FC2ブログ

Contents

『機動戦士ガンダム 灼熱の追撃』(1986)……少年は砂漠の戦いで成長し、なにものでもない存在からエースになった


ゲームブック『機動戦士ガンダム 灼熱の追撃』(86年/89年に改訂版発売)のダイジェストをお届けいたします。
(※ネタバレあり)


ジョン・クエスト、16歳

主人公は、ジョン・クエスト。
16歳。
ジオン公国軍の二等整備兵(上等兵に相当)。
学徒動員令によって召集された新兵です。
いまだMSの実戦経験はありません。




そのころ、宇宙ではバーニィの「ポケットの中の戦争」が始まろうとしていた……

『灼熱の追撃』は、0079年12月12日~12月15日にかけての物語。

『ポケットの中の戦争』では、12月12日にRX-78NT1アレックスがサイド6のリボー・コロニーに搬入、13日にはリボーにおいてバーニィとアルが出会い、14日には月の裏側の月面都市グラナダでバーニィがサイクロプス隊に合流、15日には偽装貨物船アグワベルデに搭乗したバーニィがリボー近傍宙域での陽動作戦にまぎれてリボーに入港しています。

大局的には、14日に連邦軍が星一号作戦を発動。

ちなみに、12月の24日にソロモンの戦い、25日にクリスマス作戦、31日にア・バオア・クーの戦いが宇宙ではおこなわれています。




「灼熱の追撃」プロローグ

宇宙世紀0079年12月12日。
ジョン・クエストは、学徒動員でアフリカの第18補給基地(タンザニア地区/キリマンジャロ近傍)に赴任していました。
基地は、アフリカを放棄して宇宙へ上がる準備に忙殺されていました。
スパイからの報告によれば、あと2、3日のうちに、連邦軍が大々的な「ジオン軍掃討作戦」をアフリカで展開しようとしているというのです。
かつ、本格的な攻勢の前であるとはいえ、軽視するわけにはいかない物量の連邦軍先遣隊がアフリカですでに作戦を展開中であり、その先遣隊との戦いも覚悟しながら宇宙港のあるアデン基地(イエメン/アラビア半島南端)へと辿りつかなければなりませんでした。

出発は明朝。
第18補給基地所属のおよそ30名の兵士たちに、タンザニア地区からイエメンのアデン基地までアフリカの砂漠地帯を北上する決死の任務が待ちかまえていました。




第18補給基地、壊滅

第18補給基地最後の夜。
ジョン(16歳)は、通信要員として深夜勤務に就いていました。
そこに、従軍看護婦のルリア(18歳)がコーヒーの差し入れにやってきました。
居眠りしかけていたジョンを注意するルリア。
2つ年下のジョンに、ルリアはなにかとお姉さんぶるところがありました。
ルリアにとってジョンは、かわいい弟のような存在?
それとも、気になる年下の男の子?
それは、戦場とはいえ若者たちにつきものの淡い思い出の一つになるはずのものでした。

しかし、それを許さなかったのは不意に訪れた戦争の影。
すさまじい衝撃と轟音。
突然のミサイル攻撃により基地は爆破され、壊滅してしまいます。
ジョンとルリアのいた通信施設は、基地の外れに位置していたため直接攻撃にさらされずにすみました。

爆風で割れたガラス窓から、炎上するギャロップの炎に照らされ、ジョンは襲撃者を確認することができました。
5機のMSです。
それもジオンのMSでした。
味方です……。
デザートザク、グフ、ドム……。
なかには、新鋭機のゲルググキャノンの姿も。
隊長機らしいゲルググキャノンは1m四方のコンテナを持ち出すと、長居は無用とばかりに迅速に基地から撤収。
混乱のなかジョンとルリアは生存者を捜索すると、瀕死の重傷を負った基地司令官をのぞいて第18補給基地の仲間は全滅していました。




ジョン・クエスト、裏切者を求めて砂漠の追跡の旅へ

基地司令官によると、襲撃したのは凄腕のエースパイロットであるクランベリー大佐率いるエース部隊「鉄のサソリ」だとのこと。
ゲルググキャノンが持ち出していったコンテナには、ジオン本国に届けなければならない、おそらくは新兵器に関するものであろう最重要機密データがおさめられているといいます。
「鉄のサソリ」はそれを連邦に売り渡そうとしているのだろう、というのが基地司令官の推測でした。

基地司令官はジョンに命令します。
基地に残っているMSで「鉄のサソリ」を追撃しろ、そしてクランベリーたちを討ち取り、最重要機密データを奪還するのだと。
それは、従軍看護婦のルリアと瀕死の重傷を負った基地司令官にはとうてい不可能な任務でした。

こうして、16歳、学徒動員、整備兵である実戦経験なしのジョン・クエストは、精鋭部隊「鉄のサソリ」を一人で追撃するという絶望的な戦いに身を投じることになりました。




ジョン・クエスト、戦いの軌跡

ジョン・クエストの「追撃」は、キリマンジャロ近傍タンザニア地区の第18補給基地からアフリカの砂漠地帯を北上して縦断、ゲド要塞(エチオピア高原)で幕をおろします。
戦い終えたあと、最終的にはアラビア半島の南端にある宇宙港アデン基地(イエメン)まで赴き、そこが旅の最終地点となりました。

第18補給基地からゲド要塞までのあいだ、派遣された「ジオン軍掃討作戦」の連邦軍先遣部隊と各地で戦火を交えます。
そして、北へ向かったとの情報をもとに追撃したクランベリー率いる「鉄のサソリ」と、エチオピア高原のゲド要塞でジョンは決着をつけることになります。




ジョン・クエストの愛機たち

ジョンの搭乗するMSは、当初は第18補給基地の格納庫に残されていた
☆デザートザク(MS-06D)
☆ドム(MS-09)
☆ズゴック(MSM-07)
のうち、いずれか1機。

後半は、連邦のウェレル山基地で強奪した
☆ガンキャノンII(RX-77-4/本作ではRX-77-3)
☆ジムスナイパーカスタム(RGM-79SC/本作ではRGM-79C)
のうちのいずれか1機を愛機にすることになります。




ジョン・クエストが戦ったMSたち

☆地球連邦のMS、兵器

ジム(RGM-79)
ジムキャノン(RGC-80)
ジムスナイパーカスタム(RGM-79SC/本作ではRGM-79C)【「レッドスター」インメルマンの愛機】
ジムライトアーマー(RGM-79L/本作ではRGM-79A)【「銀狐」ハルトマンの愛機】
ジム高機動バックパック装備(RGM-79)
ガンタンクII(RMV-1)【左腕が4連装ポップ・ミサイル・ランチャー。右腕が3連装ミサイル・ランチャー】
ガンタンクIII(RMV-3)【ガンタンクIIを改良・強化。右腕はビームライフル並、あるいはそれ以上の威力をもつ2連装ビーム砲(重装ビームキャノン)になっている】
74式巡航戦車(M74-A4)【長距離偵察やパトロールに使用される連邦軍の大型戦車。大きいだけで機動性が低く、火器も低出力ビーム砲と戦力不足はいなめない】
78式浮行戦車(M78-A)【連邦軍のホバー推進戦車。ビームライフル並の威力をもつビーム戦車砲を搭載。「MSキラー」の異名をもつ】
ガンナー・ビークル(MR75)【連邦軍の小型浮行戦車】
コアブースター(FF-X7-Bst/本作ではF-79)【連邦軍の新鋭攻撃機】
マングース(AF-01/本作ではBd-AF-01)【地球連邦空軍の対地攻撃機。ミノフスキー粒子散布下でも、レーダー兵器を用いず低空で地上に接近、直接敵を撃破する戦術で大きな戦果を挙げたという】
ミディア【連邦軍の輸送機】
ビッグトレー【連邦軍の巨大陸戦艇】




ジョン・クエストが追撃した「鉄のサソリ」のMSたち

☆ジオン公国「鉄のサソリ」所属MS

デザートザク(MS-06D)
グフ(MS-07B)
ドム(MS-09)
ゲルググキャノン(MS-14C)【クランベリー搭乗。ダークカラー迷彩。右肩に血のような赤でサソリのマーク。ビームナギナタ。ビームキャノン砲】




ジョン・クエストの友軍たち

☆ジオン公国軍のMS、兵器

ドム(MS-09)【ロベルト搭乗】
トロピカル・ドム(YMS-09D)【工場地帯に乗り捨てられていた】
コミュ【ジオン公国軍の連絡機。ククスの街の方角を教えてくれる】
サムソン【ジオン公国軍のMS専用輸送トレーラー】
ビグダブデ【ジオン公国軍の巨大陸上戦艦】




『灼熱の追撃』キャラクター

☆ジオン公国
ルリア【18歳。エミリアの姉。ジオン軍の従軍看護婦。16歳のジョンにお姉さんぶっている】
エリミア(エミリア)【女性。ルリアの妹。ジオン軍の偽装連絡員。ククスの街に潜伏中。最初、ジョンに少年と間違われる。ジョンに、「鉄のサソリ」の居場所やゲド要塞内部の地図などの情報を提供】
司令官【ジオン公国軍第18補給基地の司令官。「鉄のサソリ」の襲撃で瀕死の重傷を負う。ジョン・クエストに「鉄のサソリ」の追撃と最重要機密データの奪還を命令。宇宙への脱出時、重力圏離脱の衝撃に耐えられず亡くなる】
フレデリック・クランベリー【大佐。鉄のサソリの指揮官。ジオン屈指の名将。ロンメル部隊と砂漠の覇を競いあった。必要以上の殺戮は犯さない。ソーラ・レイ作戦の陽動作戦に従事。愛機は、ゲルググキャノン】
ロベルト【ジオン軍エースパイロット。『Zガンダム』のロベルトと同一人物。途中、ジョンとともに連邦のMSと戦う。実戦でジョンに射撃戦と白兵戦のやり方をレクチャー。その戦いの凄まじさを目にして、ジョンは「赤い彗星」のようだと感嘆(いくらなんでも、言い過ぎでしょ)。愛機は、ドム】
A.M.ヴァレリー【少将。ジオン公国軍軍人。ビグダブデの艦長】
マックガイア【少将。ジオン公国軍軍人。アデン基地の司令官】

☆地球連邦
インメルマン【連邦軍エースパイロット。「レッドスター」の異名をもつ。パーソナルマークは、赤い星に機体番号の8。愛機は、ジムスナイパーカスタム】
ハルトマン【連邦軍エースパイロット。「銀狐」の異名をもつ。オデッサ作戦で8機のMSを撃破した。愛機は、ジムライトアーマー】




ジョン・クエスト、戦い終えて……

戦いの中で、クエストは戦士として急成長してゆきます。
敵MSの殺気を装甲ごしに感じ、体が自分の意識と無関係に動くまでに。
無意識のうちに、敵MSを撃墜するまでのエースに成長していました。

最後には、ゲド要塞で、ゲルググキャノンを駆る大エースのクランベリーをも激闘の果てに打ち負かしました。

そして、瀕死の重傷を負ったクランベリーから事の真相が告白されます。
クランベリーは、ギレンによってソーラレイシステムから連邦の目をそらすための囮作戦を言い渡されていたのです。
ジオンの最重要機密データというのはデマで、ウソの最重要機密に連邦の目を引きつけ、そのあいだにソーラレイシステム完成の時間をかせぐというものでした。
第18補給基地の戦死者のみんなは、ギレンの立案した陽動作戦の犠牲になり亡くなったのです。
ジオンの同胞を、おのれの意に反してその手にかけなくてはならなかったクランベリーもまた戦争の犠牲者だったのです。

クランベリーは、ジョンにゲド要塞からの脱出方法を教えると、事切れました。

ジョンは基地を脱出します。
地上に出たジョンは、陽光の下で3日間の死闘に想いを馳せました。
……こみあげてくるのは涙と空しさばかり。




少年は戦いの中で成長し英雄になった

決然とした表情でアデン基地へ急ぐジョン。
長い旅、地獄のような戦場、多くの死、大自然の猛威、出会い、別れを経験し、ジョンはもはや以前のジョンではありませんでした。

再会したロベルトに助けられ、ジョンはアデン基地にたどり着きます。
アデン基地は、連邦の掃討作戦を目前にして、兵士の宇宙への引き揚げのため慌ただしさと混沌のうちにありました。

ジョンは基地司令を尋ねます。
軍服はそれが軍服であるとは判らないほどボロボロで、ところどころに赤茶けたシミ……血がこびりついています。
ひどい身なりでした。
しかし、ジョンを目にしたアデン基地司令官マックガイア少将は、
『その少年の顔は、信じられぬくらいりりしく、輝いて見える』
そう思いました。
「アデン基地……総司令、マクガイア少将でありますか」
とのジョンの問いに、マックガイアはうなずきました。
「ジオン陸軍、アフリカ方面第18補給基地、二等整備兵ジョン・クエスト、ただいまアデン基地に到着いたしました」
ジョンを見て、マックガイアはこうも思いました。
『長い人生の間で、これほど誇りに満ちあふれた少年をみたことがなかった』
頼りなかった少年は砂漠の戦いと冒険によって成長し、困難を克服してエースになり、ヒーローになったのです。




『灼熱の追撃』は少年の成長物語、しかし少年の心には空しさだけが残った

12月12日~15日の短期間に、ジョン・クエストはたんなる二等整備兵のMS実戦未経験者から、百戦錬磨のエースパイロット・クランベリー少佐をもMS戦で撃破する凄腕のエースパイロットへと成長しました。
精神的にも成長しました。
『灼熱の追撃』は少年の成長物語。
そして、ヒーロー願望を満足させてくれる少年が主人公の物語。
しかし、そのヒーロー本人は戦いに空しさを覚えていました。




「脱出」……宇宙へ消えた少年と少女

宇宙世紀0079年12月15日、「ジオン軍掃討作戦」がアフリカに吹き荒れようとしているなか、第18補給基地まで戻ったジョンはルリア、基地司令とともに、アデン基地から借り受けたシャトルで宇宙へ脱出します。
しかし、重力圏離脱の衝撃に耐えられず、重傷だった基地司令は亡くなりました……。
第18補給基地の生き残りはジョン・クエストとルリアの二人だけになりました。
二人のその後の行方は、誰も知らないといいます。




Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する