FC2ブログ

Contents

シャア・アズナブル……言われているほど「赤」ではない「赤い彗星」(『機動戦士ガンダム』)



赤い彗星のMS……赤、赤、赤、青、赤、金、赤

シャア・アズナブルのMSが赤い色(あるいはピンク)に塗装されている理由に定説はありません。
さまざまな推測がなされています。

比較的優勢な説は、私見によれば二つ。
一つは、国威発揚のためにシャアのMSを(ザビ家の誰かが)目立つカラーである赤に塗装させたというものです。
ルウム戦役の英雄を士気高揚に利用しようという意図のもと、シャアのザクが赤く塗装されたというもの。
もう一つは、シャアのMSでの戦功、あるいは公国をしょってたつ将来性が高く評価されてパーソナルカラーを認められ、シャア個人の趣味として赤(とピンク)を選択したというものです。
派手なカラーリングは被発見率が高く、標的になりやすいという弱点があります。
ただ、敵味方に著名な凄腕のパイロットの機体であるなら、その派手さゆえに、敵に精神的なプレッシャーをあたえ、かたや味方を安心させ、その士気を鼓舞することができます。
そのような効果を狙って公国はパーソナルカラーの赤をシャアに認めたのではないかという説です。

なかには、異説(奇説?)もあります。
シミュレーションゲーム『ギレンの野望 ジオンの系譜』(1998年発売)では、あの赤は下地塗装のサビ止め塗料の赤だとの説が開陳されています。
士官学校を首席卒業したエリートのシャアに嫉妬した機材担当者が、サビ予防の下地塗装しか施していない機体を渡したというものです。

もしかしたら、これは、ゲームブック『最期の赤い彗星』(1986年発売)の影響かもしれません。
この作品は、ア・バオア・クー陥落直後、数人の部下たちとともにマ・クベの旗艦グワジン級宇宙戦艦「アサルム」を奪ってア・バオア・クーを脱出、シャアがアクシズへ向かう物語です。
この作品でシャアが搭乗するMSの一つが、MS-06R-2 高機動型ザクII(R-2型)の5号機(実際は、R-2型は4号機までしか存在しません)です。
この機体は赤色ですが、シャア専用のMSではありません。
サビ防止塗料を塗ったため赤色に見えるだけ。
シャアが脱出の途中発見して乗り込んだMSが、偶然赤だったという設定です。
それによって、シャアのMS=赤というお約束を守りつつ、「ジオン敗戦の混乱した脱出時になぜシャアが都合良く赤いMSに乗ることができたのか、それは単にサビ止めの下地塗装をしただけのMSだから赤かったのだ」と合理的に説明するための苦肉の設定だったのかもしれません。

どちらにしろ、ゲーム設定は公式ではないので、依然謎のままです。

シャアの愛機(一時的に搭乗したルッグンやガンダムMk-IIなどはのぞきます)のなかにも、赤く塗装されていないMSはあります。
ジオングと百式です。

ジオングは、ゲルググを中破させて戦闘不能になったため、急きょ乗り込むことになった機体であるためダークブルーとブルーの機体であることはやむをえないでしょう。
(左右の角と耳下?だけ、赤だったりしますが)

『Z』の百式は、塗り替える時間も機会あったはずですが最後まで金色で通しました。
シャアのMSなのに赤じゃない?と疑問に思った方も多いことでしょう。
これは、富野由悠季監督が「シャアの赤色というのはもう古いんじゃないか、黄金のシャアにしよう」(抜粋:「別冊アニメディア 機動戦士Zガンダム 完全収録版」学研、1986)ということから金色の塗装にされたとのこと。
あとから、百式の命名は設計者M・ナガノ博士が「百年後も通用する設計」と高言したことに由来し、そのため機体色も永遠を意味する金が採用されたという設定が生まれたようです(『THE OFFICIAL GUNDAM FACT FILE No.8』ディアゴスティーニ)。
もう一つ後付けで、金色塗装の合理的説明として優秀な耐ビームコーティングを施してあるからという設定もつくられました。

しかし、その「古い」はずの赤いシャア専用MSが『逆襲のシャア』では復活しました。
サザビーです。
富野由悠季監督の心境にいかなる変化が?
あるいは圧力?

ともあれ、シャアは百式の時点で、優秀な耐ビームコーティングのために愛機を赤色に塗装することを断念しました。
シャアの赤へのこだわりは、その程度だったのでしょうか?

しかし、シャアが赤に愛情を持っているのかどうか疑わしい事実は他にもありました。
私服です。
シャアの私服です。

シャアの私服は、ほぼレッド/ピンク関係とは無縁なのです。
わたしの調べた範囲のなかでは、レッド/ピンクは一例のみ。
赤いネクタイとピンクのシャツのあのときのみ……。

ではシャアの私服の色の組み合わせ一覧を……その前に、ほぼ赤系統で統一された軍服/ノーマルスーツから見てみましょう。




赤い彗星の軍服……赤、赤、赤/ノーマルスーツ……赤、赤、黄

シャアは、軍服に関しては一貫して赤を通しています。
『ガンダム』『Z』『逆襲のシャア』皆勤賞です。
100%。
ただし、『逆襲のシャア』では2種類の軍服があり、モノレール搭乗時に着用していたコート型の軍服ははっきりと赤なのですが、演説や外交交渉に臨むときのマント付きの軍服は赤茶色に見えなくもありません。
たぶん、濃い赤色ということなのでしょう。

ノーマルスーツも、『Z』までは赤系統のみでした。
『ガンダム』第2話でサイド7に潜入を果たすときにはじまり、ルナツー潜入、そして唯一、戦闘中にノーマルスーツを着用したア・バオア・クー。
『Z』では第1話のグリプス潜入から、最終回にいたるまで戦闘中は赤いノーマルスーツを着用しつづけました。
しかし、『逆襲のシャア』でついに赤いノーマルスーツの歴史は途絶します。
総帥用の特注のノーマルスーツを着用しますが、色は黄色です。
金髪に合わせでもしたのでしょうか?
それとも、30歳を超えたシャアは、さすがに派手な赤いノーマルスーツは気恥ずかしくなった?
(とはいえ、軍服は赤のままですが)

ちなみに、クェスはシャアとお揃いの小さいサイズの特注ノーマルスーツを着用していますが、そのカラーは赤でした。
モノレール搭乗時の軍服も、クェスはシャアとお揃いの軍服を着ていますが、こちらはシャアも赤、クェスも赤のほぼ完璧ペアルック。
『逆襲のシャア』では、プライベートで愛人のナナイとお揃い?のバスローブを身に着けていますが、バスローブの色はシャアが薄い青、ナナイが赤でした。
周囲の女性に赤い着衣をまとわせる趣味がシャアにはあった?




赤い彗星の私服……赤系統たった一例、青系統と黄系統多し

問題は、私服です。
私服のレッド/ピンク系統は、たった一度のみ。
ネクタイが赤、シャツがピンク。
酒場でギレンのガルマ追悼演説に耳を傾けていた(適当に聞いていただけのような気もしますが)ときの服装だけです。
(ただし、わたしの確認した範囲内ではであり、もしかしたら漏れがあるかもしれません)


『ガンダム』
キャスバル家出     :コート(ブラウン?)
酒場、ギレンの追悼演説 :ネクタイ(赤)、シャツ(ピンク)、スーツ(白)

『Z』
アクシズ、ハマーンと  :ネクタイ(淡い緑)、シャツ(白か淡い青?)、スーツ(青)
月のアンマン      :シャツ(白)、ベスト(淡い紫)、コート(紫)、ズボン(淡い紫)、ブーツ(黒?)
ダカール、ブレックス暗殺:マフラー(白か淡い青?)、コート(青か黒?)
ダカール演説      :ネクタイ(黄)、シャツ(淡い青)、スーツ(青)

『逆襲のシャア』
サイド1のロンデニオン :ネクタイ(ブラウン?)、シャツ(淡い黄)、スーツ(黄)、ズボン(黄)、靴(黒?)
スウィートウォーター   :インナー(淡い青)、バスローブ(淡い青)、スリッパ(淡い青?)


いかがでしょうか?
個人の趣味がもっとも反映されるものの一つであろう私服にレッド/ピンク系統のものがこれだけ少ないのは、わたしには意外でした。
軍服やノーマルスーツやMSとちがい、私服では青系統が優勢です。
シャアはもしかしたら「青い彗星」になりたかったのでは?
あるいは『逆襲のシャア』でノーマルスーツ、私服のスーツ、シャツ、ズボンともに黄色だった……それは自分の髪の毛である金髪を、引いては亡き母の金髪、その娘である妹セイラの金髪をほうふつとさせるやもしれぬ黄色を好んでいたのでしょうか?
マザコンであることが『逆襲のシャア』で確定したシャアなら、その可能性もまんざら否定できないのではないでしょうか?
それとも、赤はここぞというときのために温存しておくとっておきの大切な色だったのでしょうか?
シャアの意中の色はいずれにありや?



Comments

今回はこちらに失礼します。 by 片P

大検高校さん、お世話になります。

“赤い彗星のシャア”といえば、アニメを
知らない方でも、その言葉を耳にしたことが
あるほど知名度が高い名前です。
ベースボール日本代表対韓国代表の試合が、
先日行われました。試合は面白かったのですが、
そのスポンサーによるCMで、「黒髪のシャア」を
見たので、野球よりも気になってしまいました…

シャアの赤の由来は、なるほどですが、
私にとってのシャアは、『機動戦士ガンダム』
だけですので、
後付設定は好きではありません。
第2話「ガンダム破壊命令」で、パオロ艦長が
発したセリフが、シャアをひとことで形容したもの、
私が最も好きなシーンです。
「シャアだ。赤い彗星だ…ルウム戦役で5隻の戦艦が
シャアひとりに沈められた!…逃げろ!!」
「見せてもらおうか。連邦軍のモビルスーツの
性能とやらを!」
セリフはおぼえています。
パオロの「逃げろ!」の戦慄は、
ジャブローでジムを倒したシャアまでで終わりましたが、
私の中では、シャアは永遠のヒーローです。

『真・北斗の拳』のレイは三木さんだったのですね…
三木さんは好きです。
緑川さんといえば『W』でしょうか…
山寺さんは、永遠の美形声優さんです。
動物さんの声は…美形ではなかったかも、ですけど…

江口先生の白いワニは、休載の時に先生の絵で
見たような記憶があります。

天才といえばアミバを思い出します。
私は認めていますが、
周りの方はそうは思っていないようですね…
萩原一至先生と萩原玲二先生の漫画は、なんとなく
絵柄が似すぎているような気がします。どちらも
『きまぐれオレンジロード』っぽいのですが、
気のせいでしょうか…

シャズナでしたっけ?美しいアーティストは、
絵になるので素材にしたくて…
筋肉も、良し悪しがありますね。

“悲劇”にもよりますが、私は好きです。
感動さえあれば、ですね。

大検高校さんのイラストが気になります。
絵は才能ではなく、“好き”だという気持ちです。
お酒を飲みながら、好きなことができるのが
一番の幸せだと感じています。

それでは、失礼致します。

Comment#131
  • 2019-11-18(Mon) 06:30:42
  • Mail
  • URL
  • Edit
ありがとうございます!片Pさん by 大検高校

シャアというと、劇場版III『めぐりあい宇宙』での、キャスバルと見破られるキシリアとの会見シーンや、サイド6でララァといっしょにホワイトベースVSコンスコン艦隊のTV中継を観ているときも思い出深いです。
あのシーンは劇場公開前、おそらくは『ジ・アニメ』という雑誌でスチールを見ていまして、TV版に輪をかけて甘~い美男子になっていたシャアにはしびれました。
あのときのシャアの絵は、いまでも安彦美形の最高峰だと思っています。

パオロ艦長は、声優さんが政宗一成ですね。
野太く渋い美声での「赤い彗星だ……逃げろ!」はたまらんものがありますね。
あのあまりにも特徴ある声だからこそ、「赤い彗星」という言葉がより衝撃的に耳に響いたというのはあるかもしれません。

シャアは戦慄のシャアから悩めるシャアに代わっていきましたね。
とくに、ゲルググに乗るころにはすっかり。
ジャブローのズゴックのころは、ちょうどその中間の時期といったところでしょうか。
しかし、悩む姿もさまになるのが絶世の美男子というものです。
意外とわたしは、アムロやララァに置いていかれたころのシャアも愁いを帯びていて、けっこう好きなんですよね。

「黒髪のシャア」を初めて知り、ネットで画像検索してみました。
馴れているせいもあるのでしょうが、やはり、シャアは金髪がいいですねえ。

三木眞一郎さんというと、おっとり美形声の印象が強いので、おっとりとは真反対のレイをやっていると知って、ちょっと驚きました。
アニメは観たことがないのですが、『頭文字D』は第1部だけは読みました。
コミックだと、1~17巻あたりでしょうか。
その主人公の藤原拓海を、三木眞一郎さんは演じています。
拳の殴り合いなどまったくできなそうな、ぬぼ~っとしたおっとりした性格をしていましたが、三木眞一郎さんというとあんな印象なんですよね。
でも、声が低いのでレイに合うといえば合うのかもしれませんが。
ちなみに『頭文字D』はおもしろかったです。
主人公が安心して見ていられるのと、『バリバリ伝説』の作者だけあってレースの盛り上げ方がさすがといった感じでした。
ただ、時間が足りなくて途中で断念してしまいましたが。

『らんま1/2』のPちゃんは、間違いなく美形声ではなかったですね。
しかし、なにより、ラジオでトークしているときの山寺宏一は美形ではないですね……おもしろすぎです。

江口寿史の漫画家としての不安定さは、メンタル的なものなのですか?
冨樫義博にかんしては、メンタルに問題があることがよく指摘されていますが、江口寿史の場合どうなのでしょう?
わたしにとって江口寿史は、ちょっと謎の漫画家なんですよね。

アミバは天才だと思います。
ただ、中途半端な天才。
天才なので、ケンシロウにもある程度ついていけるのですが、中途半端なためにケンシロウにはとうてい勝てない。
しかし、それでも天才のはしくれであるため、ずるをすればある程度までは戦えるという。
かくて、実力がなかった敵は一瞬のうちに葬られていきましたが、アミバはどうにかこうにかコミックス1巻分は(ずるをしてですが)持ちこたえることができました。
そして、我らに数々の「お笑い」を提供してくれました。

萩原玲二さんのことを知りませんでした。
画像検索してみると、『レッド』という作品のヒロインが鮎川まどかっぽいような……。
しかし、ほかの絵柄を見ると、傑作『ヒカルの碁』の小畑健にも似ているような。
この方は、萩原一至とはなにかご関係が?
ただたんに名字が同じだけなのでしょうか?

マリスミゼルの2代目ボーカルだったらしいですね。
音楽のことには完全にうとくて、どんな曲をマリスミゼルが歌っていたのかも知りませんが。
ガクトの曲も、『Zガンダム』の楽曲を聴いたことがあるくらいです。
わたしにとってガクトは、一人で暗い部屋にいるときソファに座って、「せっかく減った人口ですから」などとガンダムのセリフをぼそっとつぶやくような愉快な(?)やつという印象です(ガンダムのなにかの特番で自分で言っていました)。

ガクトは、格闘技もシロウトにしてはけっこう強いそうですよ。
マダガスカル(アフリカ大陸の近くにあります)でがたいの良すぎるシロウトの格闘家が、ガクトをなめていたのか反則であるパンチを顔に当ててきたので、それにぶち切れ、一瞬でその格闘家をチョークスリーパーで締め落としてしまったとか。
痩せマッチョはダテじゃないらしいです。

わたしも悲劇は好きです。
なにしろ、『ダンバイン』や『イデオン』が大好きですからね。
2000年ぐらいまで映画をそれなりに観ていましたが、そのころはシェークスピアの悲劇ものや、フランス映画の悲劇ものも相応には好んで観ていました。
ホラー映画はもちろんのこと。
たとえば『デモンズ』(1985)なども最後は悲しい結末でしたが、それゆえにこそ思い出深い作品になりました。
ただ、悲劇の結末を迎えるまでは死力を尽くして戦ってもらいたいですね、無力のままの悲劇というのはどうもわが身に引き寄せるといたたまれなくなって……。

わたしも酒を飲みながら、ぼーっと昔に想いをはせたりするのが楽しいひとときの一つです。
夜の6時ごろから、ちびちびとなめるように晩酌しています。

片Pさん、今後ともよろしく、さようなら。

Comment#132
  • 2019-11-21(Thu) 14:36:47
  • Mail
  • URL
  • Edit
赤い彗星! by 片P

大検高校さん、お世話になります。

“赤い彗星”は、トヨタのオーリスに
特別仕様で生産されました。
私は、車の「赤」という色は、スーパーカーの
イメージがあるので、一般車両での赤色は
考えられません。
“赤い彗星”の名を冠して心地よい車は
限られています。

劇場版のパオロ艦長は残念ながら記憶にありません…

「シャアが来る」という歌がなかったでしょうか?
おそらくゲルググの時にかかったと思うのですが、
制作者側は、どういった意図だったのでしょうか…
「黒髪のシャア」も、おそらくおなじ感覚に
思えてなりません。
『ハイジ』を愚弄したCMと同じでしょうね…

三木さんは、私にとって『エスカフローネ』です。
『頭文字D』テレビアニメの拓海も違和感はなかったです。
イケメンキャラも、ぬぼ~としたキャラも演じ分ける
方だと思いました。

江口先生は、白いワニに襲われたという口実で
休載されていたので、それが編集部に通用するような
大物作家だったのでしょうね…

『北斗の拳』には、個性豊かなキャラが
多数登場します。そもそも、漫画(作り話)
でいうキャラの個性とは何でしょうか。
一流の作品と、そうでない作品の違いはそこにあるのです。

萩原玲二先生の『勝手にジャンキィロード』は全2巻
持っています。内容は…100%麻雀です。
萩原一至先生の漫画とは、なんら関連性は見られません。
おそらく、まつもと先生のアシスタントつながりでは
ないかと思います。絵が同じなので…

マリスミゼルは聞いたことがあります。
シャズナは美人で、描きたいと思っていました。
ガクトは、中性的な存在だと認識しています。
筋肉はなくても、男性は強ければいいのです。

“抵抗のある悲劇”は、なかなか難しいです…
一番大事な結末をいかにまとめるかがおろそかに
なっている作品が多いので、“名作”と呼ばれる
映画は、最近の作品にはないですね。

酒は百薬の長です。
飲んでも、飲まれないように…とよくいわれていました。
むずかしいです。

それでは、失礼致します。

Comment#133
  • 2019-11-25(Mon) 06:41:32
  • Mail
  • URL
  • Edit
ありがとうございます!片Pさん by 大検高校

赤の車といえば、フェラーリですね。
それも、スーパーカーよりF1の。
わたしが唯一、高校のころより趣味として続いているスポーツがF1ファンなんですよ。
小学生のころは、F1ドライバーといえば赤いフェラーリのドライバーだったニキ・ラウダくらいしか知りませんでした。
それくらい、F1にとってフェラーリは特別な存在です。

ただ、わたしが高校になってから一番好きなF1ドライバーはマクラーレン・ホンダに乗っていたアイルトン・セナ。
いまにいたるまで、セナがわたしにとってのNo.1ドライバーです。
それどころか、1988年以来いまにいたるまでずっと、2番手以降をおおきく離してもっとも好きなスポーツ選手がセナです。
格闘家のなかにも、プロレスラーのなかにも、サッカー選手のなかにも、セナを超える存在はわたしにはいません。
たしかにちょっと危険なドライバーでしたが、生命をかけて戦う姿にはしびれました。
哀愁をおびた雰囲気にも惹かれました。

ちなみに、そのときのマクラーレンは赤と白のカラーでした。
ここに青が加われば、もうちょっとでガンダムっぽいカラーでした。

『ハイジ』のCMはセンス悪すぎますよね。
そもそもイメージを崩すパロディーCMじたいにわたしは批判的ですが、そのなかでもあのCMはセンスがひどすぎます。
原作の『ハイジ』の世界観をあそこまで壊して、なにをやろうとしたのでしょうか?
救いようのない駄作CMが誕生しただけです。
オリジナルというものを、もっと大切にしてもらいたいものです。

『エスカフローネ』に、レイっぽい美男子キャラクターで三木眞一郎さん出ていましたね。
レイほど、とがった印象はありませんでしたが。
それに、三木さんはけっこう『はじめの一歩』などで精神的にあやうげなキャラクターも演じていました。
おっとりどころではない役もお手の物といったところでしょうか。

大物でなければ、たびたびの休載、長期休載は許されるまえに打ち切りですよね。

『北斗の拳』は本当に個性豊かなキャラクターがそろっていました。
そして、世紀末という厳しい時代に自分の強さに溺れることなく、美しい生き方をつらぬいたキャラクターもたくさんいました。
それも『北斗の拳』の魅力の一つですね。

『勝手にジャンキィロード』は麻雀マンガですか。
麻雀はじっさいにも漫画やアニメでも興味をもったことないですね。
学生時代に知り合いに麻雀がちょっとだけ趣味のやつがいましたが。
近いところでは、『ヒカルの碁』のアニメにはまったことはありますが。

百薬の長というのも酒の量を節制してこそなんですよね。
しかも、その毎日の適量がけっこう少ない。
たとえば、ワイン15度で180mlとか。
酒に強そうな片Pさんだと、それで酔えるかという量なんですよね。
酒に弱いわたしだと、その量でもあいまに食べ物をとらないでワインだけ飲んでいれば、酔って寝てしまいますけどね。

『シャアが来る』はへんな歌へんな歌と言われていますね。
本放送の頃から言われているのでは?
たしかに、「シャア」を連呼していたり、誰の目線なのか……シャアなのか、アムロなのか、それとも戦慄のシャアを相手にしなければならない連邦のMSパイロットなのか不明だったり。
かかったタイミングも、これもよくからかいの対象になる、ララァとアムロの戦いについていけず、ララァに「大佐、邪魔です」とシャア(赤いゲルググに搭乗していました)が言われたときだったり。

でも、わたしは『シャアが来る』は大まじめにつくられた歌だとおもいますよ。
「シャア」の連呼は、ビートルズの「シャギナベイビー」のような反復されるシャウトのようなものなのではなかろうかと。
当時の正統的な音楽に連なるものだと。
ただし、音楽にまったく疎いわたしに断言できませんが。

目線が変わるのは、作詞の富野由悠季(=井荻麟)にはしょっちゅうあることでして。
富野監督は、理性でなく感覚の人なんだと思います。
ですから、理路整然とはいきませんが、しかし、それゆえ人の心に訴えかけるロマンには秀でているのではないかと。
歌詞にも、「一人で死ぬかよ、奴(シャアのこと)も奴も呼ぶ」「この戦場で、もがき苦しむ地獄の炎」「ビームかがやくフラッシュバックに、やつ(シャア)の影」などいたるところにかっこいい詞が盛り込まれています。
へんへん言っている人は、ちょっと「へん」な部分にこだわっているような気がします。
おちょくるのもおもしろいですが、それだけではないと思うのです。

「大佐、邪魔です」のララァのセリフも、愛するシャアを護るため(富野や池田秀一や潘恵子さんは、二人のあいだに肉体関係があることを前提にした演技をさせた/していたそうです)、アムロと究極の戦いのなかで口にした言葉ですから、おかしいというより、むしろ愛ゆえの必死なセリフだと思うのですが。

また、メロディーも間奏部分などとても透明な美しい音色で、わたしはそこに「シャアの哀愁」を感じもしました。

中学のときラジオ(速水奨が「かっこいい暗さ」を言った番組です)で「シャアが来る」を耳にしてから(録音して何度も聴きました)、私にとってこの曲は、たしかに古くさくておかしな部分もありますが、ロマンチシズムにあふれたかっこいい名曲だなとずっと思っています。

片Pさん、これからもよろしく、さようなら。

Comment#134
  • 2019-11-28(Thu) 10:12:53
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する