかなストーリーすらおぼえていない、あるいはまったく誤った内容として記憶しているといったことはわたしもしょっちゅうあります。
昔観た映画を悲劇だと思って鑑賞していたら、最後、ハッピーエンドで驚いたり。
2度目の推理小説で、犯人は××だろ、犯人知っていると推理小説つまんないよなあ、と余裕ぶっこいていたら、まったく別の犯人だったり。
こういうときは、新鮮な気持ちで楽しめたからむしろトクしたんだ、と自分に言い聞かせています。
けっして記憶力の問題じゃないんだ、とも。

かぶらさん、さようなら。
とま子ちゃんによろしく!

Comment#79
  • 2019-08-01(Thu) 08:34:49
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する