FC2ブログ

Contents

【地球連邦】一年戦争MS・MA 生産数一覧




以下の生産機数は、主として『機動戦士ガンダム 公式百科事典』を参考にしました。
漫画や小説やゲームなどに登場するおびただしい数のMS・MAのことを考えると、いささか(かなり?)生産機数が少ないように思われるかもしれませんが、参考の1つと思っていただければ……。



地球連邦
MS

RX-78(ガンダム)……8機(+α)
 RX-78-1(プロトタイプ・ガンダム)……2機(1号機、2号機。ストラップ付きハンドショットガン・タイプのビームライフルを腕へ一体化など)
 RX-78-2(ガンダム)……3機(1号機、2号機[アムロ・レイ乗機]、3号機。1、2号機はRX-78-1から改修。ビーム・ライフルを分離型に変更など)
 RX-78-3(G3ガンダム)……1機(3号機。3号機はRX-78-2から改修。マグネット・コーティングを施された仕様に変更など)

 RX-78-4(ガンダム4号機)……1機(4号機。RX-78-2からRX-78-5仕様、そこからさらにメガ・ビーム・ランチャー仕様のRX-78-4に変更)
 RX-78-5(ガンダム5号機)……1機(5号機。RX-78-2から宇宙戦仕様のRX-78-5に変更。(4号機も、いったんRX-78-5仕様、のちRX-78-4仕様へ))

 RX-78-6(ガンダム6号機)……1機(6号機。ビーム・ライフルのエネルギーを使い切ったあと、再チャージまでの火力を補うため固定武装増設)

 RX-78-7(ガンダム7号機)……1機(7号機。一年戦争中は基本フレームのみ。戦後に完成。当初より増加装甲を装備することを前提とする仕様)

【RX-78の8番目の機体『8号機』は、正式名称、型式番号をはじめとしてほぼ一切が不明】


 RX-79[G](陸戦型ガンダム)……20数機10数機説、24機説など、RGM-79[G]のパーツ流用のカスタムメイド機が多数存在のため諸説あり】
 RX-79[G]Ez-8(ガンダムEz8)……1機(現地改修機のため。[EZ-8]は[EXTRA-ZERO8]で「第08小隊の特別機」といった意味)

 RX-78NT-1(アレックス)……1機(愛称の『ALEX』は、「装甲積層試験(Armor Layered Examination)」の略称と「RX」をかけあわせたもの)

 RX-78XX(ガンダム・ピクシー)……3機(1号機はベルファスト、2号機はアルバトロス輸送中隊がWBに輸送(任務失敗)、3号機はアフリカ配備)

 FA-78-1(フルアーマーガンダム)……0機(実在を疑問視)【12.25 リボー・コロニーへの核攻撃を阻んだ第3艦隊第14戦隊所属機など実在説も】
 FA-78-1B(フルアーマーガンダム(タイプB))……0機【異説あり】(実在を疑問視。シミュレーター上の機体か? FA-78-1の火力向上型)
 FA-78[G](フルアーマーガンダム陸戦タイプ)……0機(シミュレーション上のコンセプトプラン。ジオン地上部隊に対抗するための陸戦MS)

 FA-78-2(ヘビーガンダム)……0機(一年戦争中は11月末に開発中止)【3機(または4機)。一年戦争終結8ヶ月後に開発再開、その半年後に完成】

 FA-78-3(フルアーマー3号機、フルアーマーガンダム7号機)……0機(0079年における技術力では不可能)【0081年には完成、実戦参加説あり】
 HFA-78-3(重装フルアーマーガンダム(7号機))……0機(0079年における技術力では不可能)【0081年には完成、実戦参加説あり】

 RX-78SP(ガンナーガンダム)……0機(実機製作されず。RX-78の機動性能を保ったまま、中距離支援能力を向上させた汎用性の高い機体)

 RX-81ST(RX-81スタンダード)……0機(計画のみで頓挫)【一年戦争終結後に、初期基本プラン変更ののち開発・実戦参加説あり】
 RX-81LA(RX-81ライトアーマー)……0機(計画のみで頓挫)【一年戦争終結後に、初期基本プラン変更ののち開発・実戦参加説あり】



RX-77(ガンキャノン)
 RX-77-1(ガンキャノン初期試作型)……1機
 RX-77-2(ガンキャノン先行型仕様)……6機(WBのC-108、C-109、ア・バオア・クーの戦いに参加したC-203、サイド7で破壊2機、不明1機)

 RX-77-3(ガンキャノン重装型)……少数(実戦への投入は一年戦争後。一説には、ガンキャノン量産型はRX-77-3を基に開発したともいわれる)
 RX-77-3D(ガンキャノン重装型タイプD)……少数(直後にRX-77-4ガンキャノンIIが完成したため。一年戦争後期、北アフリカなどに実戦投入)

 RX-77-4(ガンキャノンII)……少数(試験生産。実戦には投入されなかった。ただし、北米で実戦テストに投入説あり)

 RX-77D(量産型ガンキャノン)……少数(低コストのジム・キャノンが量産されたため。後期生産型ジムのパーツを大量に使用)



RX-75(ガンタンク)
 RTX-44……4機(全機、RX-75に改修)
 RX-75(ガンタンク)……4機8機説あり】(3機はサイド7で破壊、1機は破壊を免れる。8機説は、残り4機が地上での基地防衛任務に配備)
 RX-75(量産型ガンタンク)……少数(少なくとも3機)

 RMV-1(ガンタンクII)……6輌(一年戦争中)【12月上旬北米掃討作戦投入説、北米や中央アジアに配備が遅れて一年戦争実戦未投入説あり】
 RMV-3M(局地制圧型ガンタンク)……18輌23輌説あり】(アフリカ戦線。他は不明)



RGM-79(ジム) 3800機程度【一年戦争におけるRGM-79の型式番号を冠したあらゆる機体】
 RGM-79(先行量産型 前期型)……42機【現在では少なすぎて信憑性を欠くものとしてほぼ否定か?】
 RGM-79(先行量産型 後期型)……288機【現在では少なすぎて信憑性を欠くものとしてほぼ否定か?】

 RGM-79[G](陸戦型ジム)……50機程度(部品の8割はRX-79[G]陸戦型ガンダム、2割がRGM-79量産型ジムと共通)
 RGM-79[G](ジム・スナイパー)……少数(3機以上。陸戦型ジムから改修。ロングレンジ・ビーム・ライフルとのマッチング調整を施す)

 RGM-79G(ジム・コマンド コロニー戦仕様)……少数(生産が遅く、量産型ジムに比べ高コストのため。戦後、RGM-79Cジム改に改修)
 RGM-79GS(ジム・コマンド 宇宙戦仕様)……少数(生産開始時期が遅く、量産型ジムに比べ高コストのため。戦後、RGM-79Cジム改に改修)

 RGM-79SC(ジム・スナイパーカスタム)……50機未満(前期生産24機)【ジム・ライトアーマーと合わせて50機程度説あり】
 RGM-79KC(ジム・インターセプトカスタム)……10数機(RGM-79SCの改修機。高機動ブースターのフェロウ・ブースターを通常装備)
 RGM-79(フェロウ・ブースターとのジョイント部増設ジム)……6機(高機動のフェロウ・ブースターとの合体ジョイント追加機体)
 
 RGM-79SP(ジム・スナイパーII)……ごく少数(生産開始が戦争末期であり、高コストのため)

 RGM-79L(ジム・ライトアーマー)……不明(ジム・スナイパーカスタムと合わせて50機程度説あり)

 RGM-79U(ジム・スループ)……不明(2機以上。耐圧加工を施したジムに、水中活動用の大型バックパックなどを装備した連邦初の水中用MS)

 RGM-79V(ジム・ナイトシーカー)……88機(初期・第2次・第3次生産合計。RGM-79を改修した初期生産型は12機。隠密作戦に適正)

 RGC-80(ジム・キャノン)……48機(アフリカ19、北米6、ジャブロー9、宇宙14(ヨーロッパ、オーストラリア配備説あり))【58機説あり】
 RGC-80S(ジム・キャノン(空間突撃仕様))……不明(宇宙にのぼった14機のうち少なくとも5機程度がRGC-80Sに改修。14機ともに(ほぼ?)全滅)



MA・モビルポッド

RB-79(ボール) 1200機以上(ソロモン、ア・バオア・クーに実戦投入された数)【120機説あり(現在ではほぼ否定)】




(参考文献:『機動戦士ガンダム 公式百科事典』編著・皆川ゆか 講談社、『機動戦士ガンダム 一年戦争外伝 データコレクション3』メディアワークス、『GUNDAM MSV COLLECTION』講談社、『GUNDAM MECHANICS I』ホビージャパン、『ガンダムの常識 ガンダムなんでもランキング モビルスーツ編』双葉社、『機動戦士ガンダムMSV-R 連邦編』角川書店、『マスターアーカイヴ モビルスーツ RGM-79 ジム』ソフトバンククリエイティブ、プラモデル解説書 バンダイ)