FC2ブログ

Contents

池田秀一は【シャア専用声優】ではなかった……『機動戦士ガンダム』(1979)における池田秀一キャラクター



池田秀一は、シャア・アズナブルのほかに7人の脇役に生命を吹き込んでいた

『機動戦士ガンダム』(1979-80)では、レギュラーキャラクターの担当声優はそれ以外の名有り・名無しの脇役の声を当てるのが普通でした。
主人公であるアムロ役の古谷徹(ふるや とおる)のみはアムロだけを演じていましたが、その他のレギュラー声優さん……井上瑶(セイラ、キッカ)、鵜飼るみ子(フラウ、レツ)、白石冬美(ミライ、カツ)、鈴置洋孝(ブライト)、飯塚昭三(リュウ)、古川登志夫(カイ)、鈴木清信(ハヤト)、玄田哲章(スレッガー)……は制作費を浮かすためでしょう、例外なく脇役の声も割り振られていました。
(昔のアニメでは、レギュラーキャラクターの声優さんが脇役の声を担当するのは普通のことでした)

それは、シャア役の池田秀一(いけだ しゅういち)も例外ではありません。
池田秀一=シャアという観念があまりにも強いため、一作目の『ガンダム』において、池田秀一はシャアにだけ生命を吹き込んでいたと思われがちです。
しかし、意外にもシャアのほかに7人の脇役の声をこなしています。

シャア・アズナブル(1~43)
オムル・ハング(12)
オスカ・ダブリン(12)
連邦整備兵(26)
連邦整備兵(27)
ホワイトベース兵士(27)
ワッケイン艦隊オペレーター(35)
ティアンムの参謀(35)

(声優さん情報は『ガンダム・エイジ』【洋泉社、1999年発行】所収の「史上最強 ガンダム声優紳士録」【筆者:サデスパー堀野】を全面的に参照しました。
サデスパー堀野さんによれば、耳だけを頼りに『ガンダム』(1979)のほぼ全キャラクターの声優さんを特定されたとのこと。
「もしかしたら間違っている可能性もなくはないが、信頼度は85~90%近いと思ってもらってかまわない」だそうです)




池田秀一=シャアは、ガンダム世界では不文律だった

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』(2004-05)で、池田秀一はギルバート・デュランダルを演じました。
このとき、池田秀一がシャア以外の役をガンダム・シリーズでついにやるのかと思った人はけっこういたのではないでしょうか。
わたしも、そうでした。

池田秀一=シャアというのは、ガンダム世界では神格化されています。
声優・池田秀一の最大の当たり役はシャア・アズナブルです。
ガンダムにおいて池田秀一といえばシャアの声優さんです。
シャアとアムロは、長らく『ガンダム』を代表する二大キャラクターでした。
アムロの古谷徹とシャアの池田秀一は、ガンダム世界ではそれぞれがアムロとシャアだけしか演じてはいけないのだという、そのような不文律がファンのあいだにはありました。

しかし、『SEED DESTINY』の実質的な敵(キラやアスランたちから見て)の総大将であるデュランダル役にキャスティングされました。
ただし、『SEED』はコズミック・イラ(C.E.)を舞台にしています。
第一作目の『ガンダム』の宇宙世紀(U.C.)とは異なります。

宇宙世紀ではないのだから、池田秀一がシャア以外の役柄を演じても良いではないか、とわたしなどは自分を納得させました。
しかし、その宇宙世紀においても、池田秀一は『機動戦士ガンダムUC』(2010-14)のフル・フロンタルを担当します。
このフル・フロンタルはシャアに似せて造られた強化人間であるため「声も似せた」ということなのでしょうが、なにか釈然としないものを感じました。
『機動戦士ガンダム』『機動戦士Zガンダム』『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』のシャア=池田秀一が、遠く過去の濃い霧の向こうに去っていくような寂しさだったのかもしれません。




『機動戦士ガンダム』(1979)のシャアではない池田秀一キャラクター

しかし、池田秀一はガンダム世界においてフル・フロンタル、さらにはデュランダル以前にもシャア以外のキャラを演じていました。
それも、1979年という『ガンダム』誕生年にすでに。

たしかに、『ガンダム』における池田秀一キャラクターの最初はシャア・アズナブルです。
第1話(1979.4.7放送『ガンダム大地に立つ!!』)においてです。

しかし、およそ2ヵ月後の12話(1979.6.23放送『ジオンの脅威』)でホワイトベースのクルーであるオムル(メカニック)とオスカ(オペレーター)を担当しています。
シャアが「坊やだからさ……」の名セリフを酒場でつぶやいていたとき、同じ12話で『ガンダム』第2、第3の池田秀一キャラというべきオムルとオスカの口からも池田秀一の声が発せられていたのです。
すでに『ガンダム』開始の2か月ちょっとあとには、池田秀一は「シャア専用」の声優ではなくなっていたのです。

【オムルの「第6ブロックに被弾」が、シャア以外の池田秀一ガンダムキャラの第一声か?(真偽未確認)】

【ちなみに、オムルとオスカは池田秀一以外の声優さんも多数の方が担当なさっています。
オムルは、古川登志夫(7話、17、24)、塩沢兼人(21、26、28、32、38)、二又一成(25)、鈴木清信(31)の各氏。
オスカは、鈴木誠一(2話)、古川登志夫(3、6、7)、鈴木清信(5、6、7、11、16~)、声優ではない人の声(15)の各氏】

本放送当時、シャアはのちの時代のようには『ガンダム』の現場で重んじられていなかったのかもしれません。
のちに神格化されるシャアと同じくらいにもとから重んじられていたなら、他のキャラクターと声をだぶらせるということはなかったのではないでしょうか。
しかし、だぶりを経験しなくてすんだのは主人公のアムロだけでした。
劇場版がヒットしてから、シャアの神格化のあらわれの一つである「池田秀一は【シャア専用声優】」という特別視が生まれたのかもしれません。




『機動戦士ガンダム』(1979)池田秀一キャラクターリスト

シャア・アズナブル(1話『ガンダム大地に立つ!!』~43話『脱出』)
オムル・ハング(12話『ジオンの脅威』)
オスカ・ダブリン(12話『ジオンの脅威』)
連邦整備兵(26話『復活のシャア』)
連邦整備兵(27話『女スパイ潜入!』)
ホワイトベース兵士(27話『女スパイ潜入!』)
ワッケイン艦隊オペレーター(35話『ソロモン攻略戦』)
ティアンムの参謀(35話『ソロモン攻略戦』)



Comments

こちらに失礼します。 by 片P

大検高校さん、お世話になります。

『ガンダム』の新作アニメで、シャアの声が
池田秀一さんでないとすれば、どうなるのかな?
とか考えてしまいました…
オリジンで気になったのが、セイラ、ララァ、テム、ラル、
ガルマ…そして、なによりナレーションが永井さんじゃない
ところでしょうか…

トッドは男性で、ガラリアは女性という違いでしょうか。
『ダンバイン』の世界で、逆に吊り目キャラは
いないといっていいほどです。
描きやすいキャラは、おそらく似せやすく、
描きにくいキャラは、美しく表現するのが難しいの
だと思います。
『ダンバイン』の戦闘中オーラが出る効果と、
効果音が好きです。
恋愛という要素では、戦争ものなので、
“恋が実る”=“死”なのかもしれませんね…

プロレスは、必殺技があるのが
はっきりとわかる選手が好きです。
ケニー・オメガの“片翼の天使”なんて、
技の名前がカッコ良すぎて…
オカダさんの“レインメーカー”が出ると、
たいていの相手はダウンします。
ウルトラマンのスペシューム光線、
マジンガーZのブレストファイヤー、
仮面ライダーのライダーキックなどが、それにあたります。
私がプロレスを観るのは、それだけが理由ですので
詳しいことはわかりません…
ただ、鈴木軍団が悪役レスラーとだけはわかります…

それでは、失礼致します。

Comment#112
  • 2019-09-21(Sat) 06:51:12
  • Mail
  • URL
  • Edit
ありがとうございます!片Pさん by 大検高校

今回、声優の塩沢兼人についてブログを書きました。
当初は、調べものもふくめて3時間で書き終える予定だったのが、書いているうちに「あれもこれも」と目標が膨れ上がっていき、金曜の午後から木曜の早朝まで、自由になる時間のほぼすべてを塩沢兼人の記事についやしてしまいました。
けっこう、わたし、凝り性なんですよね。
ついつい、いろいろな要素を盛り込んでしまう。
よけいなことまで調べてしまう。
そうしないと、気がすまない。
そうして、多くの時間をついやしてしまう。
タイピングの遅いわたしには文字数も多かったのですが、それ以上に、調べものに膨大な時間がかかってしまいました。
塩沢兼人がアニメで演じたキャラクターの作品のなかでの重要度を★と★★で評価しているのですが、この重要度を判断するには、そのキャラクターがどのような人物であるかをおおまかにでも知らなければなりません。
作品を観ているのならば判断は容易なのですが、観ていないと書籍やネットで調べなければなりません。
観ているアニメなど、ごくわずかなものです。
そのため、えんえんと、塩沢兼人の演じたキャラクターに関する文字情報を検索して読みまくっていました。
そのため、塩沢兼人という一人の著名な声優を通して、デビューの1975年あたりから自宅の階段事故で亡くなるまでの2000年までのおよそ25年間のアニメの歴史の断片を追体験することになりました。
それは懐かしく、かつ、作品のタイトルすらまったく聞いたこともない新鮮な未知の世界との接触でもありました。
現実を逃避して「あっちの世界」に行っていました。
楽しくもありましたが、やらなければならないこともたくさんあるのになにやっているんだろう、という焦りの一週間弱でもありました。
いまは、そこから解放されてほっとしています。
同時に、塩沢兼人の演じたキャラクターとさよならしたような寂しさもありますが。

片Pさんは、塩沢兼人になにか思い出がありますでしょうか。
よろしければ、塩沢兼人についてなにかお聞かせ願えないでしょうか。

『ガンダム』シリーズでシャアの声が池田秀一でなくなると、『ガンダム』の一つの時代の終焉を感じることになるでしょうね。
セイラに関しては、その危機がありました。
井上瑶さんが亡くなった2003年のあとの劇場版『ZガンダムIII』(2006)のラストで、セリフつきでセイラが登場して古川登志夫演じるカイと会話をしています。
このときは、生前の井上瑶さんの声のライブラリーを活用して、無事、セイラ=井上瑶の声であることは守られました。
塩沢兼人も、アニメ作品の再録や続編、ゲーム音声などそのほとんどは代役が立てられていますが、作品によってはイメージを守るために生前の声を使用しているそうです。
『ダンクーガ』の司馬亮の場合は、とくに生前の塩沢兼人の音声にこだわっているとのこと。
できれば、井上瑶や塩沢兼人のように、代役でない当人の音声を活用する方法で乗り切ってもらいたいものです。

『ジ・オリジン』のアニメは観ていません。
時間の都合もありますが、なにか、もったいなくて観られないんですよね。
じつは、原作のコミックも終わりのほうの数冊をのぞいては2000年代にはすでにほぼ揃えていました。
ですから、読もうと思えばいつでも読めるのですが、アニメのみならず漫画も大好きな安彦良和の描くガンダムを読み終えるのがもったいなくて読めず、温存したままいまにいたっています。
(もったいなくて観られない、読めないというのはアニメや漫画など、けっこうあるんですよ。
わたしのメンドウくさい性癖の一つですね)

ただ、『ジ・オリジン』についてはあまり声の変更は気にしていません。
たとえ、それがセイラであっても。
『ジ・オリジン』は富野由悠季が監督したあの『ガンダム』とは別の世界のおはなしですから。
これは、サンライズみずからがそう言っています。
『ジ・オリジン』は安彦良和のガンダムであって、富野由悠季が監督した『ガンダム』(1979)とは別物です。
ですから、声優が違かろうとも『ジ・オリジン』については、あまり残念には思いません。
ただ、できるなら、慣れ親しんだもとの声優さんに担当してもらいたいですけどね。

ララァについては、潘恵子さんの娘さんの潘めぐみさんに担当してもらうのもおもしろいかもしれませんが。

ただ、富野由悠季が監督した『ガンダム』シリーズと同じ世界の作品では、亡くなった方や引退した方のキャラクターは生前や現役時のライブラリーなどを活用してもらいたいものです。

『Z』劇場版でも、フォウの声が島津冴子さんでなかったのは寂しかったです。
(そのため、フォウを継いだゆかなさんがバッシングされていたのはかわいそうでしたが)
ロザミア役の藤井佳代子(ふじいかよこ)さんはマイナーな声優さんですが、わたしのかなり大好きな声優さんです。
その藤井佳代子さんも変えられてしまいました。
存命であった水谷優子さんもサラ役を変えられていました。
できるなら、親しみのあるオリジナルの声優さんでいてもらいたかったのですが。

「片翼の天使」ですか。
かっこよすぎる名前ですね。
でも、これって、ルックスにちょっと難があるレスラーの必殺技だと逆にきついかもしれませんね。
亡きビッグ・バン・ベイダーあたりが使っていたら、似合わなくてきつそうです。
その点、実際に見たことはありませんがケニー・オメガはけっこうかっこいいという噂を耳にしたことがありますので、お似合いなのでしょうね。

わたしは、たとえば「ノーザンライト・スープレックス」とかかっこいいなあと思っていました。
いまは引退して衆議院議員になっている新日本の馳浩の必殺技です。
直訳すれば「北極光のスープレックス」です。
なにやら、かっこよさそうです。
(ただ、いままで「ノーザンナイト・スープレックス」だとおもっていました。
「北極の夜」や「北方の夜」です。
確認のため検索してみて、ついさっき、自分がずっと誤って覚えていたことがわかりました。
30年間近く、間違っていました……。
「北極光」よりも「北方の夜」、「ノーザンライト」よりも「ノーザンナイト」のほうがかっこいい気もしますが……)

技自体の美しさだと、わたしにとっては初代タイガーマスクやミル・マスカラスですね。
マスクマンの華麗な技に惹かれます。
素顔を隠しているあたりも神秘的で好きですねえ。
子供の頃からマスクマンは好きでしたが、大人になってからますますマスクマンの美しさに惹かれています。

湖川友謙は、たれ目が好きですよね。
たれ目ばかりのイメージがあります。
たしかに、吊り目が思い浮かびません。
(ちなみに、安彦良和の目の特徴はなんでしょうね?)
『ダンバイン』のなかでは、ショウの目などきつめでしょうかね?
トッドってたれ目で、顔だけ見ているとかなりのベビーフェイスですよね。
声は大人でしたが、写真で見るともしかしたらショウより年下に見えるかも?

昔からリアルロボットものでは、恋愛ばなしになったらそのキャラクターは戦死するかもしれないと言われていました。
ガルマなど、もろにそれですよね。
スレッガーはミライと。
ララァも、シャアとキスした直後に亡くなりました。
『ダンバイン』だとガラリヤがそうかもしれません。
『イデオン』だとシェリルと恋仲になったギジェ。
ファトム・モエラはラポーと良い雰囲気になったその回に亡くなった、ととあるブログに書かれていました。
『ザブングル』はだれでしょう……?
メインのキャラがあまり亡くなっていないので、すぐに思い浮かびません。
『バイファム』だとケイトさんが、ちょっと近いでしょうかね?
(のちのOVAで復活してしまいますが)
『マクロス』だと、TV版のラプラミズとカムジンでしょうかね?
『ゴーグ』は……いましたっけ?
そもそも、恋愛要素ってレイディ・リンクスとロッド・バルボアのこじれていた(こじれすぎ)ものが元のさやにおさまるものだけだったような。
ドリスと悠宇は……あれって恋愛なんですかね?

「恋が実る=死」ですか。
片Pさん、詩的な美しい表現ですね。

片Pさん、今後ともよろしく、凝り性にはご注意を(俺が言うな)、さようなら。

Comment#113
  • 2019-09-26(Thu) 08:21:05
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する