FC2ブログ

記事一覧

『機動戦士ガンダム』パブリク 英雄たちの歌







パブリクのシーンは胸が熱くなるんですよね。






パブリク・public・ガンダムチャンネル
            picture:「GUNDAM Channel




パブリクは、劇中では、ソロモン戦とア・バオア・クー戦の冒頭に登場。


機首に機銃、側面に六連装ミサイルランチャー、大型ミサイル最大2発を装備可能で、後部には大型ブースターを装備。


劇中では、大型ミサイルには、ビームを拡散して威力を無効・弱化する粒子を充填しています。
この粒子をばらまくことにより、ビーム攪乱幕(かくらんまく)を広範囲に展開し、味方艦隊を、敵要塞や敵艦隊のビーム砲攻撃から守ります。


とくに要塞ビーム砲は、やっかいだったかもしれません。


シロウトかんがえですが、要塞の砲台はカモフラージュも容易で視認がむずかしかったでしょう。
たとえば、岩に偽装するとか。
砲台の表面に、可動部の可動を邪魔しない程度に、いくつもの岩を接着してしまうという方法もあるかもしれません。
エネルギーは要塞からつぎつぎに供給されるため、エネルギーチューブが切れるなどないかぎり、エネルギー切れの心配もほぼないでしょう。
要塞表面の広大な面積を砲台設置に用いることができるので、高威力・長射程の大型ビーム砲を設けることも容易だったかもしれません。


そのような、おそるべき兵器群の前に艦隊をさらさなければならないのです。
艦隊には、多数の兵士がいて、モビルスーツなどの兵器が満載され、艦艇は作戦指揮・補給・長距離攻撃などの拠点であり、ビーム砲の乱打を食らわすわけにはいきません。


そこで、パブリクが先行して、艦隊が通過する地点にビーム攪乱幕を展開しておくのです。


任務の性質上、パブリクは、どの部隊よりも先行していなければなりません。
先陣を切っている必要があるわけです。


そうでなければ、艦艇やモビルスーツ部隊などは甚大な被害を受けるでしょう。


その被害を肩代わりするのが、パブリクなのです
小の犠牲により、大を活かすわけです。


遠方からのミサイル攻撃では、動きが単調すぎて迎撃される可能性が高いかもしれません。
パブリクなら、右へ左へ上へ下へと敵の攻撃をよけつつ、目的のそばまでミサイルをはこび、射出、ビーム攪乱幕をはって任務を成功させる可能性が飛躍的に高まるかもしれません。


そのための、大型ブースターです。
高速での突入、ミサイル射出後の高速での反転・退避が、任務成功とパイロット生還率を高めるためにはぜひとも必要なのです。


しかし、武装は貧弱な機首機銃と六連装ミサイルランチャーのみ、装甲はさほど厚そうでなく、なによりも、味方ははるか後方、少数のパブリク隊が突出して敵要塞・敵艦隊の的になるわけです。
(一説に、パブリクソロモン戦でおよそ110隻参加とも)





パブリク隊の被害はどれくらい?


このパブリク隊、はじめから予想はしていたでしょうが、すさまじい被害でした。
ミサイルを射出する前に破壊された機体があり、射出後に反転時点で撃たれた機体もありました。
退避中に、うしろから撃たれた機体もあったことでしょう。


画面上では、パブリクは残らず撃退されたかのような描かれ方をされています。


反転中に撃墜された機体が、やけに印象に残っています。
正面・背面よりも面積の大きな側面や上部・下部を敵に向けたところで、撃たれたのです。
側面などを敵にさらす恐怖の一方、この反転がうまくいけばあとは逃げるだけ、生還できるかもしれないと希望をもつ、そのさなかに敵の攻撃で生命を散らしてしまうのです
むごいものです。


ほぼ全滅と書かれていた書籍もありました(書籍名は失念しました)。
9割以上が戦死、つまり、生還率は一桁台という説も。


やはり、帰還するのが難しいようです、パブリク乗りは。


一方、全滅というのはだいたい4割の損耗であり、その場に踏みとどまって戦いつづけるモビルスーツなどとちがい、ミサイル射出したあと帰還OKなパブリクは、そこまで悲惨じゃないだろう、との意見も。
画面でばたばたやられているのは戦争の悲惨さを表現するためであり、実際にはあそこまでひどいことにはならないだろう、とのこと。


わたしも、いくらなんでも、あのパブリクのやられようは誇張だろうな、とは以前から思っていました。


だから、生還者はそれなりにはいるぞ、と。


それにしても、未帰還率は半端でなく高いでしょう




宇宙世紀へようこそ




パブリクのパイロットたち


ガンダム』映画化が決定された直後の再放送が、『ガンダム』初めての再放送だったように記憶しています。
本放送を観ていなかったので、そのときが、わたしの初めての『ガンダム』でした。


そのときからいまにいたるまで、ソロモン戦とア・バオア・クー戦のはじまりの合図であるパブリクのシーンには燃えます。


両大戦共に、要塞攻略作戦の発動は、パブリクの突進からです。


子供のときは、大きな戦いであるソロモン戦とア・バオア・クー戦のはじまりに喜びいさんで興奮していました。


オデッサやジャブローなどとともに、大きな戦いは祭りのように『特別な回』でしたから。


しかし、長ずるにしたがい、熱くなる理由も変わっていきました。


もちろん、ソロモン戦とア・バオア・クー戦は、大人になっても、わたしの大のお気に入りです。
血沸き肉おどるのは、あいかわらずです。


しかし、パブリクに対する見方は、昔とはちがいます。


パブリクの撃破されるシーンに、大きな戦いの予感に胸をときめかせるのでなく、パブリクのパイロットたちのことを考えるようになりました






宇宙世紀へようこそ






パブリクのパイロットたちへの共感


人生いろいろな経験をすると、自分の限界も見えてきます。


昔は、
「オレだったらガンダムに乗って活躍できる」
などと理由もなく思っていました。
運動能力が、クラスで下から1番目、2番目であるにもかかわらず。
小学校のときは、5段階評価で2と3ばかりの学業成績だったにもかかわらず。


中学になっても、運動能力は変わらず。
勉強のほうは、ある程度マシになったものの、進学校でない(荒れた)公立の中学で200人中60位そこそこという平凡さ。


それでも、ガンダムなどの高性能なモビルスーツが自分にはふさわしく、それさえあれば凄腕のパイロットのように活躍できると思っていました。


根拠なし。


後年になってこのことを思い出すと、ちょっとイタい。


ただ、まあ、ロボットアニメのロボットとはそういうものだと思います。


取り柄のなかった人間が、いきなりヒーローになってしまう。


そんな魔法の杖のような便利で、都合のいい道具
あればいいけど、現実にはそんなものはない魔法


しかし、人生経験をいろいろ積むと、自分の能力をある程度は見切れます。


オレ、ガンダムのパイロットに選ばれるのムリ。
ガンダムに偶然乗っても、活躍するのムリ。
それは、ゲルググだろうがなんだろうが同じこと。


ポケットの中の戦争』のバーニィガンダムキャラのなかで圧倒的に一番好きなわたしは、ジオン派で、ガンダムにはもう興味がありませんが、さりとて、ジオンの高性能モビルスーツに搭乗しても、わたしがヒーローになれないのは自明の理なのであります!(←そこまで言わなくても、ちょっとだけは……)


自明の理なのであります!(←はあ、そうですか……)


そう考えると、パブリクの意味も変わってきます。


わたしは、一年戦争の時代にいたら、パブリクのパイロットになっていたんじゃなかろうか、と。


そう考えると、へんな仲間意識といいましょうか……。
共感がふつふつと


ガンダム』のなかでも、ボールとともに最も乗りたくないメカとパブリクは言われることもあります。
『棺桶』と称されるボールとともに。


その『棺桶』同然のメカに乗せられている脇役な人たちという見方でなく、自分と同じように人生を歩んできた人間なんだという視点をパブリクのパイロットたちに抱くようになったのです。


バーニィだって、本来はザク改というより、ジオンのパブリク突撃艇ともいうべきジッコ突撃艇に乗っていたほうが似つかわしいパイロットだとおもいます。


ガンダム・アレックスとの戦いは見事でした。
しかし、初陣であった第一回目のリボーコロニーの戦いでは、ジオンが圧倒的に優勢に戦いを進めるなか、ジオンのモビルスーツで(おそらく)唯一被弾したのがバーニィのザク改でした。


パブリクに搭乗しているパイロットたちは、たしかにパイロット能力は低い人たちなのかもしれません。
しかし、もちろん、パブリクのパイロットたちも、我々とおなじ人生を刻んできた人間なのです。





ソロモン戦MS&アバオアクー戦MS
ガンダムシリーズの商品ならプレミアムバンダイ】 





パブリクのパイロットたちの人生


ククルス・ドアンのような人が連邦にいたなら、もしかしたら、パブリクに乗っていたかもしれません。


それは、なぜか?


パブリクの任務が過酷であるため、帰還率が異常に少ないからです。


パブリクのパイロットは、どのようにパブリクの部隊に配属されたのでしょうか?


パブリク乗りとして、常時、パブリク部隊に所属していたのでしょうか?


普段は、機首機銃と六連装ミサイルランチャーを武器にしてジオンの宇宙戦力と戦い、ときには爆薬をつめたミサイルを抱えてムサイなどを攻撃していたのでしょうか?
そして、要塞戦になると、ビーム攪乱幕用のミサイルを抱えて、特攻に近い攻撃をさせられたのでしょうか?


旧日本軍の特攻隊はそうだったと思いますが、志願制だったと思います。


未帰還率の高い作戦に従軍する場合は、志願制の可能性もかなりあると思います。


もし、志願制であったならの話をします。


そうすると、あきらかに危険な任務をみずから買って出たということになります。
艦隊に先行して、非力なパブリクビーム攪乱幕を要塞近くに張ろうというのですから、誰でも危険きわまりない任務であることは予想できるでしょう


それでも、志願した。


なぜでしょう


いろいろな理由が考えられます


それを書くと、山鳥の尾のように長々しくなってしまうので、それは別稿に譲ります。


ただ、ここでは2つのことを書いておきましょう。


1つは、勲章目当てとか。
命がけの勲章です。


そこまでして勲章が欲しいというのは、かなり深刻な理由があるかもしれません。
いじめられている兵士がいじめている奴らを見返してやりたいとか……。


ただし、これはあくまで、パブリク隊に勲章が出ることを前提とした可能性です。
あれだけのことをしたのですから、戦死者には通常よりも大きい階級特進、帰還者には勲章を授与してもらいたいものですが、実際はどうかわかりません。


おそらく、そこまでの細かい設定は公式設定にないと思いますが、すくなくとも、寡聞にしてわたしは知りません。


もう1つは、自責の念です。


部下を無駄に死なせてしまった、その自責の念から、友軍を多く救うことのできるビーム攪乱幕散布の任務に志願したとか……。


帰還率の低さも、自分への罰ということで、ある意味、当人にとっては都合が良かったのかもしれません。


こうなると、ククルス・ドアンのような人間像が浮かんできます。


もし、志願制であったなら、ほかにも【人生いろいろ】な人がパブリク隊に集(つど)っていたことは想像に難くないでしょう。


戦死率の高いであろうパブリクのパイロットに志願するのは、やはり、尋常ではない。


パブリク隊は、数奇な人生を歩んだ人たちのたまり場だったのかもしれません


そして、多くの人たちが戦場に命を散らしていった。


パブリク隊とは、そういうものなのかもしれません。





Link:
『機動戦士ガンダム』パブリク 英雄たちの歌





 

Top Page > その他 > 80年代リアルロボットアニメ > 『機動戦士ガンダム』パブリク 英雄たちの歌

プロフィール

大検高校

Author:大検高校
1970年代前半生まれ。
栃木県出身・在住。
趣味は、アニメ・漫画・小説・歴史など。
とくに、80年代のものが好き(懐古趣味)。
偏差値40前半の高校入学・中退、大検合格、1浪して早稲田・政経経済へ。
大学受験のころから記憶の障害にかかり、大学卒業後も長期療養、2006~8年頃完治、のち10年間の趣味・勉強をしつつのリハビリのすえ2018年ブログ開始。
どうぞ、よろしく。

- Information -

2学期、皆さんがんばってください /学校がどうしてもいやなら、無理しないで休んでもいいとおもいますよ /偏差値上位の受験生に、追いつき、追い越せです

-- E N D --
.
.

カテゴリ別記事一覧

更新履歴



総記事数:

月別アーカイブ

全記事表示リンク

RSS

 

> tags
夏休み ロシア革命 アナスタシア 通信高校 通信制高校 名門高校 劣等感 高卒認定試験 大検 二月革命 十月革命 ボリシェヴィキ メンシェヴィキ 大学受験 世界史 三国志 スタディサプリ 通信教育 高校中退 学生証 無職 裏道 路地 科挙 李白 杜甫 ベリー公のいとも豪華なる時祷書 適度な緊張 アウトプット 模試 高校 偏差値 記憶 基礎 受験英語 マンガ世界史 新漫画ゼミナール大学受験らくらくブック世界史 受験 過去問 進研ゼミ Z会 最新世界史図説タペストリー 富野監督 富野由悠季 世界史用語集 必携世界史用語集 模型 プラモデル 野望のルーツ キリコ ボトムズ 装甲騎兵ボトムズ ガンダムZZ キャラ・スーン マシュマー・セロ 安彦良和 田神悠宇 巨神ゴーグ モビルスーツ ジャブロー Zガンダム ゲルググJ ポケットの中の戦争 ゲルググイェーガー ガンダムMSV ガンダムコレクション 水中用ザク ダバ エルガイム 平松広和 ガンダム バーニィ パブリク 制服 ハンムラビ法典 バビロン第一王朝 メソポタミア アッカド サルゴン シュメール ギルガメシュ 声優 漫画家 オーディション 料金 サービス イスラム史 うる星やつら イスラム 親友 夏休み前日 高卒認定予備校 遠距離通学 年号 学習法アドバイスTEL 体育 いじめ 受験生 曹操 袁紹 社会革命党 立憲民主党 ジャン=ジョレス 第2インターナショナル ハチ公 勘違い 大学生協 大学見物 オープンキャンパス 夏休みの悪魔 唐宋八大家 東京 格差 井上靖 敦煌 宇都宮 大学入学資格検定 名門校 低い偏差値 蒲松齢 范彊 張達 ラ講テープライブラリー 大学受験ラジオ講座 OVA オリジナル・ビデオ・アニメ ダロス 唐沢山 本能寺の変 戦国時代 農民 問題集 プロムナード世界史 タペストリー ビジュアル世界史問題集 地図問題 発達障害 天才

 

 

ページジャンプ


Presented by Asondara Nakamada. hen Game

グラフ ィカルとけい
ioi.toot

銀河英雄伝説



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

 

OUT %みのり書房

- Information -

よろしければ、また、どうぞ。

-- E N D --
.
.

管理メニュー

QRコード

QR