FC2ブログ

Contents

『機動戦士ガンダム』……最古のビデオ(劇場版三部作)、LD(TV版最終2話)【雑誌・ムックの画像、カセットの音声】


『機動戦士ガンダム』劇場版三部作 一年戦争をビデオソフト3本で駆け抜ける

80年代、TVアニメ全話がビデオソフトで販売されるということはほぼありませんでした。
あるのは、劇場版や総集編、または厳選された数話を収録したビデオソフト。

たとえば80年代初頭、爆発的人気のなかにあった『機動戦士ガンダム』(1979~80)は、TV版を再編集した劇場版三部作(1981~82)のビデオソフトが82年に発売されました。
家庭で録画した画質の粗い映像ではない、画質のきれいなビデオソフトで好きなとき、好きなだけ鑑賞することができるという「夢」が現実のものになりました。

機動戦士ガンダムI   17,600円(137分)【VHS】【βは14,800】
機動戦士ガンダムII  17,600円(134分)【VHS】【βは14,800】
機動戦士ガンダムIII 14,800円(140分)【VHS、β】
(参考:『アニメック』1984年1月号)

いまの感覚からすると、驚異的な高値です。
いまだと、たとえばDVDの劇場版メモリアルBOXは定価18,900円。
かつては、三部作をビデオソフトで観るには50,000円【βだと44,400円】の出費が必要でした。

しかし、当時のビデオソフトの希少価値はいまと比べものになりませんでした。
ビデオデッキの所持率もさほどでなく、ビデオソフトのラインナップも充実しているには程遠い状況。
そんな時代、手もとに憧れの作品のビデオソフトを置くことはステータスでした。
観たいときに何度でも高画質のビデオソフトを観るというのは、新鮮な喜びをもたらしてくれました。

当時のビデオソフトを手もとに置くというのは、大げさに言えば「選ばれた者の恍惚(こうこつ)」すら味わわせてくれました。
アムロやシャアたちの物語を411分(6時間51分)に凝縮した劇場版三部作を手もとに置き、心ゆくまで一年戦争を駆け抜ける。
そんな夢のような贅沢が現実のものになったのです。




『機動戦士ガンダム』最終2話 ア・バオア・クーの戦いをLDソフトでもう一度、そして何度でも

おなじ82年、ビデオではなくLD(レーザーディスク)ですが、厳選された話数を収録した『機動戦士ガンダム』のLDソフトが発売されています。
第42話「宇宙要塞ア・バオア・クー」
第43話「脱出」(最終回)
の2話です。

『機動戦士ガンダム』最大の戦いである最終決戦「ア・バオア・クーの戦い」を描いた42話、43話が高画質のLD映像で楽しめるのは、当時のファンの人たちにはさぞかしたまらなかったことでしょう。
たしかに、高画質のLDソフトで全話鑑賞するのがベストでしょうが、全話LDソフトは存在しておらず望むべくもありませんでした。
それなら……1話でも2話でも高画質のTV版『機動戦士ガンダム』を好きなときに好きなだけ観たいというのはファンの真情としては当然のことでしょう。
あの、一年戦争伝説の「ア・バオア・クーの戦い」TV版が観たいとき、いくどでも観られるのです。
劇場版とはまた違った魅力のあるTV版「ア・バオア・クーの戦い」が手もとに。
TV版最終2話に思い入れのある人たちにはこたえられない逸品だったでしょう。




ビデオが普及していなかった時代、雑誌やムック、カセットテープはアニメを楽しむための頼れる相棒だった、ましてやビデオソフト、LDソフトは……

だいたいにおいて、80年代初頭~中盤くらいまでは、ビデオデッキも普及しておらず、ビデオソフトやレンタルビデオの充実度もいまとくらべるとかなり厳しいものでした。
そんな便利とは言えない環境のなか、当時の『機動戦士ガンダム』ファンの方たちは、少しでもアニメ作品に近い『機動戦士ガンダム』を目いっぱい楽しもうとしていました。
かつて読んだ『ラポートデラックス 機動戦士ガンダム 宇宙世紀』(アニメック特別編集 ラポート発行)などには、その涙ぐましい努力……いや、喜びがさまざま紹介されていました。
たとえば……。

音声をカセットテープに録音するとか。
もちろん、映像はありません。
しかし、ビデオが普及していなかった当時、それは『機動戦士ガンダム』を楽しむ有力なツールだったのです。
アムロやシャアやフラウやセイラたちの声。
華麗な、あるいは緊迫感を盛り上げるBGM。
ビームライフルの発射音やマシンガン、バズーカなどの発砲音、MS、艦艇などの推進音や爆発などの効果音。
それらを耳にしながら、目を閉じてまぶたの裏に『機動戦士ガンダム』の光景を思い浮かべるのは、ラジオドラマ『ガンダム』のような興奮があったことでしょう。

作中のダイジェスト画像が豊富な雑誌や書籍を見ながら、『機動戦士ガンダム』に思いをはせるという手もあります。
『OUT』(みのり書房)や『アニメック』(ラポート)などのアニメ雑誌、『機動戦士ガンダム記録全集』(日本サンライズ)や『テレビマガジンデラックス 機動戦士ガンダム ストーリーブック』(講談社)、『ロマンアルバム・エクストラ 機動戦士ガンダム』(徳間書店)などなど。

なにしろ、かつての雑誌やムックの画像の役目の1つは、ビデオやDVD、BDなどが普及していない時代にいつでも「作中の絵」を楽しむことでした。
ビデオデッキをもっていたとしても、ビデオソフトのラインナップはかなり限られていて、レンタルビデオは店舗が少なく、あったとしてもお店の品ぞろえは薄く、しかも、レンタル料金ですらけっこうバカみたいに高価でした(レンタル1本800円などはザラで、1500円なんてのもあった記憶が……)。

そのような状況ですから、作中の画像などは重宝されました。
なかには、『機動戦士ガンダム』が放送されない地域、見逃してしまいそのあと再放送されない地域もあり、その方たちにとっては雑誌やムックのダイジェスト画像が「初めて見るガンダム」であったりもしたわけです。

そんななか、劇場版三作品をビデオソフトで、TV版最終2話をLDで鑑賞することの愉悦というのはいかばかりであったでしょう。



Comments

お正月いかがお過ごしでしょうか^^ by 畑かぶら

いつもこちらにもご訪問をありがとうございます!最近どんな本を読まれましたか?またいろいろと教えて下さい。
今年もどうぞよろしくお願い致します^^

Comment#146
  • 2020-01-02(Thu) 01:12:02
  • Mail
  • URL
  • Edit
ありがとうございます!かぶらさん by 大検高校

新年あけましておめでとうございます!
かぶらさん&とま子ちゃん。

読書&勉強には、かなりの時間ついやしております。
少なくとも、3、4時間。
多いときで8時間以上とか。
読むジャンルは、マンガやアニメの本(勉強じゃねえ……。ちなみに、これらは純然たる趣味ですので時間にはカウントしておりません)、歴史(大学受験世界史もふくめた)や教育、経済、法律、漢字、英語などなどを勉強しております。
記憶の障害で思うにまかせなかった大学受験や大学時代の勉強や学問などをちょっとでも取り戻そうとしております。
自信をつける旅の途中と申しましょうか。

小説は、時間の都合がつかずちょっとずつですが田中芳樹作品を読んでいます。
SFやら、ファンタジーやら、歴史ものやらを。
わたしのもっとも好きな作家が田中芳樹ですので。

今年もどうぞよろしく。
とま子ちゃん&かぶらさん、さようなら。

Comment#147
  • 2020-01-02(Thu) 15:30:08
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する