FC2ブログ

Contents

月ってどんなところ? アニメなど空想世界における月世界(『ダロス』『メガゾーン23 III』etc.)


月は夜の女王

わたしは廊下でごはんを食べています。
夜も、電気をつけずに廊下で。
廊下は、正面に明かり取りのはめ殺しの窓があって、なかなかに開放感があるのがなかなかなのです。

その明り取りの窓に、1月9日、10日と美しい満月(あるいは満月に近い月)が顔をのぞかせていました。
食事どきに月が明かり取りの窓から見えるのは、そう頻繁にはありません。
とくに満月は。

夜空を圧する夜の女王のかがやきは、圧倒的な美しさでした。
白く、青白く、しかしどこか赤く、黄色くもある夜空に君臨する女王。




月をめぐるOVA……ダロス、メガゾーン23 III

最近(1月1日、2日)、月が関係した作品を2つ観ましたので、なかなかに感慨深いものがありました。
一つは『メガゾーン23 III』(1989)。
一つは『ダロス』(1983-84)第1話(全4話)「リメンバー・バーソロミュー」(1984)。

『メガゾーン23 III』の前作『メガゾーン23PartII 秘密く・だ・さ・い』で、数百年前に自らの手で地球を死滅させ新たな居住地を求めて地球を脱出した人類、その人類が再び地球に帰郷して住むにふさわしいかどうかの裁定をまかされた巨大コンピュータ「A.D.A.M.」(月に存在)が、『メガゾーン23』『メガゾーン23PartII』の舞台であった巨大都市宇宙船「MZ23」を地球帰還の条件を満たしていないと判断、月の防衛システムによる一斉攻撃で「MZ23」を崩壊させました。
『メガゾーン23 III』は、その数百年後の物語です。

『ダロス』は21世紀末の月の裏側が舞台。
そこで支配され搾取される月の住人(ルナリアン)と、支配し搾取する地球の軍隊が本格的な階級闘争をはじめようとしています。
地球に顔を向けることのない月の裏側には、「ダロス」と呼ばれる太古から存在する巨大な機械構造物が眠りについています。
いかなる文明が築いた機械構造物であるか不明な「ダロス」。
この「ダロス」、人類にとってとんでもないものであることが後々明らかになります。
しかし、1話の時点では、地球の圧政に苦しむ月の住民は心のよりどころとして「ダロス」を神のごとく崇めていました。

ワインを飲み、酔いもまわっていたものですから、心にくるものがありました。
作品もすばらしかった。
かつ、『メガゾーン23 III』は89年に鑑賞して以来、およそ30年ぶりの再会。
『ダロス』は史上初のOVAということで、83~84年あたりにかけて大々的にアニメ雑誌などで広告を展開していました。
ビデオソフトが欲しかったのですが、高くて手が出ませんでした。
憧れの作品でした。
二つとも、懐かしのアニメなのです。

心にぐっときました。




月ってどんなところ?(アニメなど空想世界における月世界のほんの一例)

地球からは決して見ることのできない月の裏側には、謎の文明が太古に残していった巨大機械構造物「ダロス」が眠り(『ダロス』)

月の裏側の都市グラナダでは、バーニィがサイクロプス隊の面々と初顔合わせをし、そのあとサイド6の「リボーコロニー」へと二度と還ることのない任務に旅立ち(『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』)

地球連邦軍の脱走兵が月面都市フォン・ブラウンをさまよい、ジャンク屋のおやじの世話になり(『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』)

月の裏側にある月面都市アンマンでは反地球連邦組織エゥーゴが策動し(『機動戦士Zガンダム』)

月の表側の月面都市フォン・ブラウンではエゥーゴとティターンズの大規模な戦闘が起き(『機動戦士Zガンダム』)

月面都市フォン・ブラウンの公園では、敵同士なのになぜかアイスクリームを食べながらサラとカミーユが人生相談(恋愛相談?)をはじめ、しかもあろうことか、あのパリパリサクサクの甘く香ばしいコーンを二人とも食べずにダストボックスに捨ててしまうというもったいないことをし(『機動戦士Zガンダム』)

地球侵攻を進める異星人「グラドス」が放った無人の戦闘機械スカルガンナーの大軍が、人類の月基地を廃墟と化せしめ(『蒼き流星SPTレイズナー』)

ムーンベースではマルスベースとともに、異星生命体「インビット」に奪われた地球を奪還するために軍人たちが地球に降下しようとしていて(『機甲創世記モスピーダ』)

巨神打倒に失敗したギジェ・ザラルはダラムに見捨てられ、月面に置き去りにされ(『伝説巨神イデオン』)

サテライトキャノンのエネルギー源であるスーパーマイクロウェーブを送信する太陽光発電施設があり、その中枢にはアフターウォー世界のファーストニュータイプであるD.O.M.Eが意識体として存在しており(『機動新世紀ガンダムX』)

女王ディアナ・ソレルのもと月の民(ムーンレイス)が高度な文明を築いていて(『∀ガンダム』)

月面のタブハベースで建造されたエヴァンゲリオンMark.06(マークシックス)が地球へと降臨し(『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』)

月の防衛システムは強大な敵であったデザルグを消滅させ、次いでその矛先を向けられたMZ23も崩壊してゆき(『メガゾーン23 PART II』)

地球を監視するため超高度文明の異星から派遣された7人の男女が月基地に駐在し(『ぼくの地球を守って』マンガ)

植民地である月は地球からの独立を夢見て革命に立ち上がり(『夜は無慈悲な夜の女王』小説)

満月を目にして狼人間は狼に変身し(『狼男アメリカン』『ハウリング』『狼の血族』など)

月のティコクレーターでは地下から謎の物体「モノリス」が発見され(『2001年宇宙の旅』映画)

アポロ13号は、月着陸をめざすもその願いかなわず任務を遂行できぬまま地球に帰還し(『アポロ13』映画)

地球侵略をくわだてるヒト型爬虫類の異星人が、地球からは目視することができない月の裏側に秘密裏に大艦隊を集結させていて(『V』ドラマ)

超獣ルナチクスに滅ぼされるまで高度な文明が繁栄し(『ウルトラマンA』特撮)

……。

これらは、ほんの一例です。
月では過去になにが起きたのでしょうか、そしていまなにが起きているのでしょうか、かつ未来にはなにが起きるのでしょう。
日本全国で同時に少なからぬ人たちが目にしている月、それらの人たちと同じ時を共有しつつ、それらのことを夢想するのもまた一興ではないでしょうか。