FC2ブログ

Contents

速水奨「かっこいい暗さ、っていうのかな……」(自分で言うな!)(『アニメワールド・スターチャイルドステーション』)



速水奨

速水奨(はやみ しょう)といえば、アニメ声優界の大スター。

1980年(22歳)に声優デビューしてから現在まで、主としてアニメ系の作品の第一線で活躍しています。
吹替と違い、ベテラン起用の少ないアニメ系作品において、若いころはもちろん61歳のいま(2019)にいたるまで引きも切らずアニメ系作品のキャラクターの声を多数担当しているのは驚異的ですらあります。

アニメ声優の歴史に、特別な存在の一人として刻まれることが約束された生きた伝説と言っていいでしょう。

代表作の一例:
マクシミリアン・ジーナス『超時空要塞マクロス』、バーン・バニングス/黒騎士『聖戦士ダンバイン』、ポル・ポタリア『装甲騎兵ボトムズ』、桂木桂『超時空世紀オーガス』、ギャブレット・ギャブレー『重戦機エルガイム』、アイアンハイド『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』、バロン・リックス『赤い光弾ジリオン』、飛鳥武蔵『風魔の小次郎』、菅生修/ナイト・シューマッハ『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』、エクスカイザー『勇者エクスカイザー』、ダ・ガーン『伝説の勇者ダ・ガーン』、ギニアス・サハリン『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』、愛染惣右介『BLEACH』、明智光秀『戦国BASARA』などなど。




速水奨はもてる

甘いバリトンのたぐいまれなる美声で知られる速水奨は、なかなかの美男子としても知られています。

『聖戦士ダンバイン』(1983)のときは共演したうら若い女性声優さんたちから、もてもてだったとのこと。
『ダンバイン大事典』(ラポート発行、1984)の西城美希(ガラリア・ニャムヒー、ベル・アール、ラナ・パーキンスン)さんの文章を抜粋してみます。

西城さんの速水奨の第一印象(ダンバイン第一回収録日)は、
「うわぁ、ステキな人!」
だとのこと。
さらに、アフレコでバーン・バニングスを演じている速水奨の横顔には、
「速水さんの横顔はとても凛凛しくって思わずみとれてしまうほどでした」
と、わたしなどは一生経験できないであろう、若き乙女に熱き視線を注がれています。
また、『ダンバイン』のレギュラー女性若手声優の色川京子(リムル・ルフト)さん、川村万梨阿(チャム・ファウ)さん、高田由美(キーン・キッス)さんとはひそかに「バーン・バニングスFC」なるものを結成していたといいます。
これは『ダンバイン』の美形ライバルであるバーンのファンクラブなのですが、みなさん、速水奨に憧れていたそうですので速水奨ファンクラブでもあったのでしょう。
「とっても優しくてステキな速水さん」
「私たちの☆あこがれの的☆だったのです」
と、西城美希さんの速水奨への想いは止まらないのであります。

しかし……。




速水奨はヘン

ただし、速水奨は美声で美男子として有名のみならず、「天然のヘンな人」としても名を馳せています。
その資質は、デビュー間もない『ダンバイン』のころにはすでに存在していたようです。

西城美希さんが速水奨と出会って3週間後。
高田さん、川村さん、色川さんたちとともに速水奨と初めて飲みに行った時のことでした。
『ダンバイン』のキャラクターについて語りあっているとき、西城さん演ずるガラリアのことが話題にのぼりました。
ガラリアは、騎士の父親が敵前逃亡したためいじめられた過去があり、その恥をすすごうと功名心に焦る女騎士でした。
余裕がないのです。
ちなみに美女です。
そんなガラリアを評してショット・ウェポン役の田中正彦さんが、
「ガラリアは、女性としてはあまりかわいくないね」
とおっしゃいました。
それにたいし、すかさず速水奨は、
「いやしかし、そういう女はくずしがいがある。フッハッハッハッハッ!!」
と「バーン特有の腹式法笑いで、さりげなくすごいことをいってのけた」のだそうです。
男同士の酒の席ならともかく、女性同席でこれはまずい。
女性たちはみな20代前半、10代後半です(西城さんは速水奨の3つ年下ということで22歳あたり)。
そのうら若い美女たちを前にして、「くずしがいがある」はデリカシーに欠けているでしょう。
西城さん、色川さんは「え?」と驚き、川村さんは「こ、これが、本当のバーンなのね」と嘆いていたそう。
「これで一気に私たちのつくりあげていた速水像がガラガラとくずれてゆくのを感じたのでした」とのこと。
キーン役の高田さんは速水奨と同じプロダクション所属ということで、「こんな人と同じ事務所だと気苦労も多かろ」とほかの3人は常に同情するまでに。
速水奨への、『ダンバイン』若手女性声優陣の思慕は雲散して果てたのでした。

文章の末尾で、
「ホントはバーンが好きだったガラリアこと西城美希でした♡」
とつづっています。

(その後まもなく、西城さんは役者の世界から姿を消しました。
ガラリアやベルの再録も、ほかの声優さんが代役をつとめています。
真実であるか否かは不明ですが、結婚を機に引退したのではないかとか、ビデオで販売する『ダンバイン』総集編(1988)の再録のさいに探偵をやとって探すも行方がつかめなかったとか……。
速水奨のことを好きだった西城美希さんは、あまりにも短い声優人生を駆け抜けていったのです)




速水奨「かっこいい暗さ、っていうのかな」

1982年、『超時空要塞マクロス』のマクシミリアン・ジーナスが当たり役になり、1983年、富野作品『聖戦士ダンバイン』の主人公の最大のライバルであるバーン・バニングス、人気的には低迷したものの『超時空世紀オーガス』の主人公・桂木桂を演じ、若手のアニメ声優として確固たる地位を築きつつあった速水奨は、1984年、富野作品『重戦機エルガイム』で主人公ダバ・マイロードのライバルであるギャブレット・ギャブレーを演じました。

そのとき、栃木放送をキー局とするラジオ番組『アニメワールド・スターチャイルドステーション』(月曜日放送、30分番組、時間帯は夜の10時30分から?)にゲスト出演しました。

ここでも、速水奨はやってくれます。

『機動戦士ガンダム』(TV版1979~80、劇場版1981~82)の大ヒットがあり、1984年当時も富野由悠季作品はアニメ界の中心の一つでした。
その富野作品で、2年連続で主人公のライバルを演じる速水奨は、まちがいなく当時のアニメ声優の若きスターでした。

中学1年だったわたしは、電気を消した暗闇のなかに寝転がり、電源ランプなどわずかに漏れる光にうっすらと照らされながらラジオに耳を傾けます。

『アニメワールド・スターチャイルドステーション』のパーソナリティーの方は、明るく、さっぱりした気性の、はっきり物を言うタイプの女性で、
「聞くところによると速水さんって、お暗いとか?」
と番組半ばごろ、直球の質問を投げかけました。
それに対する速水奨は、腹から響く「腹式法」の力強く、それでいて甘い声で、
「かっこいい暗さ、っていうのかな……」
と返しました。
これにはパーソナリティーの方も、「自分で言うな!」という感じで大爆笑。

たしかに速水奨はかっこいい。
暗くてもさまになるかっこ良さです。
たぐいまれな美声にして、なかなかの美男子です。
しかし、「自分で言うな!」なのです。
暗いけどかっこいい、は他人が言うこと。
ですが、それを多くの人が聴いているラジオで言ってしまうのが速水奨なのです。

わたしは、若いころ、このインパクトのある「かっこいい暗さ」の声マネを何度したことか。
そして、「かっこいい暗さ」にどれだけ憧れたことか。
それは憧れだけに終わってしまいましたが、その影響力のすさまじさも速水奨が大スターであるあかしなのでしょう。
きわめて声良し、なかなか顔良し、かつ天然のぼけっぷりと、速水奨はスターになるべくしてなった御仁と申せましょう。

Comments

何となく目にしたことのあるお名前でしたが。 by 畑かぶら

エピソードを聞いていると、藤岡弘、にしか見えなくなってきました^^;♪

Comment#96
  • 2019-08-15(Thu) 18:53:08
  • Mail
  • URL
  • Edit
ありがとうございます!かぶらさん by 大検高校

速水奨と藤岡弘のそれぞれのインタビュー映像を昔見たとき、気になっていたんですよね。
二人とも、笑っているときに「なにか、違う世界にいるような」印象があって。
インタビューされている場所に半分くらいいないというか。
どこか、目の前ではない世界を見て笑っているといいましょうか。
脳のなかがちょっと浮世から離れている感じがするんですよ。
そんな現実感の乏しさを、それぞれ別個のインタビューから二人には感じていました。
それなので、かぶらさんのご指摘にはなるほどなあと納得です。
速水奨のことをほとんど知らないかぶらさんが、わたしの短い駄文をお読みなっただけで藤岡弘との類似性に行き着いたのは直観ですか?それとも洞察力?
いずれにしろ、鋭いですねえ。
(もしかして、不思議少女とま子ちゃんとの日々の接触が、かぶらさんの直観なり洞察力なりを磨き抜いたとかいう母子のドラマが?!)

かぶらさん、さようなら。
とま子ちゃんによろしく!

Comment#97
  • 2019-08-16(Fri) 09:36:45
  • Mail
  • URL
  • Edit
こちらに失礼します。 by 片P

大検高校さん、お世話になります。

速水さんは、『マクロス』で知りました。
速水という名前ではありませんでしたね。
『オーガス』の主人公はイヤな役でした。
私が好きな彼は、『ブリーチ』です。
『学校の怪談』のダ・ビンチは面白い方の彼です。
現在は『フェアリー・テイル』で活躍中ですね!

ヒッチハイクがらみの作品観たいですね。
私の場合は、現場が車も滅多に通らない場所
だったので、怖いというより、かわいそう、という
気持ちが強かったです。

『13金』は、たしかにそうですね。
私も、あの湖がよい景色だと思います。
そこで起こる惨劇…といえば、
『かまいたちの夜』が好きです。
白銀のゲレンデ、そして山荘で起きる連続殺人…

地元に湖があるなんてロマンチックですね。
ため池なら近所にあるのですが、湖は遠いです…

カムジンが、どんなお酒を飲んでいたのかは
思い出せませんが、ワインのようなものでは
なかったでしょうか?
私もたまに飲んでいますが、カムジンの場合は
樽ごといくのでしょうね。たしかに巨人だと
一度に何樽も空けることになりますね!

劇場版『マクロス』速水さんのエコーが貴重です。
エコーのアフレコが気になりますね。
ベジータのは、簡単そうでした…

それでは、失礼致します。

Comment#98
  • 2019-08-19(Mon) 06:44:44
  • Mail
  • URL
  • Edit
こんにちは!片Pさん by 大検高校

速水奨は初期のころ、本名の大濱靖(おおはま やすし)名義でクレジットされていたそうです。
少なくとも、マックス初登場の第8話は本名だったようです。

『オーガス』は後半の三分の一くらいしか観ていません。
地上波で再放送もなく、わたしが会員になっているレンタル店のどこにも作品が置いていなかったので、興味はあったのですが前半と中盤のほとんどをいまだに鑑賞していません。
その範囲で判断すると、桂木桂に反感をいだいている方は多いでしょうね。
女性にたいする責任感が欠如しているんですよね。
浮気のしすぎ。
それでいて、罪悪感をほとんど感じていないというのは、主人公としてはきつい。
あと、これはわたしの思い違いかもしれないのですが、桂木桂って薄情なところがありませんでした?
84年以来、一度も観ていないのではっきりとした記憶はないのですが、甘い声のわりにはときどき冷たかったような印象があるんですよね。
それとも、敵にたいしてはけっこう厳しかったのかな?
『オーガス』はけっこうリアルなSF設定が気に入っているのですが、主人公は魅力的な部分あるも、もうちょっとなんとかならんのかな……というのが正直な感想でした。
スタッフが悪ノリしてしまいましたかね?
ただ、速水奨の甘い声の部分がもっとも全面に出ていたのはマックスと速水圭だったような気がします。

『ブリーチ』の藍染は、いかにも速水奨でしたよね。
ただ、わたしは2003年ごろから2010年ごろまで『週刊少年ジャンプ』を毎週買うようになりまして、それからは、ジャンプアニメは『ナルト』も『ブリーチ』も『アイシールド21』も観なくなりました。
時間の都合上、漫画におまかせということで。
(そのころはTVアニメをけっこう観ていて、時間的にきつめでしたので)
したがって、愛染の速水奨声はいまだ正体を隠していたころの、ひたすら甘ーい、甘ーいころだけです。
善人ぶっていたとき。
ですが、漫画を読んでいるだけでも、正体をあらわした藍染の声は悪人役のときの速水奨にはぴったりだなと思っていました。
あの、うさんくさすぎて、かっこよすぎなところとか。

『学校の怪談』と『フェアリーテイル』は観ていません。

車の通行量の少ないところのヒッチハイカーはかわいそうですよね。
ただ、ホラー映画もそこからはじまったりするんですよね。
見知らぬ他人を動く密室に乗せるヒッチハイカーには、独特のこわさがあるのでは?

湖といっても小さなものです。
ただ、そのすぐそばには結婚式を挙げることもできる喫茶店やレストランがあり、恋人たちにとってはそこからの湖の眺めはロマンチックかもしれませんね。
かたや、わたしは、登山(といっても小さな山ですが)の行き帰りに、一人、湖を前にして『13日の金曜日』のクリスタルレイクを思い出していました。
うーん、ロマンチック……なのか?

わたし、ここ10年はほとんどゲームをしていませんし、それ以前もゲームは一つのものをやりこむタイプでしたので(ガンダムゲームとか歴史ゲームとか)プレイしたゲーム作品は少ないのですが、『かまいたちの夜』はやりました。
スーパーファミコンで。
傑作でした。
閉鎖された夜の雪山がミステリアスでサスペンス。
シナリオもばっちりでした。
ラストの救いようのなさも、世界観にはあっていたように思います。
ただ、冬の夜になると『かまいたちの夜』を思い出しては、雪山でカップルたちはあんなことをしているのか、と想像するようになってしまいましたが。

わたしも赤ワインを飲むのが、夕食時の習慣になっています。
とはいえ、ここ一か月くらいですけども。
それまでは、ごくたまにしかアルコールを飲みませんでしたが、いまは毎日の楽しみの一つになっています。
うちにはワイングラスがないので、湯呑茶碗で一杯飲んでいます。
だいたい250mlですので、一日の適量に近い分量だと思います。
まず夕食を食べ、それにつづいて、だいたい5時40分前後から、ちびちび舐めるようにゆっくりワインを飲んでいます。
この量でもけっこう酔うもので、酔った頭でいろいろなことを考えたり思い出したりしていると、いつの間にか眠っていることもしばしば。
夕方5時40分ごろになったら、栃木でへんなヤツがワインを飲んで酔っ払っているころだなとちょっと思い出していただければ、これ幸い。

片Pさん、ではまた、さようなら。

Comment#99
  • 2019-08-19(Mon) 11:55:20
  • Mail
  • URL
  • Edit
速水さんのお話とかです。 by 片P

大検高校さん、お世話になります。

マックスは大浜さんでしたか…
いつの間にか変わっていましたね。
速水さんは、私にとってマックスなので、
『オーガス』の第1話冒頭はビックリしました。
その時点で視聴をやめようかとも思ったほどです。
ただ、オルソン(鈴置さん)がカッコ良かったので…
それでも、最後までは観ていません。
それと、ヒロインの
ミムジィの触角と、『マクロスΔ』のヒロインの触角に、
共通点があるかもしれませんね。

速水さんの含み笑いは有名ですね。
藍染もそうですけど、マックスにもありました。
マックスは、軽いキャラだったので印象には
残りませんでした。
後で聞くと気になります…
速水さんが年末の声優さんの番組にゲストで
来られていましたけど、お姿を拝見できたのは
初めてです。…カッコ良すぎで、マックスを
演じてほしかったです!

ホラー映画は、たしかに閉鎖空間が多いですね。
『金田一』シリーズとか、殺人事件も、
都会のど真ん中では起こらないような気がします。
不思議ですね…
『かまいたちの夜』は、『弟切草』の続編だったので
プレイしました。
私の地元のため池も、私が登山していた場所です。
残念ながら、事件は起こりませんでしたけど…

私は毎日、晩酌をしているので、ブログ名は
当初は『晩酌』でした。

それでは、失礼致します。

Comment#100
  • 2019-08-21(Wed) 06:44:22
  • Mail
  • URL
  • Edit
ありがとうございます!片Pさん by 大検高校

芸名の「速水奨」は、所属事務所が「バオバブ」に移ったとき、つけたそうです。
『ダンバイン大事典』で、ガラリヤ役の西城美希さんがおっしゃっていました。
もしかしたら、それまで「劇団四季」で芝居をやっていた大濱靖(おおはま やすし)が、声優に本腰をいれるためつけたのが「速水奨」なのかなあとかも思ったりするのですが。
なんでも当時、演劇集団である「劇団四季」がミュージカル路線に切り替わることに速水奨は悩んでいたのだそうです。
(歌って踊るミュージカルは速水奨の体質にあわなかったんでしょうかね?)
そこで、声優コンテストのグランプリ受賞を機に声優デビューしたのだといいます。
大濱靖の本名から速水奨の芸名への変更は、もしかしたら、舞台俳優から声優へと仕事の中心を移す覚悟のあらわれだったのかもしれませんね。
わたしの勝手な想像ですけど。

『オーガス』は後半の3分の1弱だけでなく、じつは第1話だけは観ました。
本放送当時、小学6年だったわたしは、冒頭のあれを観て視聴を実際にやめてしまいました。
大人になってダメ人間になり性格がゆるーくなってしまったいまなら視聴を続行したでしょうが、子供のころはへんにまじめなところのある少年だったので、桂木桂の冒頭のあれで観る気を失ってしまったのです。

片Pさんは、『オーガス』の最終回は観ておられませんか?
わたしは、『オーガス』のラストにはけっこう感動しました。

オルソンは、桂木桂とは真逆の、超まじめ人間でしたね。
かっこよかったですよね。
圭の娘であるアテネ・ヘンダーソンを見守っていたところとかが、大人の男の度量を感じさせて渋かったなあ。

速水奨の含み笑いは芸術レベルですよね。
一度、耳にしたらやみつきになる。
腹式法の笑い、おそるべし!
そのなかでも、速水奨の腹の底からしぼりだす腹式法の笑いは、たぐいまれな美声とあいまって天下一品でした。

速水奨は、『ダンバイン』の美しいうら若い女性声優さんたちに憧れられるくらいですからね……かっこよすぎですよね。
しかも、憎めない性格してるんですよね。
あの、天然の感じが。
スターとはかくあるべし、といったところでしょうか。

『金田一』はアニメは一回も観たことないのですが、漫画は10冊くらい読みました。
本当に、いつも閉鎖空間で事件が起きますよね。

『弟切草』にも興味はあったのですが、こちらはお金と時間の都合でプレイしませんでした。
購入直前まで行ったのですが。
雑誌やパッケージ裏に掲載されていた『弟切草』の画面はおどろおどろしくて、けっこうおもしろそうでした。
『弟切草』はどんな作品でした?
ネタバレしてもかまいませんので、お教え願えないでしょうか?

片pさんも登山ですか。
それは運動のためですか?それとも、頂上の景色が良いとか?
山のなかは神秘的でいいんですよね。
出てもらっては困りますが、ジェイソンが出没しかねないミステリアスな雰囲気があります。
ただ、登山をしている時間がほとんどないので、いまはごくたまーにですね。

ブログで、赤ワインを飲んでヘベレケになっているというブログを以前拝見いたしました。
わたしも晩酌がすっかり習慣になってしまいました。
昨夕も、赤ワイン飲んで寝てしまいました!
お互いに、飲みすぎには注意しながら晩酌を楽しみましょう!

片Pさん、さようなら。

Comment#101
  • 2019-08-21(Wed) 09:26:29
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する